これで安心!自分でできる雨漏りの応急処置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
雨漏り

突然の雨漏り、なんとかしたいと思っても、応急処置の方法や手順、何を用意すればいいのかわからず、とても焦りますよね。雨漏りは放っておくと、大量のカビの発生を招いたり、屋根がぼろぼろになってしまったり、修理代も後になればなるほど高くつきます。そんなときは、まず自分ができる範囲で応急処置を施すことで、その後のお住まいの状況が変わります。

この記事では、自分でできる応急処置の方法・手順をご紹介いたします。ぜひ、雨漏りからお住まいを守るために参考にしてください。

1.  室内の二次災害を防ぐための応急処置

1-1. バケツを置いて、天井と床のカビやシミをふせぐ

天井から突然の雨漏り。外はまだ雨が降っていて、原因であろう屋根を見に行くのは危険。そんなときは、まず雨が落ちてきている部分の下にバケツを置いて、室内が濡れるのを防ぎましょう。

準備するもの

souji_baketsu

・バケツ(ごみ箱や発泡スチロールの容器でも代用可能)

・雑巾、いらなくなったタオル

・新聞紙またはレジャーシート

 

まずは雨漏りしている箇所の下に、新聞紙やレジャーシートを引き、そこにバケツをおいて水で床が濡れるのを防ぎます。ある程度水が溜まっくると、水しぶきが起こり周囲にはねてしまいますので、いらなくったタオルや新聞紙、雑巾等をバケツの底に入れておくとベストです。

他にも、糸を垂らした釘を天井の一番漏っている部分に突き刺し、垂らした糸の端をバケツの中に入れることで、飛び散りやシミの広がりを少なくする方法や、ビニール袋を押しピンなどで天井に固定し、一番下になる部分に穴をあけて、バケツに誘導させる方法もあります。

屋根裏を覗くことが可能な方は、どこから雨漏りしているのかチェックし、雨漏りしている箇所にバケツを置いたり、レジャーシートやブルーシートを敷いたりして、室内に浸入してくるのを防ぎましょう。

1-2. 窓やサッシからの雨漏りは雑巾を置いて水を吸い取る

準備するもの

 

・雑巾、いらなくなったタオル

・ビニールシートまたはごみ袋

 

ビニールシートやごみ袋を敷いて、雑巾で水を吸い取るようにしましょう。カーテンは、早めに取り外してしまうか、濡れないよう短く上にまとめましょう。

2. 屋根の応急処置とその注意点

2-1. ブルーシートをかぶせて、屋根からの雨の浸入を防ぐ

準備するもの

image011

・大きめのブルーシート

・砂利を詰めた土嚢袋

・テープ

 

安価で手軽にホームセンターなどで購入できるブルーシートは、屋根の応急処置として大変便利です。雨漏りの浸入箇所を特定するのはプロでも難しいため、大きめのブルーシートで広範囲にかぶせることをおすすめします。その際、風などで飛ばされないようテープや砂利を詰めた土嚢袋などのおもりを置いてしっかり固定しましょう。おもりの中身を細かい砂などにすると雨が降ったとき泥水となって土嚢袋からにじみ出てきてしまいますので注意しましょう。ひもやロープで固定しようとすると、家を傷つける場合があります。

2-2. 防水テープで雨の浸入口をふさぐ

トタン屋根や陸屋根の場合は、防水テープで雨の浸入口をふさぐことができます。

準備するもの

防水テープ

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/nonaka/474395/

・防水テープ

・雑巾

 

まずは、雨漏りしている箇所周辺を雑巾などできれいにしましょう。埃や砂、油などがあるとテープの粘着力がなくなり、すぐ剥がれてしまいます。きれいにしたら、雨水の流れる方向の下流から上流に向かってテープに空気が入らないよう貼っていきます。広範囲に貼ると雨漏りの経路が変わって別の箇所から雨漏りが発生したり、見栄えも悪くなったりするので原因箇所付近だけに貼ります。

2-3.  コーキングで原因箇所の隙間を埋める

準備するもの

コーキング材

画像出典:http://www.monotaro.com/

・防水コーキング剤

・コーキングガン

・雑巾

・マスキングテープ

・プライマー

・カッター

 

73_シーリング充填

コーキング剤とコーキングガンを使って原因箇所の隙間を埋めることも雨漏りの応急処置としては有効です。

まずは、雑巾で原因箇所のほこりなどをきれいにふき取ってください。その後、コーキング剤がはみ出て余分なところにつくのを防ぐためマスキングテープを周りに貼りましょう。それから、コーキングを施す前に、コーキング剤の接着力を高めるプライマーという液体を塗布するとその効果はより良くなります。

プライマーを塗布した場合は、十分乾いてから原因箇所にコーキングを塗っていきましょう。塗り終わったら、コーキング剤が乾く前にマスキングテープを剥がします。そして、コーキング剤が乾いたら完了です。

2-4. 作業は2人で行なう

figure_talking

高いところでの作業になります。雨が降っている最中や少しでも不安な方、高いところが苦手な方はやめておきましょう。プロの職人でも屋根から落ちて怪我をするような事故は多いです。また、作業をする際には、屋根に上がる際の補助や怪我をしたときすぐ連絡ができるように、なるべく二人一組(一人が屋根に登り、もう一人は地上待機)での作業をお勧めします。

自分で応急処置ができれば、安く済みますし急な雨漏りも安心ですが、屋根から落ちて怪我をしたり新たに雨漏りの原因を作ってしまったり、最終的に医療費や修理代で高くついてしまう可能性があります。以下を踏まえて充分ご検討ください。

作業する上でのリスク

  • たとえ高さ1メートルでも、頭から落ちるなど打ち所が悪ければ後遺症に繋がる場合があります。(平屋の屋根に登るとしても高さは5m前後あります)
  • 屋根の構造を知らない方が屋根に登ると別の屋根材を壊してしまい、新たに雨漏りが発生する可能性があります。
  • プロでも雨漏りの原因を突き詰めるのは難しいので、防水テープやコーキング剤をやみくもに貼ったりきったりしても雨漏りがやまない場合もあります.

3. 業者は2~3万円で”応急処置”をしてくれる

雨漏りの原因や状態、範囲によって応急処置の費用は大きく異なってきます。業者に依頼した場合、応急処置だけでも人件費がかかりますので2~3万円ほどかかります。ただ、素人がやるよりも屋根の仕組みなどを熟知した方にお願いした方が、的外れな修理をしないで済むというのは間違いないありません。何より、ご自身がけがをする心配もいりません。実質部分だけでなく時間なども考慮すれば、結果として、業者に頼んだほうが安く済むという場合もあります。

しかし、そうはいっても応急処置はあくまで応急処置です。原因調査などはきちんとできませんし、雨漏りが再発する可能性が高いといえます。自分でできる範囲の応急処置をした場合でも、その後は早めに業者に原因調査を依頼して根本的な修理をしてもらいましょう。。

また、台風などの突風による雨漏りでしたら、火災保険の一部を利用できる場合もあります。基本的に、住宅には住宅瑕疵担保責任というものがあり、費用をほとんどかけずに雨漏りの修理ができる場合があります。特に、築10年以内でしたら工務店や販売店などに連絡をしてみて、火災保険が利用できるかどうかを確認してみると良いでしょう。

4. それって本当に雨漏り?~漏水と結露~

image003image004

室内に浸入してきた水すべてが雨水とは限りません。水道管やエアコンの排水管に欠損があり、そこから水が漏れだしている「漏水」や、生活の中で発生する水蒸気が屋根裏部屋など籠り、室内と外の温度差で水に変化する「結露」が原因の場合もあります。

前者の場合は、水の使用がないのにメーターが回っていたり、水道代がいつもより高くなっていたりしますので一度確認してみることをおすすめします。後者は適切な換気によって防ぐことをできますので、どこにも外部に雨漏りの原因らしき箇所が見当たらない場合は部屋を一日締め切っていないか、共働きの家庭は昼間に家を締め切っていたりしていないか振り返って考えてみましょう。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事を読んで、雨漏りの応急処置の方法がわかったと思います。バケツやレジャーシート、そして信頼できる雨漏り業者の電話番号を控えたメモなど、雨漏り応急処置セットとしてどこかに置いておくともしものときに安心です。

この記事を雨漏りの被害を最小限に抑えるために役立てていただけると幸いです。

お問い合わせ

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。
番地
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*

ページトップ