賃貸アパートオーナー必見!アパート塗装の種類を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アパート 塗装 種類

オーナー様の中には「賃貸アパートを所有して10~20年経つが、今まで外壁のメンテナンスを一度もしておらず汚れも目立ってきている、外壁塗装をした方がいいのか?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また外壁を塗り替えるにあたり、「そもそも、アパート塗装にどんな種類があるのかわからない」という方が多いはず。

「アパートの外壁塗装の種類」について調べるならば、大きく分けて2つのポイントを知っておくことをおすすめします。

まず1点目は「外壁の色・デザイン」。

なぜならば、色・デザインは入居率に大きく関係してくるからです。

そして2点目が「塗料の種類」。

選ぶ塗料の種類によって、外壁塗装において重要なポイントとなる耐久性をはじめ、性能や塗装の価格が決まるからです。

この記事では、上記2点について、わかりやすくご紹介してまいります。

1.アパート塗装の種類~色、デザインにこだわって入居率がアップ!~

前段でもお話しましたが、アパートの外壁塗装をするにあたり、選んだ色・デザインと入居率は大きく関係していきます。

皆様がいざ賃貸アパートに入居しようと思ったとき、内装はもちろん、外観がイマイチだと入居をためらいませんか?誰でも、見た目が良いアパートに入居したいものです。

ここではアパートにおすすめの色やデザイン、また色を選ぶ方法もお伝えいたします。

1-1.アパート塗装の種類~おすすめの色~

昨今のおすすめ(人気色)としては、無彩色の白やライトグレーを基調に、対比する色を1階または2階部分に入れる、または反対に茶系をベースにポイントとしてラインで白などを入れ、メリハリをつけたデザインです。

事例1:2階は白で、1階部分に広めにダークブラウンを使い引き締まった印象に。

画像出展:プロタイムズ久留米店

事例2:1階にオレンジ系の色味を使い、シンプルながら明るい印象に。

画像出典:プロタイムズ久留米店

事例3:茶系ベースに白でラインを入れ、落ち着いて且つメリハリのある印象に。

画像出典:プロタイムズ久留米店

全体的にベージュ系やブラウン系の同じ色味でまとめるのもいいですが、このようにコントラストを付けた塗り分けにしていると、スタイリッシュな印象に仕上ります。

 

【色選びに迷ったら?!活用できる方法】

アパートにおすすめの色やデザインはわかったものの、そんなにすぐ色は決められない、自身のアパートだけに合った特別な提案がほしい、という方も少なくないと思います。

そんな方に活用していただきたい色選びの方法をお伝えします。

①大判色見本を実際の外壁に当ててみる

色選びの際に最初に施工業者が見せてくれる色の見本というのは、大抵小さいサイズのものでなかなかイメージしにくいのが現状です。

そこで、もう少し大きな色見本で確認したい、と施工業者に伝えると、業者がA4版サイズくらいの色見本を別途準備してくれます。こちらを実際の外壁に当ててみるなどすると、大体のイメージがつきやすくなります。

②すけるとんシート(※)

アパートの写真を撮り、透明シートに印刷し、①の大判色見本を後ろにあてると、簡単に様々な色で試すことができます。色見本さえあれば簡単にできるため、試したい色がたくさんある!という方におすすめです。

※業者によっては作成が難しい場合があります。

③カラーシミュレーション

カラーシミュレーション

現状の施工業者は、カラーシミュレーションと呼ばれる、アパートを写真に撮り、システム上で色をつけたデータを出すことができます。いわば、洋服の試着のようなイメージです。
①の方法に比べて、塗装後の全体イメージがつきやすくなり、また同時に何パターンか並べて比較することができるため、色に迷ったら何色かカラーシミュレーションをしてみることをおすすめします。

1-2.アパート塗装の種類~おすすめのデザイン~

単純に色での塗り分けをするのではなく、外壁にイラストやデザインをつけた「デザイン塗装(※)」と呼ばれる塗装方法も、入居者の目を引き入居率を上げるための方法のひとつです。ここでは実際のデザイン塗装例をご覧ください。

※デザイン塗装について詳しくはこちら:デザインで創るワンランク上の外壁塗装デザイン

デザイン塗装事例1:花柄のイラストで可愛らしく女性向けのデザインに。

画像出典:プロタイムズ下関店

デザイン塗装事例2:ブロック塗り分けで爽やか且つ個性的なデザインに。

画像出典:プロタイムズ下関店

デザイン塗装事例3:白をベースにカラフルなブロック型の塗り分けで明るくオシャレなデザインに。

画像出典:プロタイムズ下関店

1-3.入居者層を分析し、その層が好む色やデザインに

入居率を上げるために忘れてならないのは、アパートの入居者層の分析です。

人気の色やデザインはあるものの、その層が好みそうな色やデザインでなければ意味がありません。

例えば赤や黄色を使ったポップな色味や少し派手なデザインは学生受けはするかもしれませんが、年配の方には落ち着かないでしょう。反対に、ブラウンやベージュ1色を使った外観は年配の方には落ち着いて良い印象を与えるかもしれませんが、学生には物足りないことも。

ご自身が持たれているアパートの入居者層は男女どちらで、年代は何歳くらいで、家族が多いのか一人暮らしが多いのか。入居者層を分析してみましょう。

 

2.アパート塗装の種類~塗料の価格、性能の違い~

1章にて、外観の色やデザインから見るアパート塗装の種類をお伝えしましたが、もうひとつ種類として忘れてはならないのが塗装する材料である「塗料」です。

塗料についておさえておくべきポイントは2つ。

(1)塗料には多くの種類(樹脂の違い)があり、その種類によって耐候年数(塗料の持ち)と価格に違いがあるということ。

(2)塗料によって、性能(外壁が汚れにくくなる低汚染性や、外壁の劣化や雨漏りを防ぐ防水性、室内の暑さを低減させる遮熱性など)に違いがあるということ。

どの塗料を選ぶかによって、塗装工事自体の費用が変わってきます。ここでは上記①②のポイントをもとに、塗料の種類と選び方をお伝えします。

2-1.価格で塗料の種類を選ぶ

塗料はその種類(樹脂)によって耐候年数と価格が違うと申しましたが、もちろん、耐候年数が長い塗料ほど、塗料自体の価格が高くなります。

樹脂ごとの特徴、耐候年数、価格イメージを表にまとめました。

塗料の樹脂 特徴 耐候年数 価格(1缶あたり)※
無機ハイブリッド(変性無機) 無機と有機のハイブリッド型で高い耐候性を持つ。塗料の劣化要因である紫外線・雨・熱から建物を守る。 約18年 50,000~120,000円
ピュアアクリル 高耐候性、高弾性を有し、防水性に非常に優れた塗料。ひび割れによる水の浸入を防ぐ。 約15年 50,000~70,000円
無機配合型フッ素 フッ素塗料に無機成分を配合し高い耐候性を持つ。塗料の劣化要因である紫外線・雨・熱から建物を守る。 約16年 40,000~100,000円
フッ素 耐候性を優先する方にオススメ。長期間にわたり、建物を保護する。 約12年 40,000~100,000円
光触媒 汚れ防止を優先する方にオススメ。太陽光と雨の自然の力でセルフクリーニング効果がある。(光触媒効果) 約12年 20,000~50,000円
シリコン 一般的によく使われる塗料で、価格と機能のバランスが良い塗料。 約8年 15,000~40,000円
ウレタン 価格が安く、定期的に塗り替えを楽しみたい方向きの塗料。 約6年 5,000~20,000円
アクリル 価格が安く、定期的に塗り替えを楽しみたい方向きの塗料。 約4年 5,000~15,000円

※あくまで塗料1缶あたりの金額です。㎡あたり塗ることができる量(塗布量)も塗料によって差があります。また塗料代の他に足場設置、養生シート貼り、高圧洗浄、下地処理の費用、更に職人の人件費が入り、外壁塗装全体の金額を構成しています。
※塗料の価格はメーカーや業者によって異なります。

耐候年数が高い塗料ほど、結果的にランニングコストが下がる傾向にあるため、おすすめではありますが、ここで大事な判断基準となってくるのが、“どのくらいご自身のアパートを持たせたいか”です。

あと10年以上持たせたい!というイメージであれば、耐候年数が長い塗料を選ぶ必要がありますが、もう古いアパートだしあと3年くらい持てばいいと考えるのならば、耐候年数の長い塗料を選ぶと余計な費用がかかってくるためおすすめできません。

ちなみに、上記表の「特徴」にも記載しておりますが、最も選ばれる塗料は表内の下から3番目のシリコン塗料です。耐候年数と価格のバランスが良く、集合住宅のような塗装面積が広い場合でも、コストがかかりすぎるのを防ぐことができます。

アパートの状態や、今後の計画によって塗料選びを行いましょう。

2-2.目的別、性能別に塗料の種類を選ぶ

ここではアパート塗装で主に目的となる2つの観点からおすすめの塗料をお伝えします。

①とにかく外観を「長期間綺麗に保ちたい」方は低汚染塗料

アパートにおいて、入居率に関わってくるのはやはり「見た目の綺麗さ」。
どんな塗料でも塗装すると綺麗にはなりますが、例えば大通り沿いのアパートなどは低汚染機能の付いていない一般的なシリコン塗料だと早くて半年ほどで汚れが付いて目立ってしまう場合があります。また単純に外壁を塗装するだけといっても、かなり金額がかかるので、外壁が汚れたからといって頻繁に行うことができないのが現実です。

そこでおすすめしたいのが「低汚染塗料」と呼ばれる、塗装することで「汚れが付きにくく、また付いた汚れも落ちやすく」してくれる機能がついた塗料です。低汚染塗料は塗装すると、塗膜(塗装してできた膜)が親水性(水になじみやすい性質)をもち、汚れが付いても雨水で洗い流してくれます。
下記メカニズムを説明したイラストをご参照ください。


画像出典:超低汚染リファインSi-IRパンフレットより

▼低汚染塗料について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

低汚染塗料はなぜ汚れない?実際に低汚染塗料を汚してみた!

■おすすめの低汚染塗料

・超低汚染リファイン1000MF-IR(株式会社アステックペイントジャパン)

特徴:低汚染性だけでなく、高耐候性、遮熱性、低汚染機能を持続するためにも必要な遮熱保持性を兼ね備えた塗料。トータルバランスが良く、予算に応じて樹脂がシリコン、フッ素から選ぶことができる。

・エスケープレミアムシリコン(エスケー化研株式会社)


画像出典:http://www.sk-kaken.co.jp/products/data/premium_silicone.html

特徴:緻密なハイブリッドシリコン樹脂の架橋塗膜が汚れを定着しにくくし、また特殊設計により長期に亘ってカビ等を防ぐことができる。

②「外壁の劣化(コンクリートの中性化)を防ぎたい」、またそれに伴う「雨漏りを防ぎたい」方は防水塗料

①にて、アパートを塗装する際の目的は「見た目の綺麗さを保つため」とお伝えしましたが、もう1つ大切な目的があります。それは入居者のために建物を「保護する」ことです。
建物は外気に曝されているため、紫外線や雨風などの劣化要因に囲まれています。

また戸建住宅と違い、アパートには耐火性、遮音性、 遮熱性、耐候性に優れているコンクリートが使用されていることが多くあります。

しかし、コンクリート表面に塗装された塗膜がひび割れ・剥がれを起こ してしまうと、そこから空気中の二酸化炭素や酸性雨などが浸入し、 アルカリ性であるコンクリートを徐々に「中性化」する傾向があり、 中性化後は表面に細かなヒビが入るだけではなく、 最悪の場合、コンクリート自体が割れてしまう恐れがあります。

【コンクリートが割れてしまっている様子】

【コンクリート中性化イメージ】

今から入居しようと考えている人だけでなく、既存の入居者も上記写真のようなコンクリートが割れている様を見てしまうと、そこで暮らすことに不安を覚えてしまうでしょう。

このような事態を防ぐためにおすすめしたいのが「防水塗料」です。

防水塗料は、伸びる塗膜(塗料を塗ってできた膜)が建物のひび割れに追随し、ひび割れを表面化させないことで、建物内部への雨水の浸入と雨漏りを防ぐことができます(下記写真参照)。
また、二酸化炭素の侵入を防ぐことで、中性化の進行も防止することができます。

【塗膜がひび割れに追随】

【塗膜が追随できずひび割れが表面化している様子】

※防水材ではなく、あくまで防水塗料のため、自然災害で発生したひび割れ等には対応できません。

■おすすめの防水塗料

・EC-5000PCM(IR)(株式会社アステックペイントジャパン)

特徴:ピュアアクリル樹脂を使用し、高い耐候性を有する。他にはない600%もの優れた伸縮性により防水効果も抜群な塗料。

▼防水塗料については、こちらの記事もご参考にされてみてください。

塗り替え初心者は必読!雨水の浸入を防ぐ「防水塗料」の種類

③「室内の暑さを低減させたい」方は遮熱塗料

「夏は部屋が暑い、構造がどうにかならないか」と居住者から連絡を受けたオーナー様もいるかと思います。そんなアパートは、一概には言えませんが、外壁に原因があるかもしれません。完全に、ではありませんが、外壁に使用する塗料によって、少なからず室内の温度状況を左右することがあります。

そこでおすすめなのが「遮熱塗料」と呼ばれる、塗料の中に特殊な顔料を入れることで、塗装すると外壁の表面温度、室内温度に影響が出るものです。

※建物構造、断熱構造、開口部(ガラス窓等)の大きさ・数によって温度変化の程度に差が出ます。

■おすすめの遮熱塗料

・超低汚染リファイン1000Si-IR(株式会社アステックペイントジャパン)

特徴:低汚染塗料のコーナーでも紹介した超低汚染リファイン1000MF-IRのシリコン樹脂バージョン。低汚染性がメインだが、高耐候性、遮熱性、遮熱保持性まで兼ね備えた塗料。コストパフォーマンス抜群の塗料。

・ガイナ(株式会社日進産業)

ガイナ
画像出典:http://nissin-sangyo.jp/

特徴:JAXAとの共同開発によって、ロケットの先端部を高熱から守るために使用された実績あり。一般塗料と比較して、塗膜の表面積が大きいため防音効果があり、建物内部からの音漏れや外部からの音を抑える効果も。

遮熱塗料について詳しく知りたい方はこちらもご覧ください:暑さ対策をしたい方へおすすめ 遮熱塗料特集

3.【補足情報】アパート塗装でかかる費用について

アパートを塗装する際に最も気になるのはやはり費用についてかと思います。ここでは費用に関連する情報をお伝えします。

3-1.アパート塗装にかかる費用は200~300万円

塗装にかかる費用ですが、一般的な2階建てアパートの場合、200~300万円(500㎡)が外壁塗装費の相場です(防水工事を含まない塗装のみの場合)。

またRC造アパートの大規模修繕(3~4階建て)は規模にもよりますが、付帯工事を含め500万円~1,000万円程度要します。

しかし、上記費用はあくまで参考です。同じ2階建てアパートでも、塗装面積が広ければそれだけ塗料を使用する量が増えたり、劣化具合によっては下地調整に時間がかかったり、想定以上に費用がかさんでしまう場合もあります。ですので、自身のアパートの正確な塗装費用を知りたい場合は、施工業者に見積りを取ることをおすすめいたします。

3-2.相見積もりは必ず取る

3-1でもお伝えしましたが、正確な塗装費用を知るためには、施工業者に自身のアパートをしっかり現場調査してもらい、正確な見積りを出してもらうことが最善の方法です。
※通常、業者に見積りを依頼すると、実際の現場を見て、塗装面積を測ったり、劣化状況を確認し、その結果をもとに、塗装工事の金額を業者が出してくれる、という流れになります。

ここで注意すべきことが、1社だけに見積りを取って判断しないことです。1社だけに最初から絞ってしまうと、例え相場金額の200~300万円と近しい金額だったとしても、それがそのアパートにとって正しい見積り金額なのか判断しづらいところがあります。

最低でも2社から見積りをとることで金額を比較することができ、また工事内容もあわせて比較することで、「A社だと◯円でこの工事までだが、B社だと◯円でこの工事までやってくれるからB社にしよう」というような判断もできるようになります。

▼外壁塗装の適正価格に関して、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

外壁塗装の適正価格は?見積額の妥当性を見極める3ステップ

3-3.会計処理方法は工事内容が「修繕費」か「資本的支出」により決める

最後にお伝えするのが塗装費の会計処理方法です。

アパートの塗装工事費は大きく分けて「修繕費」と「資本的支出」に分類されます。具体的には、ひび割れや剥がれなどの経年劣化の補修のような原状回復を目的とした工事は「修繕費」、建物をより良い状態にし資産価値を高めることを目的とした工事は「資本的支出」とされます。

よって会計処理上は、「修繕費」は、塗装工事を実施した年に一括で経費として計上、「資本的支出」は、資産として計上し、減価償却していきます。

※工事費用が20万円未満の場合や、塗装周期が3年周期の場合など、上記の原則が当てはまらない例外もあります。

▼塗装工事費の会計処理について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

知っておきたい外壁塗装の減価償却のしくみ

 

まとめ

アパートの外壁塗装の種類を調べる際は、「色・デザイン」と「塗料」の観点でチェックしてもらうと間違いないということが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

また最も気になるであろう、自身のアパートの塗装費用を正確に掴むためにはまず見積り依頼(必ず2社以上で相見積もり!)をしてみましょう。

本記事が、外壁塗装を検討されるアパートオーナー様のお役に立てれば幸いです。

お問い合わせ

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。
番地
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

今すぐ見積りが欲しい方へ!
簡単無料見積り!

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


見積りに一切費用はかかりません。安心してお申込み下さい。

 

簡単無料見積り

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ