塗装のプロ直伝!外壁塗装を一括見積もりする時の5つの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
外壁塗装見積り

そろそろ塗装をしなきゃいけないかな?と最近思ってチラシを見たり、ご近所に話しを聞いたり、情報収集をすると全部で100万円かかったり、200万円かかったりとバラバラ・・・・
「外壁塗装ってこんなに高いの??」
「できるだけ安く済ませたいけど、どうしたら良いの?」と思われる方も多くいらっしゃるでしょう。

高額な工事だからこそ、一体いくらかかるのか?なんとか安くできないか・・・など皆さん必ず一度は悩まれます。

実際に外壁塗装を全て行うには100万円~200万円ほどかかります。
そう聞くと「100万円と200万円では倍だけどなんでこんなに違うの?」と皆さん思うのではないでしょうか。
実は外壁塗装工事は一言で言っても家の劣化状況や使う塗料、そして依頼する業者によって大きく差が出てくる工事なのです。

そこで、今回は外壁塗装をする前段階の見積もりを取る前に誰に見積もりを頼んだら良いかどのような方法で見積もりをとったら良いかを取り上げました。

最近、増えてきた一括見積もりサイトの有効な活用方法や気をつけたい落とし穴まで紹介します。

ぜひ、間違いのない一括見積もりと外壁塗装をするために本記事を参考にしてみてください。

1.外壁塗装で一括見積もりをする2つの手法

1-1.一括見積もりサイトで依頼する

1番早くて簡単な方法は一括見積もりサイトで一気に紹介してもらう事でしょう。

ある程度の坪数と個人情報を入力するとサイト運営会社から業者を紹介してもらう。トラブルが多い業界だからこそ、施主と業者以外の第三者に入ってもらえるのは非常に心強いです。最近ではお断りを代行してくれる会社もあり、心強い味方になってもらえます。

見積もりだけでは費用負担も無いので、手軽に見積もりを取ることができる方法です。

 

1-2.自分で探す(インターネット・チラシ・口コミ)

福岡県であれば「外壁塗装 福岡」などのワードで検索をすると多くの会社が出てきます。

また、新聞を取っているお宅であればチラシも定期的に塗装会社の広告が入っています。最近塗装をされたご近所さんなどに聞くのも一つの有力な手です。

自分で探すメリットは会社の顔が見えることや継続してチラシが入っている事で、その塗装会社の姿勢や長く続いている会社かどうか深く判断できることです。多少手間は掛かりますが、自分により合った会社を見つけることができます。

 

2.一括見積もりをする際の5つの注意点

2-1.一括見積もりサイトの運営母体を確認する。

一括見積もりサイトは第三者に間に入ってもらえ、一社一社に問い合わせる面倒な手間を省いてくれます。

しかし、注意しなければならないのはその「第三者」は誰?ということです。

リフォームの一括見積もりサイトと違い、塗装に関してはまだまだ大手が少ない現状。派手に広告を打っていても、1番上に検索が来ていたとしてもサイトを開いてみると自社の紹介すら書いていない、電話番号すら載っていない、そんな驚くようなサイトも存在します。サイトを開いてみて「運営会社」や「会社概要」などが無いサイトには注意してください。

大事な個人情報や電話番号を入力するのですから、「会社情報」「プライバシーポリシー」は最低限確認してから問い合わせしましょう。
また、運営会社を確認したら次はその運営会社が塗装に詳しい会社なのかもチェックする事をオススメします。

■一括見積もりサイトで問い合わせをする前に最低限チェックする項目

【会社情報】 【プライバシーポリシー】
会社名 個人情報の取得目的
事業内容 個人情報の利用範囲
所在地や資本金 第三者への個人情報の開示
個人情報に対する窓口があるか

 

2-2.紹介された会社は必ず自分で調べる

一括見積もりサイトで紹介を受けた場合、次は見積もりを受けるかどうかの選択になってくるでしょう。

その場合「とりあえず見積もり」だけは止めましょう。複数の会社か、一社か、エリアやサイトの方針により紹介を受けますが、しっかりとインターネットで検索したり、知人に聞いてみるなどして情報を取得してから見積もりを依頼してください。

もし、見積もりを早急に取るように急かされたとしても数日遅れたからといって、塗装工事の金額も品質も変わりません。家を見てもらい、個人情報を公開することになるのですから慎重になりましょう。

尚、塗装会社のホームページでのチェックポイントは第4章に記載していますので参考にしてください。

 

2-3.家の劣化状況や塗料の知識は自分である程度身につけておく

納得できる会社を見つけて複数の塗装会社から見積もりを取った際に次に訪れる落とし穴が施主を悩ませます。それが「各社の提案内容・塗装面積・金額」が大幅に違いバラバラな事です。
これは一括見積もりサイトに限った事でなく複数の見積もりを取ると必ず訪れます。
実際にYahoo!知恵袋に投稿されていた内容です。

ケース1
外壁塗装業者、また外壁塗装の種類、相場等について調べていますが、業者によって見積もり額に隔たりがありすぎて判断に困っています。

1社目 2社目
小計 ¥1,671,400 ¥1,053,980
消費税 ¥133,712 ¥84,318
合計 ¥1,805,112 ¥1,138,298

2社間の差額¥666,814

ケース2
A社は工務店(もともとは大工)で主に新築が多そうな業者で、B社はリフォーム専門の業者。両社とも地元で設立20年以上です。「塗料を中の上くらいで」とお願いして出してもらった見積もりです。

1社目 2社目
合計 ¥1,365,314 ¥947,830

2社間の差額¥417,484

※Yahoo!知恵袋より抜粋。細かい見積もりの項目は省略させて頂いております。

なぜこんなにも差が開くのでしょうか?悪徳業者で不当な利益を乗せていない場合は大きく差が開く要因には3つあります。

①塗装面積の計測違い
②使用する塗料の違い
③塗装する場所の違い

上記は素人ではどちらが正しいのか見分けが付かない為一概に安い会社を選ぶのも怖いところでしょう。

それを回避して正しい見積もりを見抜くには、ただ一点、見積もりを取る施主が知識を持つことです。

①③の計測は正しい塗装面積を知っておくこと、塗装する場所を把握しましょう。各社の診断内容を見比べて見てください。より細かく診断をしてくれている会社の方が、精度が高い診断をしてくれている可能性が高いでしょう。

②塗料は見積書をもらった後に塗料名で検索してみましょう。情報が公開されていない塗料であれば、メーカーから出ているパンフレットと仕様書をもらいましょう。塗料名が書かれていない見積もりはNGです。

 

また、弊社プロタイムズでも無料で劣化状況の診断、塗り平米の算出と図面の提供、5種類の塗料での見積もりを行っておりますので興味がある方はこちらの記事をご覧ください。

 

2-4.職人の経験と腕前を確認する。

「来た営業マンが良い人だったから」「営業さんが色々親切にしてくれたから」塗装会社を選んだ動機にこの様な話をよく聞きます。ここにも注意が必要です。

「うちに来た営業マンと仲良くなったから」=「工事の質が良い」はイコールではありません。契約するのは営業マンとではなく「塗装・リフォーム会社」、そして塗装工事をするのは営業ではなく「職人」です。

そして、職人に大事なのは腕前や経験ももちろんあるのですが、それよりも大きく塗装工事の質を左右するのは「知識」と「遵守」なのです。経験を積んでいても、日々進化している塗料の特性を知らない、メーカー規定の基準書を守らない自分の勘に頼る工事をするようでは、塗装本来の目的は果たせません。

 

2-5.大幅値引きを疑う

塗装の見積もりを何社からか取ると「キャンペーン」や「モニター」などの言葉を使い大幅に価格を下げる会社が出てきます。もちろん安く塗装をする為に相見積もりを取ると思いますが、60万値引きなど大幅に値引きをする会社には注意してください。

よっぽどの理由がない限り、赤字で工事をする会社は存在しません。下請け会社に工事をその会社が依頼する場合、値引いた額はそのまま工事の質に影響してくるでしょう。

工事の価格は以下の様な内訳で構成されています。

%e5%a4%96%e5%a3%81%e5%a1%97%e8%a3%85%e4%be%a1%e6%a0%bc%e5%86%85%e8%a8%b3%e5%86%86%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

大幅に工事額が下がった場合、利益を大幅に取り、元々の工事価格が極端に安かったり、よっぽど工事の受注が取れていない会社などの理由が何かあるはずです。工事の質に限らずとも、今後大事な家を10年持つ永い付き合いになる大事な工事です。その工事を任せる会社に嘘があっては信用できないでしょう。

ブランド品のバッグが大幅に値下げをしていると、「偽物では?」と感じられる方も多いと思います。塗装工事にも同じ感覚を持ちましょう。

もし、大幅な値下げの提案をされたら、しっかりと価格の根拠を確認することをオススメします。

 

3.外壁塗装一括見積もりサイトのメリット・デメリット

お得に使えばもちろん有効な手段の一つになる一括見積もりサイト。ただし、あくまでも判断材料の一つだと言うことを忘れないでください。

見積もりサイトのメリットとデメリットを掲載しましたので、ぜひ参考にしてください。

3-1.一括見積もりサイトのメリット

  • 競わせるので価格調整はできる
    複数の会社に相見積もりをかけるので高い、安いの判断はつきます。複数の材料や工賃も出てくる為、価格の調整もし易いでしょう。
  • 断る時の心理的ストレスの軽減
    塗装会社にお断りを入れる際に「お断り代行」をしてくれる会社があります。断りづらいという心理的ストレスを軽減できるので非常に嬉しい制度です。
  • 利用料がかからないので金銭的リスクはゼロ
    サイトの利用料は施主側にはかからないので金銭的リスク無くサイトを利用できます。

3-2.一括見積もりサイトのデメリット

  • 一括サイトにももちろんバックマージンが入っている
    あくまで殆どが広告媒体です。もちろんサイト運営にはお金が掛かりますし、対応するスタッフもつけなければなりません。
  • 電話ラッシュに気をつけて
    電話番号を入力するサイトが多く、入力すると電話がかかってきます。記述させて頂きましたが大事な個人情報です。しっかりと個人情報を入力する前には運営母体を確認しましょう。
  • どういった観点で選ばれているのか不明なサイトもある
    「プロが厳選した」と書いているサイトも多く見られます。しかしどのようなプロがどういった観点で選んでいるかは書かれていないサイトも多くあります。
    紹介を受ける際はどのような基準でその会社を紹介されたのか担当者に聞いてみる事をオススメします。

 

4.一括見積もり先を自分で探す際にチェックするべき箇所

ここからは、「自分で業者を探す場合」や、「一括見積もりサイト」で紹介された会社をチェックする際にサイトでの見極めのポイントについてご紹介します。

4-1.施工実績数やお客様の声は要確認

施工実績
お客様の声

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab-1

画像出展:プロタイムズ仙台南店

施工実績数や施工しているエリアは最低限チェックしましょう。トップページに書かれている会社もあれば、施工事例などコンテンツの中に書かれている場合もあります。
もちろん、ご自宅の近くの施工実績や施工棟数が掲載されているかはチェックするポイントですが、サイトの最終更新日なども見られる事をオススメします。

 

4-2.人の顔が出ている会社ですか?

スタッフ紹介
ブログ

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab-4

10年~15年に一度の100万円を超える高い工事をお願いするのですから、安心感は大事です。どんなスタッフが何人在籍しているのか、スタッフはどのような得意分野を持っているのか、雰囲気や業界歴などをチェックしましょう。

画像出展:プロタイムズ沖縄中央店

 

4-3.自社職人だからではなく、職人の腕前を見極める

職人紹介

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab-3

よく勘違いされる方が多いのですが、自社職人が100%良いとは限りません。初心者でも職人としてその会社に入社したら、自社職人なのです。大事なのは施工に入る職人の質であり、自社職人かどうかより質は重要になります。どれくらいの経験を持ち、どのくらいの家を塗装してきたか、そして何より大事なのが職人の人柄や真面目さ、営業マンと話した内容がきちんと伝わる体制が取れているかなどです。

画像出展:プロタイムズ東三河店

 

4-4.会社概要は絶対に見ること

会社概要

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab-5

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab-6

会社概要はしっかりと確認しましょう。会社所在地が車で30分以内に会社がある場合は何か起こっても頼れるパートナーとなってもらえるでしょう。また、近ければ一度事務所を確認されて見ると良いでしょう。
設立年月日や事務所の写真も確認しておくことをオススメします。

画像出展:プロタイムズ福岡北店

 

4-5.会社の顔である社長は必ずチェック!見落とされがちですが大事なポイント

代表あいさつ

%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%ab-7

見落とされがちですが、先程も記述させて頂いたとおり契約は営業マンとするのではなく、会社とするものです。会社の代表者がどんな思いで運営し、顧客と向き合っているのか、出身はどこなのか、信用できそうかは必ずチェックしましょう。

画像出展:プロタイムズ堺北店

 

まとめ

自分でしっかりと厳選した3社で見積もりとるべし。

10年に一度の高額な費用がかかる塗装工事。複数の会社で見積もりを取り、様々な見立てをもらう事は非常に施主にとってはメリットが大きく、より良いリフォームが実現出来ることでしょう。

しかし、数多く見積もりを取れば良いというものでは無く、「見極め」を自分でした会社を2-3社から信頼出来る提案をもらいましょう。

一括見積もりサイトを使用するのも一つの手ですが、自分でしっかりと調べて「ここなら安心して頼めそう!」という会社を選びしっかりと診断をしてもらって、どこをどのような塗料で塗るのか把握し、業者の決定をしましょう。

再度大事なポイントをおさらいをします。

①一括見積もりサイトに個人情報を入力する際は運営母体をしっかりと確認する

②紹介された会社や自分で探した会社は、問い合わせをする前に情報を収集してから問い合わせる

③業者探しは一点に集中せずポータルサイト、ホームページ、チラシ、口コミなど複合的要素で探す

④診断はより詳しい方が良い

⑤塗料の情報はメーカーのホームページで必ず確認する

⑥50万以上の大幅値引きをする会社に要注意

⑦業者のホームページでは「施工事例」「お客様の声」「ブログ」「会社概要」「代表あいさつ」は必ず見ること

以上7項目に注意し、今後10年家を守ってくれる塗装工事を成功させてください。

弊社でも無料で劣化診断と診断書の提出をおこなっておりますのでご興味がある方はこちらよりお申込みください。
※地域により、プロタイムズの店舗がない場合はお断りさせていただく事がございますのでご了承くださいませ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) 町名まででも結構です。
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

今すぐ見積りが欲しい方!
簡単無料見積り

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


塗装工事は金額が大きいものですから、見積り後にキャンセル頂いても構いません。
安心してお申込み下さい。

簡単無料見積り

今すぐ見積りが欲しい方!
簡単無料見積り

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


塗装工事は金額が大きいものですから、見積り後にキャンセル頂いても構いません。
安心してお申込み下さい。

簡単無料見積り

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ