外壁の塗り替えは必要!?「塗り替えの必要性と時期」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

戸建て住宅を購入した時は、外壁や屋根を塗り替えることについて考えもしなかった、知らなかったという方が、ほとんどではないでしょうか。しかし、戸建て住宅を購入して何年か経過してくると、外壁の汚れが気になってきたり、セールスマンから「外壁が劣化しているので塗り替えする時期ですよ」と指摘を受けたり、同じ時期に建った近所が塗り替えをはじめたりして、塗り替えのことを意識しはじめる方もいると思います。しかし、塗り替えのことは専門的な内容が多いため、分かりにくいことも多いです。

そこで、今回の記事では、「外壁 塗り替え」について、基本的なことをご紹介させていただきます。

1.外壁の塗り換えが必要な理由

外壁の塗り替えは新築時から約10年程度で塗り替えする方が多く見受けられます。それは、約10年程度で外壁の汚れなどが目についてくるからです。一般的に塗り替えは、汚れた外壁などの見た目をキレイにする美観の目的として知られています。しかし、塗り替えをする目的には、他にも重要なことがあるのです。まず、建物(戸建て住宅)の劣化のメカニズムをご紹介したあとに、美観以外の塗り替えの重要な目的をご紹介します。

1-1. 建物の劣化のメカニズム

戸建て住宅(建物)の外壁に使用される外壁材は、製造時に表面へ塗装がされています。正確には、塗料を塗装することで生成される塗膜が、外壁材表面にはあります。その塗膜(塗料)は耐久年数があり、塗装した時から経年で劣化していきます。

塗料は、樹脂・顔料・添加剤で形成されています。塗料を塗装してできる塗膜は、建物の一番外側にあるため、太陽光や雨などに日々さらされています。長年、太陽光や雨水などにさらされることで、塗料に含まれる顔料が塗膜から外に出てしまいます。すると、外壁(塗膜表面)に汚れなどが付きやすくなるのです。

建物劣化メカニズム

1-2. 塗り換えの目的

塗膜(塗装)が経年劣化してしまうと、外壁に汚れが付きやすくなる他にも建物への影響がでてきます。太陽光や雨水などの自然環境から外壁材を守っていた塗膜が役割を果たせなくなると、外壁材が太陽光や雨水などに日々さらされることになるため、今度は外壁材が劣化していきます。

外壁材がひび割れるなどの劣化が起こり、その結果、ひび割れなどから建物内に雨水や湿気などが浸入してしまいます。雨水や湿気が建物内に浸入してしまうと、外壁材全体の劣化進行が早まるだけでなく、大切な住まいを支えている柱なども劣化してしまいます。

建物の外壁や柱などの劣化が進んでしまうと、場合によっては、少しの地震によって建物が倒壊する可能性もあります。だからこそ、塗膜が大切な住まい(建物)を守っていると言われ、塗膜が劣化したら塗り替えが必要になるのです。

塗り替えの目的は、「見た目を美しくする美観」の他に、「建物の保護」という重要な目的があります。他にも塗り替えの目的には、「遮熱など快適に過ごすための機能性向上」の目的もあります。(塗り替えでの機能性向上は、塗装する塗料によって異なります)

coating

2.外壁の状態で分かる「塗り替えの目安」

外壁の塗り替えは、一般的に新築時から約10年程度が目安となっていますが、建物に使われている外壁材や建っている環境などによって、塗り替える時期は異なってきます。
では、塗り替えする目安は他にはないのか。。。塗り替えの目安は、外壁の劣化状況を確認することで判断することもできます。ここでは、塗り替えの目安となる外壁の劣化状態(症状)をご紹介します。

 外壁の色あせ 新築時からの外壁の色から色あせをしている場合は塗り替えを検討した方がいいでしょう。特に日の当たる南面と西面は色あせがしやすいです。 image0013
 チョーキング  外壁を手で触って時に、白い粉が手に付いた時は、塗り替えのサインです。 choking-300x225
 塗膜の剥がれ・膨れ  外壁をよく見ると、塗膜の剥がれや膨れた部分がある場合があります。これは、塗膜が劣化しているため。塗り替えが必要です。 image0053
 ひび割れ  外壁のひび割れには、幅が0.3㎜以下のヘアークラックと0.3㎜以上の構造クラックがあります。構造クラックの場合は、早期に塗り替えをする必要があります。 image0071
 シーリングの割れ  外壁材と外壁材の継ぎ目や窓サッシ回りにあるゴムをシーリングと言います。このシーリングにヒビがある場合は、塗り替えのサインです。 image014

塗膜の劣化順序を紹介しているこちらの記事も参考にしてみてください。外壁塗装は本当に必要?必要性とそのタイミングについて

3.塗り替え前に必要なことは建物診断

塗り替えをするためには、塗り替えをする前に、外壁や屋根などの現状を知ることが必要になります。塗り替えが必要なのか、塗り替えだけでなく劣化状況によっては住まいを守るためには補修なども必要になってくるからです。もちろん、外壁や屋根の劣化状況によっては塗り替えする費用も変わってきます。そのため、塗り替えをする前に必要になってくることが、建物診断です。建物診断は基本的に業者へ問合せをすると実施してくれます。なぜなら、塗り替えの見積もりを出すためには、建物診断をしなければ、見積もりを出せないからです。依頼した業者によっては、細かく建物診断しない業者や屋根の上に上がらない業者なども存在します。

塗り替えする前には、必ず業者に細かな建物診断をしてもらいましょう。(建物診断は必ず業者へ依頼してください。屋根に上がって自分ですることは危険です。また、建物診断にも専門的な知識が必要なため、業者へ依頼してください)

しっかりと建物診断してくれる業者の見つけ方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

外壁塗装でトラブルを防ぐ『業者選びのポイント』

image001

塗り替えするために、しっかりとした建物診断を業者にしてもらった後は、業者に診断結果を報告してもらいます。その後、塗り替えの提案と見積もりをしてもらい、どの塗料で塗り替えするのか、塗り替え費用は予算内で納まるのかを検討し決定後に、塗り替えを業者へ依頼します。

4.塗り替えの費用は80~150万円程度

一般的に塗り替え費用は、住まいの大きさによって費用は変わってきます。住まいの大きさにより、塗り替えする外壁や屋根の面積が変わってくるからです。また、塗り替えに使う塗料の種類によっても費用は変わってきます。(塗料の種類については「5.塗料(種類と選び方)」でご紹介します)

塗り替えの費用は、材料費と工事費から構成され、材料費は塗料や養生の費用、工事費は足場や補修の費用、人件費などになります。一般的な戸建て住宅(2階建て、塗り面積200㎡程度)で、屋根と外壁を塗り替えした場合は、80~150万円程度の費用がかかります。

IF160921-304x203

塗り替えの詳細費用については、こちらの記事も参考にしてみてください。

【保存版】外壁塗装にかかる費用の相場と見積書の見方

5.塗料の種類と選び方

外壁や屋根の塗り替えには塗料を使用しますが、塗料にはいろんな種類があります。現在、塗料メーカーは数多く存在し、塗料の種類は数千種類にも及びます。当然、各塗料メーカーが販売している塗料には、各種の特徴があります。「耐久年数が長い塗料」や「遮熱効果がある塗料」、「価格が安い塗料」など、様々な塗料があります。

塗料の種類  ウレタン塗料  シリコン塗料  ピュアアクリル塗料  フッ素塗料  無機塗料
 特徴  低価格の塗料として約10年間によく使われていた塗料。 価格と塗料性能のバランスが取れている塗料。

色のバリエーションが多い。

 高弾性を有し防水性に優れ、また耐久性も高いた塗料。  長期間に渡り変退色、艶ひけがなく、耐久性の高い塗料。 汚れ防止に強く、耐久性も高く、美観を長持ちできる塗料。
 耐久年数  約5~7年  約7~10年  約15年~  約15年~  約15年~

塗料種類の詳細については、こちらの記事もご参考にしてみてください。→ 知っておきたい外壁塗装の塗料の種類と選び方

Fotolia_3818710_M-304x214

塗料にはいろいろな塗料がありますが、外壁や屋根に使用されている建材や外壁や屋根の劣化状況によって、使える塗料は決まってきます。一般的には、建物診断をした業者が劣化状況や建物状況などにより、推奨の何種類かの塗料提案とその見積もりを出してくれます。その中から、塗り替えに求める内容と塗り替えする予算で、塗料を選んでいきます。

【塗料選びのポイント】

□ 塗り替えの耐久年数をどうするか

→ 耐久年数が短い塗料は費用も安く抑えられます。ただし、長い目で見ると塗り替え回数が多くなります。

□ ライフスタイルや環境に合った塗料機能か

→ 塗り替えは外壁をキレイにするだけではありません。夏の室内温度が気になる場合は遮熱機能のある塗料、湿気の安い環境に建っている場合は防カビ機能のある塗料なども考えて塗料を選びましょう。

□ 塗料メーカーの製品保証はあるのか?

→ 塗り替えは、塗り替えが完成したら終わりではなく、選んだ塗料が長く持たなければ意味がありません。塗料メーカーの製品保証が重要になります。

6.塗り替えは業者で決まる!

いくら良い塗料を選んだとしても、安心の塗り替えができるとは限りません。akutoku-285x214塗り替えは選んだ塗料を正しく塗装しなければ、選んだ塗料の耐久年数や機能を十分に発揮させることができないからです。塗料を塗装する業者が重要なポイントとなってきます。業者によっては、塗装や塗料の専門的な正しい知識がないまま経験だけで塗装工事をする業者や手塗り工事をする業者なども少なからず存在します。選んだ業者によっては、塗り替え完成時は、キレイな仕上がりになっていても、塗り替え完成後に2~3年程度で塗装がボロボロと剥がれてきたなどのケースもあるようです。安心の外壁塗り替えをするためには、業者選びにも気をつけましょう。

業者選びについては、こちらの記事もご参考にしてみてください。

外壁塗装でトラブルを防ぐ『業者選びのポイント』

まとめ

外壁の塗り替えは、大切な住まいを守り、安心して長く暮らすためには、必ずしないといけないメンテナンスです。ただし、塗り替えは専門的な知識が必要で、私たちには全てを把握することは難しく、業者に頼らなければいけないことが多いですが、選ぶ業者によっては、後悔する塗り替えになってしまうこともあります。地域によっては、塗装業者が開催している無料の勉強会などもありますので、参加し基本的な塗装知識を持って、塗り替えを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

外壁の汚れが気になってきたし、外壁にチラホラとひび割れも入ってるし、大丈夫なんだろうか?

実は外壁・屋根って定期メンテナンスが必要なんです。
外壁や屋根は住まいの中で最も風雨にさらされる部分のひとつ。
定期的な外壁・屋根のメンテナンスをしておかないと、ゆくゆくは雨漏りなどの大きなトラブルを引き起こしてしまいます。

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です。※一部、対応できない地域あり

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ