外壁塗装でトラブルを防ぐ業者選びのポイントまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁塗装を検討する時に多くの方が悩むのが、「どこに相談するか」「どこに見積もりをお願いするか」「見積もりを2・3社取ったけど、どこがいいのか」などの業者選び。

ネットやチラシなどで業者を調べても、「どの費用が妥当なのか」「どこまでの工事がいいのか」が分からず、業者探しに悩むことも。。。

そこで、今回の記事では、「外壁塗装の業者選びに役立つポイント」をご紹介します。失敗しない・後悔しない外壁塗装をするために、ぜひ、ご参考にしてください。

1. 業者の選び方次第で。。。トラブルもある!?

外壁塗装をするなら、「安いに越したことはない」と誰でも思うことでしょう。ただ、費用だけを見て外壁塗装を業者へお願いしていいのでしょうか。費用だけで業者を決めて、お願いしてしまうと。。。後々、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

1-1. 屋根・外壁に関するトラブルが50%

戸建て住宅で相談の多い不具合部位

国土交通省の管轄する公益財団法人「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」の発表によると、戸建て住宅で多い不具合部位・事象の相談内容の50%が「屋根・外壁に関するトラブル」となっています(表1参照)。

屋根の雨漏りや外壁のひび割れなどの原因は、多くは塗装工事です。屋根・外壁のリフォーム工事に占める塗装工事の割合は高いことから、塗装工事はトラブルが起きやすく、失敗しやすい工事であることが言えます。

1-2. なぜ、トラブルが起こるのか

屋根・外壁塗装は、テレビやパソコンのような完成した商品を見て選ぶことができません。完成した形を見られるのは塗装が終わった後のため、業者から言われたことを信じてお願いするしかありません。

しかし、塗装をする業者の中には、手抜き工事をするような業者や専門的な正しい知識がないまま経験だけで工事をしている業者なども少なからず存在しているため、選んだ業者によっては、完成後にトラブルになってしまうこともあります。

トラブルになる大半は、屋根・外壁塗装の専門的な知識や技術が必要で何が正しく・安心な工事なのか判断がわからないため、費用が安い業者にお願いし、業者に一任してしまうことです。

トラブルになる原因は、一番は業者が正しい屋根・外壁塗装をしてくれないことですが、お願いする私たちも安心できる業者を選べてないこともあるかもしれません。

【トラブルが起こる3つの理由】

  • 費用だけで業者を選んでいる
  • 塗装の知識は分からないため、基準を知らずに業者を選んでいる
  • どこまでのサービスをしてくれるか内容を確認せずに業者を選んでいる

2.   トラブルを防ぐための業者選び3つのポイント

外壁塗装でトラブルを防ぐためには、屋根・外壁塗装に対する正しい知識を持って、安心できる業者を選ぶことが大切です。とは言っても、その正しい知識が何なのかが分からない。。。そこで、業者選びで知っておいてもらいたい外壁塗装の基礎知識をまとめてみました。

2-1. 業者選びのポイント①「外壁塗装で必ず行うお家の診断でチェック」

image003

屋根・外壁塗装を正しく行うためには、建物の劣化状況や状態をしっかりと診断しなければできません。ネットやチラシで診断をすることを確認したので、「どの業者も当然ちゃんとするはず」と思っている方も多いかもしれません。

しかし、その診断は安心できる診断内容なのでしょうか。

業者によっては、「事前に屋根・外壁の状況を確認せず、見積もりをもって来た時にさらっとチェック」「屋根に上がらず下から見るだけのチェック」などの診断をすることもあります。
また、しっかりと診断してくれているようですが、診断している人が「リフォームの営業マン」や「塗装の職人」ということもあります。診断をするためには、医者と同じように、専門知識や資格がなければ、正確な診断ができているとは限りません。

診断のプロが診断をしていない場合、素人が見ても分かる劣化内容を口頭でただ伝えるだけで、専門的な診断結果による工事の提案もないことがほとんどです。

診断のプロがしっかりと診断し、屋根・外壁塗装の状況に合った提案をしてくれるかを確認することが、安心できる業者選びのポイントとなります。

【建物診断内容のチェック】

□ 屋根に上がって診断してくれるかをチェック

□ 資格を持った診断のプロが診断してくれるかチェック

□ 診断結果は口頭ではなく、書面で報告してくれるかチェック

2-2. 業者選びのポイント②「見積書の内容でチェック」

業者選び

屋根・外壁塗装をする時にいちばん気になるのは費用です。多くの人が、1社だけでは相場が分からないので2~3社から見積書をもらい比較して、業者を決めるようとされます。

しかし、業者によって「費用はバラバラ」「見積書の書き方もバラバラ」で、どこの業者が正しいのか悩むことも多くあるようです。

見積書には正しい費用の見方もありますが、安心の屋根・外壁塗装をしてくれるのかの見方もあります。

知っていれば、簡単に信頼できる業者かを判断できるので、お教えします。

image005

塗装工事は、屋根や外壁だけでなく、軒天(のきてん)や破風(はふ)といった「付帯部」と呼ばれる部分も塗装をする必要があります。また、塗装する塗料もいろいろな機能を持った種類があり、見積書に内訳まで記載するのが通常です。中には「外壁塗装一式」と書かれ、総額費用しか分からない見積書もあります。このような見積書を提出する業者は要注意!
しっかりと診断もしないで、安い費用の見積書を出してきていざ工事が始まった後に、追加工事・追加請求となる危険性が非常に高いです。

正しい塗装をするためには、塗料の持つ性能を発揮させるためのルールがあります。そのルールとは、各塗料メーカーが指定している「仕様書(標準施工使仕様)」です。

仕様書には、塗料の性能を確保するための「塗装する面積に対する最低限必要な塗料の量」や「塗料の乾燥時間」「施工に適した温度」などが記載されています。使用する塗料の費用は、仕様書をもとに塗装する面積から使用する塗料の量(缶数)を決めて算出されるのですが、坪数(一般的に家屋の床面積や土地の面積で使用される単位)で見積もりされている場合は、仕様書を守っているのかがわかりません。
(仕様書は、塗料パンフレットや塗料メーカーのホームページで確認することができます)

image006

安心できる業者を選ぶためには、見積書の費用だけでなく、書かれている内容(費用の内訳や使用塗料名など)も確認することが、安心できる業者選びの判断ポイントとなります。

【見積書内容のチェック】

□ 費用の内訳が書かれているかチェック

□ 塗装面積(㎡)で費用が書かれているかチェック

□ 使用する塗料名が書かれているかチェック

2-3. 業者選びのポイント③「塗装後のアフターフォローをチェック」

image001

屋根・外壁塗装は完成しないと見た目の良し悪しはわかりません。

逆に、完成してしまったら正しい工事をしているのかプロでも判断が難しいと言われています。工事が完成し見た目も良く満足で終わったはずが、1年も経たないのにペラペラとめくれてきたなどの不具合が起きることもあります。

不具合が起きたので業者へ連絡してみたが、いろいろな言い訳をされ、何も対応してくれず、逃げられたというトラブルのケースもあります。このようなトラブルにならないためには、どうするか。

保証とアフターフォローがしっかりした業者を選ぶことがポイントになります。

hoshosyokojihoshosho

多くの業者が保証を付けているようす。しかし、保証は付いていれば良いとは限りません。保証の内容を確認しておく必要があります。塗装の保証には、塗料メーカーが出す「製品保証」と施工店が出す「工事保証」があります。

□製品保証は・・・塗料(製品)に瑕疵があった場合の保証で塗料メーカーが塗料代を上限とする保証。

□工事保証は・・・塗装工事に瑕疵があった場合、施工店が工事に対しての保証。

 

工事保証を出す業者はしっかりとした工事をしたからこそ、工事保証を出しているので、工事保証を付けている業者は安心できる可能性は高いと言えます。また、保証書は書面で出してくれるかも重要です。保証をしますと口頭で伝え、いざ不具合が起きても保証をしてくれない業者もいます。必ず保証書を発行してくれるか確認することも忘れないようにしましょう。

image009

屋根・外壁塗装は、信頼できる業者にお願いしても、絶対に不具合が出ないとは限りません。工事後でも小さな問題は起こり得るので、工事後の点検や診断をしっかりしてくれるアフターフォロー制度があるは、業者選びのポイントになります。

また、保証やアフターフォローがしっかりしているから安心でしょうか。

保証やアフターフォローがしっかりしているだけでは、まだ安心できません。工事後も業者と長くお付き合いしていくには、業者が長く存続していないと保証やアフターフォロー制度があっても無意味となってしまいます。

業者の事務所や店舗の所在地がしっかりしているのか、創業してどのくらい経つ業者なのかもチェックしておくとより安心できます。

【アフターフォローのチェック】

□ しっかりとした保証があるかチェック

□ アフターフォロー体制(点検制度など)があるかチェック

□ 信用性があり長く存続している業者かチェック

3. 業者選びで役に立つ「業者選びのチェックリスト」

外壁塗装は経験がないと、どの業者を選べばいいのか不安や心配になることはたくさんの方が思うことです。

業者選びのポイントさえ分かれば、不安なく信頼できる業者をあなたの街で簡単に見つけることができます。

今回ご紹介した業者選びのポイントをチェックリストにまとめましたので、ひとつひとつの項目をチェックして、信頼できる業者を選び、ぜひ、外壁塗装を成功させてください。

【塗装業者選びのチェックリスト】

(建物診断)

□ 屋根に上がって診断してくれる

□ 資格や専門知識を持った住宅診断のプロが診断してくれる

□ 屋根裏の漏水状況も診断してくれる

□ 診断結果を写真や映像の入った書面で提出してくれる

□ 診断結果に基づいた提案書を提出してくれる

(見積書)

□ 一式見積もりではなく工事内容が詳細に分かる見積もりを提出してくれる

□ 塗装面積(㎡)で見積もりを提出してくれる

□ 使用する塗料名が書かれており、仕様書に基づいた見積もりを提出してくれる

(保証とアフター)

□ しっかりとした保証(工事保証)がある

□ 長期間のアフターフォロー(点検制度など)を実施する制度がある

□ 店舗や事務所の所在地が明確な業者である

□ 特商法に基づいた契約書(約款やクーリングオフ等)で契約してくれる

まとめ

いかがでしたか?この記事では信頼できる外壁塗装業者を選ぶにはどんな点に注意したら良いかをまとめました。

この記事を参考にして信頼できる業者を選び、ぜひ、外壁塗装を成功させてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) 町名まででも結構です。
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*

ページトップ