//それ以外の場合 //アイキャッチを指定

【リフォーム瑕疵保険】リフォームにも保険が効く!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リフォーム瑕疵保険

入院したときのための入院保険、自動車事故に遭ったときのための自動車保険、海外旅行でトラブルに遭遇したときのための海外旅行保険……、私たちは金額の大きな出費を伴うときのため、そして、万が一トラブルに遭ったときのために「保険」に入ります。

保険は、万が一の時のための「安心」です。

さて、住宅リフォームも工事の大小に関わらず、決して安くはない金額がかかります。
それなのに、せっかくの工事に不良が見つかったら?

あまり知られていませんが、実は住宅リフォームにも「保険」があるのです。
ただし、入院保険や自動車保険のような一般的な保険とは少し仕組みが異なります。
ここでは、住宅リフォームのための保険、「リフォーム瑕疵保険」について、わかりやすく解説していきます。


1.住宅リフォームにも「保険」がある

住宅リフォームのための保険は「リフォーム瑕疵保険」と言います。
私たち消費者には、少し聞きなれない言葉かもしれません。
まずは、リフォーム瑕疵保険がどんなものなのかを知るところから始めましょう。

1-1.リフォーム瑕疵保険とは

リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム工事に対する第三者検査と保証がセットになった任意保険です。
一般的な保険とは異なり、消費者ではなく、リフォーム工事の施工業者が被保険者となります。

施工中や工事完了後に、第三者検査員(建築士)による現場検査を行い、工事に瑕疵(不具合)が見つかった場合に、補修費用などの保険金が事業者に支払われ、無償で直してもらうことができます。

1-2.リフォーム瑕疵保険の仕組み

リフォーム瑕疵保険は、一般的な保険商品と異なり、被保険者は施主ではなく施工業者という点がひとつの特徴です。

住宅リフォーム完了後に工事の不具合、つまり瑕疵が見つかったら、保険会社(住宅瑕疵担保責任保険法人 ※詳細は後述)から被保険者である施工業者に対して、補修のための費用が保険金として支払われます

特徴① 被保険者=施工業者
特徴② 保険金=瑕疵を補修するための費用

2.リフォーム瑕疵保険があると安心な理由

リフォーム瑕疵保険は、保険法人とリフォーム施工業者が締結する保険ということがわかりました。
それでは、リフォーム瑕疵保険があると、私たち消費者にはどんな安心があるのでしょうか。

2-1.リフォーム瑕疵保険3つの安心ポイント

安心ポイント①

施工業者が、請け負ったリフォーム工事に対してリフォーム瑕疵保険に加入すると、施工中や工事完了後に第三者機構(建築士)による現場検査が行われ、その後保険証券が発行されます。

安心ポイント②

保険期間中に万が一工事に瑕疵(不具合)が見つかった場合、補修費用などが保険金として施工業者に支払われ、無償で直してもらうことができます。

安心ポイント③

そのとき施工業者が倒産していても、リフォーム発注者(消費者)は保険法人に補修費用を直接請求することができます。

2-2.【ケーススタディ】例えばこんな時に安心

【外壁リフォームをしたばかりなのに雨漏りが!しかも施工業者が倒産していた!】

不具合の例

外壁の張り替え工事をして3年後に、雨漏りが発生したので施工業者に連絡をしたが倒産していた。

保険金の支払い例

別の施工業者を手配して外壁の一部張り替えや、下地の補修工事を実施して80万円かかったが、リフォーム瑕疵保険を利用したので免責金額の10万円の負担で済んだ。

 

これは、安心ポイントの③が適用された例になります。
リフォーム瑕疵保険は、保険法人とリフォーム施工業者が締結する保険ですが、このケースのように、被保険者であるリフォーム施工業者が倒産していても保険が下りるという点は、消費者にとって大きな安心と言えるでしょう。

3.リフォーム瑕疵保険を利用するには

リフォーム瑕疵保険の仕組みの説明の中で、被保険者は施工業者と説明しました。
それでは、私たち消費者がリフォーム瑕疵保険の利用を施工業者に希望する場合には、どうしたらいいのでしょうか。

3-1.加入できるのは「登録事業者」だけ

リフォーム瑕疵保険を利用したい場合は、リフォーム発注者(施主)がリフォーム事業者に対して、リフォーム瑕疵保険への加入を依頼しますが、どのリフォーム業者でも、リフォーム瑕疵保険に加入できるわけではありません。

リフォーム瑕疵保険に加入することができるのは、住宅瑕疵担保責任保険法人の審査を受けて認められた「登録事業者」のみとなっています。

住宅瑕疵担保責任保険法人は、国土交通省大臣が指定した住宅専門の保険会社です。
現在は、5つの保険法人が指定されています。いずれの保険法人も全国を対象にしており、施工業者はこの5つの保険法人の中から自由に選択して、保険契約を締結することができます。

国土交通省指定 住宅瑕疵担保責任保険法人

(株)住宅あんしん保証
住宅保証機構(株)
(株)日本住宅保証検査機構
(株)ハウスジーメン
ハウスプラス住宅保証(株)

3-2.リフォーム瑕疵保険の利用のながれ

リフォーム瑕疵保険を利用するには、まず工事着工前に、施工業者にリフォーム瑕疵保険に加入することを依頼しなければなりません。

そして、工事完了後に万が一不具合が見つかった場合は、住宅瑕疵担保責任保険法人が建築士による現場検査を実施します。
その結果、瑕疵が認められた場合、保険金が施工業者に支払われ、その保険金を以って補修費用とします。

そして、不具合発見時にすでに施工業者が倒産等していた場合は、現場調査の上で瑕疵が認められた場合、保険金はリフォーム発注者(施主)に支払われます。

03-insurance-scheem

※画像出典:http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/03-consumer-files/02-reform-insurrance.html

※「①保険加入の依頼」では、工事発注者から工事事業者へ金銭の支払いは原則、発生しません。ただし、住宅瑕疵担保履行法では、保険料の負担は誰がするかについての定めがないため、保険料に関する負担については工事発注者と工事事業者とで、事前によく相談することをお勧めします。
※「②加入手続き」では、工事事業者が住宅瑕疵担保責任保険法人へ必要書類提出と保険料の支払いをして加入します。必要書類の内容や保険料は、工事の内容や規模、加入する保険商品によって異なります。

3-3.確認しよう!その業者、「登録事業者」ですか?

リフォーム瑕疵保険に加入している施工業者は、実はそう多くはありません。
リフォーム瑕疵保険に加入するには、第三者機構(建築士)による現場検査を受けることと、瑕疵に対する保証が義務づけられているため、施工業者にとってはリスク負担となるからです。

そこで、私たち消費者でも、施工業者がリフォーム瑕疵保険に加入しているかどうかをインターネット上で調べることができます。
ご利用予定の施工業者がリフォーム瑕疵保険に加入しているか、ぜひ確認をしてみてください。

一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会ホームページ内
登録リフォーム事業者検索システム

まとめ

リフォーム瑕疵保険は、耳馴染みのない言葉で、保険の仕組み自体も一般的な保険商品とは異なることから、なかなかイメージがしづらいかもしれません。

しかし、きちんと仕組みを理解すれば決して難しい制度ではありません。

むしろ、リフォーム瑕疵保険を知っておくことで、万が一の場合に、大切な住まいのためにも、経済的にも非常に安心できる消費者にとって有効な保険です。

私たち消費者が直接加入できる保険ではない分、リフォーム瑕疵保険にきちんと加入してくれる施工業者かどうかという点は、業者の信頼度を推し量るひとつのポイントとも言えます。

ぜひ、工事が着工する前には必ず、依頼する施工業者にリフォーム瑕疵保険の加入を確認しましょう。

【保存版】リフォーム瑕疵保険の賢い使い方!

お問い合わせ

タイプ
必須
場所
必須
ご要望
必須
ご要望詳細
お名前(フルネーム)
必須
ふりがな
郵便番号

入力いただくと下記に自動で住所が入ります。

ご住所
必須

お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。

番地
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
(営業電話は行いません)

※2018年は、全国で11,000棟以上のお見積りをご提出。
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

おすすめコンテンツ

コメントはこちらからどうぞ

Array ( [0] => 46121 [1] => 21706 )

ページトップ