モルタル外壁のひび割れ・剥がれの補修方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
モルタル

どんな形状の壁にも対応でき、好みに合わせた仕上がりにできるモルタルは、外壁の表情を豊かにしてくれます。しかし、月日が経つとどうしてもひび割れをしてしまうという特徴もあり、お困りの方もいるのではないでしょうか。モルタルのひび割れをなくすことは非常に難しく、現段階ではほぼ不可能です。そのため、ひび割れと正しく付き合っていく必要があります。

この記事では、モルタルの基本知識からメンテナンス方法まで、ご説明します。これから家を建てるにあたって、モルタル外壁にしようかお悩みの方、すでにモルタル外壁にしていてメンテナンスに困っている方は、ぜひ参考にしてください。

1.モルタル外壁の基本知識

モルタル外壁は、調合する材料の組み合わせを変えることで、耐久性や仕上がりを自由に調整することができます。その構造、メリットとデメリットを紹介します。

1-1.モルタルはセメントと砂と水で構成されている

モルタル外壁とは、セメントと砂(細骨材)と水を練り混ぜてつくった材料で施工した外壁のことです。セメントが含まれているため非常に丈夫なイメージがありますが、実は、モルタル自体の防水性能は低いのです。そのため、モルタル外壁の表面に塗装をすることで防水性をもたせています。塗装が劣化してくると、徐々に水分を吸収していき、様々な劣化症状がでてきます。

1-2.モルタルにとって「水」は大敵!

モルタルに限らず、住まいにとって「水」は大敵です。建物は日々太陽からの紫外線や雨を浴びています。外壁が雨を吸収し、太陽光で水分が乾燥します。その乾燥時に収縮が起き、ひび割れが起きてしまいます。そのひび割れから、水が浸入し、乾燥時にまたひび割れが発生する、という連鎖が起きます。また、ひび割れだけでなく建物内部の柱や断熱材に水が溜まり腐食させるということもあり、重度の場合は雨漏りが発生します。

1-3.モルタルのメリット、デメリット

モルタルの基本的なメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

  • 意匠性に優れている
  • 質感がよく味わいがある
  • サイディングのようにコーキング(つなぎ目)がなく目地が割れる心配がない
  • 金属の外壁材のように熱くなることがない

現在、新築時に使用される建材はサイディングボードが主流となり、モルタル外壁は8.5%(2014年3月)といわれています。サイディングボードは決まった形のボードを組み合わせる為、仕上がりがある程度限られていますが、モルタルは職人さんが施工していきます。そのため、自分の好みに合ったデザイン・仕上がりにすることができます。

デメリット

  • 工程が複雑で現場で仕上げるため工期が長い
  • ひび割れが発生しやすい
  • 凹凸をつけた場合、汚れが目立ちやすい
  • モルタル自体の防水機能は低い

モルタル外壁は、現場で仕上げる為施工期間が長くなります。そして、最大の特徴は1-2でも説明した「ひび割れ」です。乾燥収縮でひび割れは必ず発生してしまいます。そこから水が侵入する恐れがあるので、定期的にメンテナンスをする必要があります。

1-4.モルタルの形成方法と種類

では、実際モルタルはどのように形成されるのでしょうか?その形成方法と仕上げの種類について、紹介します。

モルタル 形成方法

種類 写真 特徴
リシン リシン 塗装を吹き付けるときに、細かい砂を混ぜて吹き付けているので表面がザラザラしている。汚れやカビが発生しやすい。
使用する仕上げ材が比較的少なく済むため、費用を抑えることができ工期も短くて済む。
スタッコ スタッコ リシンを厚くしたような仕上がりで、凹凸が激しい。リシンと同様に汚れやすい。
高級感と重厚感を表現することができる。
吹き付けタイル
吹き付けタイル 吹き放し仕上げとヘッドカット仕上げがあり、ツルツルとした仕上がり。ヘッドカット仕上げは、塗料を吹き付けた後塗料が半乾きの状態でローラーを転がし玉をつぶして仕上げる。
塗り替え時、施工しやすく塗料の消費も少ない。
左官仕上げ ジョリパット 塗料と砂を混ぜた壁材のことで、吹き付けや左官で仕上げる。アイカ工業の商品名「ジョリパット」と言われることもある。
お店など、おしゃれな建物によく使われている工法。
画像出典:http://www.aibisangyo.co.jp/supplier/yagisakanminoo.htm

2.モルタル外壁の劣化症状をチェック

モルタル外壁にはいくつかの劣化段階があります。

①色あせ、変色している
②チョーキングが発生
③コケや藻、カビが発生
④ひび割れや破損が発生
⑤仕上げ材の浮きや剥がれが発生

これらの劣化症状があれば、メンテナンスを検討しましょう。

2-1.色あせ、変色の発生

モルタル表面の塗膜が劣化し、色あせがおこります。見た目の悪さだけではなく、色あせがひどいほど、塗料の性能は全く発揮されていないという証拠になります。色あせが始まったら、メンテナンスを検討し始めましょう。

2-2.塗膜のチョーキング

チョーキング

チョーキングとは、壁を触った際に手に白い粉がつく状態のことです。塗料の顔料が表面に粉状になって現れていることが原因です。この現象は、塗装の寿命を最も一般的に判断できる方法です。

2-3.コケ・藻・カビの発生

83_1_3

これも、色あせ同様モルタル表面の塗膜の劣化によって発生します。表面自体に水分を含んでいる証拠です。

2-4.クラックの発生

クラックとは、ひび割れのことで、幅や深さにより「ヘアクラック」と「構造クラック」に分かれます。

種類

写真 特徴

ヘアクラック

⑧_(3)モルタル外壁ヘアークラック

幅0.3mm以下、深さ4mm以下のクラックのことで、建物の構造、鉄筋へのサビをもたらす心配は無いので早急に補修する必要はありません。

構造クラック

構造クラック

幅0.3mm以上、深さ4mm以上のクラックのことで、構造クラックから雨水が入り込み鉄筋を錆びさせる原因にもなるので補修が必要です。

2-5.浮きや剥がれの発生

塗膜の膨れ、剥がれ(外壁・建材不問)2

経年劣化によって付着力が低下し発生します。
ここまでくると外壁を保護する機能がない状態ですので、早急に補修をおこないましょう。

3.モルタル外壁の補修方法

実際にモルタルに劣化症状が出た場合、どのような補修をすればよいのでしょうか。
DIYでできる方法、業者に頼んだほうがよいものを紹介します。

3-1.DIYで補修する方法

ホームセンター等に行くと、様々な補修剤が売られています。ひび割れのパターン別に紹介致します。

<1mm以下のひび割れ>

補修剤 種類
防水材 住宅用浸透性防水剤
住宅用浸透性防水剤スプレー

・補修の流れ

①まずは、補修部分の汚れや油分を落とし、乾燥させる。
②ひび割れとその周囲にぬれるぐらいスプレーを吹き付ける。
 ※ひび割れが広範囲の場合は液体タイプを使用し刷毛で塗ることも可能
③完全に乾いた後、塗装をおこなう。

・補修材の商品例

ニッペ 住宅用防水スプレー

商品名:ニッペ 住宅用防水スプレー300ml
メーカー名:ニッペ
参考価格:1,008円

 

画像引用:http://www.nippehome.co.jp/prd/sh_009.html

 

防水一番

商品名:強力 防水一番 浸透性防水剤 900ml
メーカー名:日本特殊塗料
参考価格:1,923円

画像引用:http://www.amazon.co.jp/

 

<1mm以上のひび割れ>

補修剤 種類
充填剤 アクリル系・変性シリコン系・樹脂セメント系水止め剤

・補修の流れ

①まずは、補修部分の汚れや油分を落とし、乾燥させる。
②ドライバーの先などで中をさらい、きれいにする。
③充填剤をひび割れに塗りつけ、ヘラなどで伸ばし平坦にならす。
④完全に乾いた後、塗装をおこなう。

・補修材の商品例

ウメールパテ

 

商品名:ウメールパテ
メーカー名:家庭化学工業株式会社
参考価格:1,100円

画像引用:http://www.kateikagaku.co.jp/products/items_page/p_4905488100159.html

 

樹脂モルタル

商品名:コンクリートカベ用樹脂モルタル
メーカー名:アサヒペン
参考価格:522円

画像引用:http://www.asahipen.jp/

 

3-2.こんな劣化は業者に依頼しよう!

モルタル劣化

ひび割れの付近の壁が浮いてしまっている場合や、壁自体が剥がれてしまっている場合は、専門的な補修方法が適しているため、業者に依頼しましょう。
また、DIYで解決するような小さなひび割れであっても、ひび割れが起きていること自体建物が劣化しているという証拠なので、業者に一度見てもらうことをおすすめします。

また、モルタル下地の塗装方法についてはこちらの記事も参考にしてください。

モルタル下地の外壁塗装方法と最適な塗料の選び方

4.まとめ

いかがでしたか?モルタルには、意匠性が高いというメリットはありますが、ひび割れが発生するというデメリットがあります。
チョーキング、ひび割れという劣化症状を発見したら、「そろそろメンテナンス時期である」ということを認識し、DIYにて補修や業者に依頼することを検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ見積りが欲しい方!
簡単無料見積り

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


見積りをもらうことは、相場を知るという点で非常に重要です。
ぜひ、複数の業者でお見積りをお取りになることをお勧めします。
当社にお見積りを頂いたからといって、必ず契約する必要はありませんし、
こちらからしつこい営業を行うこともありません。
塗装工事は金額が大きいものですから、見積り後にキャンセル頂いても構いません。
安心してお申込み下さい。

簡単無料見積り

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

外壁の汚れが気になってきたし、外壁にチラホラとひび割れも入ってるし、大丈夫なんだろうか?

実は外壁・屋根って定期メンテナンスが必要なんです。
外壁や屋根は住まいの中で最も風雨にさらされる部分のひとつ。
定期的な外壁・屋根のメンテナンスをしておかないと、ゆくゆくは雨漏りなどの大きなトラブルを引き起こしてしまいます。

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です。※一部、対応できない地域あり

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

Array ( [0] => 16058 )

ページトップ