雨漏りは外壁から起きることも!原因は、施工不良 or 外壁の劣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
構造クラック

業者に「外壁から雨漏りしている」と言われたものの、そもそも外壁から雨漏りが発生することはあるのかと、疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

雨漏りというと屋根から発生するイメージが強いですが、実際には外壁からも雨漏りは発生します。

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターの調査によると、戸建住宅における相談件数の多い不具合事象の第一位が外壁のひび割れ・雨漏りという結果も出ており、外壁からの雨漏りは決して珍しい不具合ではありません。

そして、屋根からの雨漏りも、外壁からの雨漏りも、同じ雨漏り。雨水の浸入する箇所が異なるだけで、住まいに雨漏り被害をもたらすという意味では何ら違いはありません。

この記事では、そもそも外壁から雨漏りが発生する理由をはじめ、雨漏り補修にかかる費用など、外壁の雨漏りに関して知っておきたい情報を幅広くご紹介します。外壁からの雨漏りにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

1.なぜ、外壁から雨漏りが発生するのか?

外壁から雨漏りが発生する原因は、大きく「施工不良」と「外壁の劣化」の2つに分けられます。

1-1.ケース①|新築住宅に雨漏りが発生した場合、施工不良の可能性大

「家を建てたばかりなのに、もう外壁から雨漏りがしている」という場合には、家を建てたときの施工不良が原因の可能性が高いでしょう。

雨水の浸入経路となりやすいのは、窓枠、換気口などの開口部と呼ばれる部分。窓や換気口を設ける際に、きちんと雨仕舞(建物内部に水が浸入しないように施工すること)ができていないと、そこから雨漏りが発生することがあります。

[参考情報]  新築時に発生した、外壁からの雨漏りトラブル事例

新築直後に換気扇ダクトから雨漏り

太陽光パネル(太陽電池モジュール)を取り付ける際、外壁に穴をあけられた

窓回りから雨漏り。原因調査方法を知りたい

※出典:住宅リフォーム・紛争処理センター

1-2.ケース②|外壁の劣化箇所から雨漏りが発生することがある

モルタル、サイディング、タイルetc…、どんな素材の外壁も時間の経過とともに劣化が進行します。そして劣化の症状によっては、雨漏りを引き起こす原因となることも。特に梅雨の長雨の時期や、台風によって横なぐりの雨が降ったときなどは、劣化箇所から雨漏りが発生しやすいため、注意が必要です。具体的な劣化の症状については、下記の表を参考にしてください。

●雨漏りの原因となる、外壁の劣化症状まとめ

劣化症状

コーキング割れシーリングの割れ

sasae55e9e6bf02f4c4da41f8745c05d3b81シーリングの剥がれ

構造クラック
ひび割れ(0.3mm以上)

127 割れたサイディング欠けている箇所がある

[参考情報|外壁材(素材別)の耐用年数]

外壁材は、その種類によって劣化の進行スピードが異なります。

下記は耐用年数のため、劣化症状があらわれるまでの期間というわけではありませんが、耐用年数が短いほど、より早く劣化症状が見られるようになることは間違いありません。お住まいの外壁材が耐用年数に近づいている場合には、劣化症状がないか自身でもチェックしてみられることをオススメいたします。

外壁材の種類 耐用年数
サイディング 窯業系サイディング  7~8年
金属系サイディング 10~15年
樹脂系サイディング 10~20年
木質系サイディング 10年
モルタル  8~10年
ALC 10~15年
タイル  40年

※上記の耐用年数は、あくまで目安です。各製品によって、環境等によっても変わります。

2.雨漏りは補修必須!放っておくと家の寿命が縮まってしまうことも

雨漏りに気づいていても、「日常生活に大した支障はないし、当面は放っておこう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、雨漏りは見つけたら、スグに補修するのが鉄則です。

ひとたび雨漏りがはじまると、補修しない限り、永続的に建物内部に水が入り続けることになります。そして、その被害は、生活に支障をきたすだけではありません。雨水は家の内部にどんどん入り込むことにより、柱などの躯体を腐食させていきます。その結果、家の寿命を大きく縮めてしまうこともあるのです。

場合によっては、健康被害を誘発し、アトピーやアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)、過敏性肺臓炎などを引き起こす原因となるコウジカビ「アスペルギルス」を発生させてしまうこともあります。

そこで、「雨漏りかな?」と思ったら、まずは住まいのプロに、雨漏りの被害や進行状況、補修の必要性等を診てもらうのがオススメです。住まいを診るだけなら無料で対応してくれる業者がほとんどなので、気軽に相談してみましょう。

3.雨漏りの補修費用はいくらが妥当?

3-1.引き渡しから10年以内の新築住宅の場合、無償補修が可能

住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)において、新築の住宅瑕疵担保責任保険*の期間は10年と定められています。そのため、新築住宅で、かつ引き渡しから10年以内であれば、家を建てた施工業者に雨漏り補修にかかる費用を請求することができます。

そこで、引き渡しから10年以内に雨漏りが発生した場合には、まずは家を建てた施工業者に相談しましょう。

*住宅瑕疵担保責任保険とは

新築住宅に瑕疵(欠点・欠陥)が見つかった場合に、その補修費用をまかなう保険のこと。

<参考|保険の仕組み>
04-sikumi-zu
※画像出典:国土交通省


<参考|保険の対象となる部分>
04-taisyoubui
※画像出典:国土交通省

※住宅瑕疵担保責任保険について詳しくは、国土交通省のホームページをご覧ください。

3-2.雨漏りの補修箇所や進行具合によって、補修費用は異なる

雨漏りの補修にかかる費用相場は、補修箇所や進行具合によって大きく変動するため、一概にいくらと言い切ることはできません。そのため、詳細な金額は、業者に雨漏りの状況を診てもらい、見積書を作成してもらいましょう。

とはいえ、おおよその相場感は気になるところでしょう。下記に雨漏り補修のよくある工事内容&費用相場をまとめておりますので、参考情報としてご活用ください。

●雨漏り補修|費用相場

補修工事の内容 費用相場
ひび割れ補修(シーリング補修)  5万円~
ひび割れ補修(シーリング補修)+外壁塗装 100万円~
外壁の重ね張り 150万円~
外壁の張り替え 200万円~

※“雨漏り補修1~2万円”などの格安価格を提示している業者もありますが、上記の費用相場をご覧いただければわかるように、雨漏り補修の費用はそれほど格安ではありません。格安の雨漏り補修は、補修ではなく、応急処置であるケースが大半です。業者に応急処置を依頼すること自体に問題はありませんが、対応してくれるのは急場しのぎの”応急処置”なのか、根本原因を解決できる”補修”なのかは、メンテナンス計画を立てるために、きちんと把握しておく必要があります。

3-3.【補足】補修費用が0円に?!火災保険や住宅総合保険が適用されるケースも

火災保険や住宅総合保険に加入している場合、外壁からの雨漏り補修工事について補償が受けられることがあります

適用条件は各保険の商品によって異なるため、正確には加入している保険を確認する必要がありますが、一般的には突風や台風、落雷などの自然災害などが含まれるケースが多いようです。ただし、突風や台風、落雷が原因でも、新築時の施工不良や経年劣化に起因するものは基本的には対象外。「突風で木がぶつかって損傷した」「落雷で外壁が損傷した」など、突風や台風が直接の原因となっている場合には、適用される可能性があるため、加入している保険を確認してみましょう

保険は自分で申し出ない限り、補償が受けられません。火災保険や住宅総合保険に加入している方は、ひとまず加入している保険の適用条件等をチェックしてみることをオススメいたします。

▼火災保険・住宅総合保険について詳しくは、こちらの記事も参考にしてください。
火災保険を使って無料で外壁塗装をするために絶対に知っておきたい4つのポイント

4.「自分で雨漏りをなんとかしたい」とお考えの方へ

4-1.補修工事はプロに依頼すべし!応急処置なら自分でもできる!

雨漏り補修には、「こうすれば、絶対に雨漏りが止まる!」というような確立された方法はありません。雨漏りの原因を探り、補修する箇所によって、そして劣化症状や劣化の進行具合によって、知識と経験をもとに補修方法を探っていくことになります。

そのため、知識も経験もない素人には、そもそもなぜ雨漏りが発生しているのか、どこから発生しているのか、その原因を突き止めるのも難しく、まず自分で補修できないと考えていただいて間違いありません。

「業者を手配する時間がとれない」などの理由で、ひとまず自分でなんとかできないかという場合には、応急処置にて対処しておくのがオススメです。応急処置をしておけば、急場をしのぐことはできるケースも少なくありません。下記に応急処置の方法をまとめておりますので、ぜひ参考にしてください。

4-2.[応急処置①] ブルーシートで覆う

古典的な手法ですが、効果はバツグン。雨水が浸入している箇所が明確にわかっていなくても壁一面を覆ってしまえばいいので、一時的ではあるものの雨水を建物内部に入れるのを防ぐことができます。

ブルーシートが風にあおられてしまっては、防水の意味がないので、壁にそってきちんと留めるのがポイントです。

■準備物
ブルーシート

okacho-store_2700725001

※画像出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/okacho-store/2700725001.html?sc_e=slga_pla

 

4-3.[応急処置②] 防水テープで雨の浸入口を防ぐ

雨水の浸入箇所がわかっている場合には、防水テープでの応急処置がオススメです。

作業自体も簡単で、雨水の浸入箇所に防水テープを貼るだけ。塗れている箇所に貼ってもすぐに剥がれてしまうため、雨の日の作業は避けた方が賢明です。

■準備物
防水テープ

13840_1
※画像出典:https://gomu.jp/item/13840/13840-0001-1?gclid=CP2Rj_700c0CFVYAvAodUOcMHA

 

▼雨漏りの応急処置については、こちらの記事も参考にしてください。
これで安心!自分でできる雨漏りの応急処置


自分でできる応急処置はあくまでも、急場をしのぐための間に合わせでしかなく、完全に雨漏りを止めることはできません。仮に一時的に止めることができたとしても、また、どこかのタイミングで再発することになるでしょう。

2章でもご紹介した通り、雨漏りは家の寿命を縮める原因ともなるため、早く補修するに越したことはありません。応急処置にて対応した場合にも、できるだけ早く業者に相談してください。

5.【補足|業者選び】雨漏り補修の実績が豊富にある業者に相談すべし

雨漏り修理の依頼先には、雨漏り修理専門店をはじめ、塗装店、工務店、塗装店など、さまざまな形態の業者があるため、どこに依頼すればいいかわからず、困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ズバリ申し上げると、どこに依頼しても問題ありません。ただし、どこに補修を依頼するにしても、施工実績は必ず確認しましょう

雨漏り補修の施工実績が豊富にあるということは、言い換えれば、それだけ雨漏り補修の経験値があるということです。つまり、施工実績が豊富にある業者の方が、提案の幅も広く、確かな技術力をもちあわせているケースが多いことは間違いありません。

施工実績はホームページでチェックできます。ホームページに記載のない場合は、直接業者に確認しましょう。

また、所在地(本社・営業所・店舗などのその会社に関わる場所)が近くにあるかどうかというのも、一つの指標になります。遠方の業者がよくないというわけではありませんが、工事中も、工事後も、何か不具合などが生じたときにすぐに駆けつけてくれる範囲内(来る前で1時間圏内が目安)の業者に依頼する方が安心であることは間違いありません。

▼業者選びについて詳しくは、こちらの記事も参考にしてください。
リフォーム業者選びに口コミサイトを最大限活用する方法!」「【保存版】知らないと損!悪徳リフォーム業者の手口と絶対に騙されない為の全知識」「外壁塗装でトラブルを防ぐ『業者選びのポイント』

まとめ

“雨漏り=屋根”というイメージが強いため、なかなかピンとこない外壁からの雨漏りですが、実際には、よくある住まいの不具合の一つです。

ご紹介した通り、雨漏りを放っておくと、住まいの寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。雨漏りを見つけたら、早々に補修を検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) 町名まででも結構です。
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*

ページトップ