千葉で外壁塗装をする時に知っておきたい知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

千葉県にお住まいの方で、お家の外観が汚くなったから外壁塗装でキレイにしたいとお思いの方は多いのではないでしょうか?

しかし、外壁塗装を依頼しようと思っても、「何から始めれば良いのか分からない」「沢山の業者がいてどの業者に工事を依頼して良いのか分からない」「見積りで出された金額が妥当なのか判断できない」、など、悩むことは非常に多くあるかと思います。

塗装工事は、手抜き工事をされても、仕上り直後には分かりにくい工事であるため、塗装を依頼する側がしっかりとした知識・情報を持つことが非常に大切です。外壁や屋根の劣化は気候により影響されやすいため、千葉県内のお住まいを取り巻く環境を理解したうえで、塗料や業者を選ぶことが大切です。

そこで本記事では、千葉県で外壁塗装をご検討中の方へ向けて、千葉県の気候条件から外壁塗装の相場、塗装業者を選ぶポイントなど、外壁塗装を検討する際に知っておきたいポイントをご紹介します。

1.千葉県の住宅を取り巻く環境

外壁塗装は気候条件に大きく影響を受けます。気候の違いにより、お住まいに現れる劣化症状も違いますし、寒い地域では冬場に塗装できないなどの条件があります。地域によって外壁塗装の最適な方法や時期が異なるのです。第1章ではまず千葉県の住宅を取り巻く環境をご紹介します。

1-1.千葉県の気候条件

暑さの指標として、年間の最高気温が30℃を超える日数の平均値を見ると、海の影響を受けやすい銚子市・勝浦市が11~13日しかないのに対し、その他の地域は30日を超える箇所が多く、特に市原市や木更津市は50日以上も30℃を超える日があります。また、寒さの面で見ると、最低気温0℃未満の日数の平均値を見ると海に面していない内陸部で60日を超えていますが、千葉、銚子、勝浦などの沿岸部は、10日前後を非常に少ないのが特徴です。

沿岸部の方は、「冬に暖かく、夏には涼しい」という海洋性の温暖な気候であるという特徴、それ以外の地域は、「冬に寒く、夏には暑い」という特徴があると言えます。

【参考資料】千葉市付近の平年値温度及び降水量

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) 9.8 10.2 13.2 18.3 22.3 25.0 28.6 30.5 26.9 21.8 16.9 12.4
最低気温(℃) 1.9 2.3 5.0 10.1 14.8 18.4 22.3 23.9 20.5 14.9 9.2 4.4
平均気温(℃) 5.7 6.1 8.9 14.0 18.3 21.3 25.0 26.7 23.3 18.0 12.9 8.3
降水量(㎜) 56.9 59.5 110.0 110.4 112.5 149.9 122.5 134.3 200.4 185.9 91.0 51.5

降水量を見ると、千葉県南部は他の地域に比べて降水量が多く、特に大多喜(南部丘陵地域)付近を中心とした狭い範囲で強い雨が降ります。年間での日雨量が50mm以上の日数の平年値は、南部で7日を超える地点が多いのに対して、北部では4~6日程度です。南部は特に降雨量が多い地域である、と言えるでしょう。

(出典:銚子地方気象台

 

1-2.千葉県の住宅によくある劣化症状

お住まいは常に紫外線や雨などの劣化状況に曝されているため、劣化していく危険性があります。特に、千葉県は三方を海に囲まれているため、塩害と呼ばれるコンクリート構造物の劣化症状もあります。ここでは、千葉県の住宅によくある劣化症状(塗り替えしたほうが良い劣化症状)についてご紹介します。

劣化症状 概要 写真
チョーキング 外壁を手で触った際に、白い粉が付着する状態。長期間紫外線に曝され続け、塗料でできた膜が劣化することにより発生します。
外壁のひび割れ ひび割れも多く発生する劣化症状の一つです。ひび割れの幅が0.3㎜以上のひび割れには特に注意が必要で、雨漏りを防ぐ為に補修を行なうことが必要となります。
塩害によるコンクリートの劣化 塩分(塩化ナトリウム)を含む雨や風などによって鉄筋コンクリート構造物内部の鉄筋が腐食し。コンクリートが劣化すること。沿岸部はもちろん、沿岸部以外の内部も風により塩害の被害を受けてしまいます。
変色・退色 太陽からの紫外線や熱、雨水などの劣化要因に曝され続けることにより、変色・退色は発生します。
コケ・藻の発生 湿気の高い所、太陽光の当たらない面の箇所などに、コケや藻が多く発生してしまいます。
シーリングひび割れ・剥がれ 外壁の継ぎ目にあるシーリングは経年劣化によりひび割れや剥がれは発生します。放置すると、ひび割れた箇所から雨水が内部に浸入してしまう危険性もあります。

 

1-3.千葉県の外壁塗装工事に最適な時期

気温5℃以上、湿度85%以下という条件を満たしていれば、基本的には、年間を通して塗装を行なうことは可能です。その条件さえ満たしていれば、梅雨や冬場でも塗装することはできます。しいて塗装工事に適している時期と言えば、気温の落ち着いている3~5月(春)、10~11月(秋)あたりが望ましいでしょう。

外壁塗装に最適な時期を知りたい、という方は下記の記事を御覧ください。

外壁塗装にベストな季節を判断するための基礎知識

 

2.千葉県で外壁塗装をする際に参考にしたいポイント

第2章では、千葉県で外壁塗装を検討するにあたりどんな塗料を使えばいいのか、についてご紹介します。

2-1.沿岸部には耐候性の高い「弾性」塗料で塩害対策

第1章でもお伝えした通り、沿岸部地域にある家は、塩害が発生しやすい地域です。塩害は、海水に含まれる塩分(塩化ナトリウム)を含む風や雨などにより、鉄筋コンクリート構造物の内部の鉄筋が腐食することです。劣化した塗膜表面やひび割れから塩分が浸入し、時間とともに鉄筋の周りの塩化ナトリウムの濃度が高まることで発生します。これにより、鉄筋の腐食が発生しコンクリートの剥がれなどの劣化が発生するのです。

以上を踏まえて、沿岸部の建物には、次のような塗料がオススメです。

・沿岸部の「鉄筋コンクリート」の住宅 → 沿岸対策のために、耐候性の高い弾性塗料
・沿岸部の「窯業系サイディング」の住宅 → 高耐候性の変性無機塗料

をそれぞれオススメします。

■塩害のメカニズム図

塩害を防ぐためには、耐候性の高い、つまり雨や紫外線、潮風などの自然環境にさらされても、塗膜が長持ちする塗料の使用をおすすめします。沿岸部などは、潮風の影響を受け、どうしても塗料が耐用年数が他の地域より短くなることもあります。

■オススメの高耐候弾性塗料 水性弾性セラタイトF(エスケー化研株式会社)

画像出典:http://www.sk-kaken.co.jp/products/data/pdf/ceratight_w.pdf

エスケー化研の水性弾性セラタイトFは、耐候性の高いフッ素樹脂を使用した、弾性系の塗料です。下地のひび割れに優れた追従性を示し、雨水の浸入を抑えることが出来るため、塩害対策に適した塗料です。沿岸部の鉄筋コンクリート造建造物にオススメの塗料です。

■オススメの高耐候変性無機塗料アレスシルクウォール(関西ペイント株式会社)


画像出典:https://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/ctlg/prd_209.pdf

アレスシルクウォールは関西ペイントから発売されている水性1液無機系塗料。強靭な塗膜を形成し、無機成分を含みながらも、微弾性系下塗りや弾性系下塗りなど幅広い下地選択性と旧塗膜選択性を持つのが特長です。沿岸部の窯業系サイディング住宅にオススメの塗料です。

 

2-2.雨が気になる地域は弾性塗料で防水効果を高める

千葉県南部など、他の地域に比べて降水量の多い地域は、住まいが雨水に曝されることも増えてしまいます。そこで心配になるのが、住まいにできたひび割れなどから塩分が浸入することによる雨漏りの発生です。降水量が多い季節の対策の為、ひび割れに塗膜が追随する弾性塗料を使用することをおすすめします。

弾性塗料について詳しく知りたい方は、下記の記事をご確認下さい。

弾性塗料を徹底解説!伸びる塗料でヒビ割れ対策!

■オススメの弾性塗料① DANシリコンセラ(日本ペイント株式会社)

画像出典:https://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/ctlg/prd_59.pdf

シリコン樹脂を使用し、高い耐候性を発揮する単層弾性塗料「DANシリコンセラ」。通常の塗料と比較し、塗膜が厚くつきやすく、波形模様・凹凸のある仕上りにできます。

■オススメの弾性塗料② EC-5000PCM(株式会社アステックペイントジャパン)

アステックペイントのEC-5000PCMは約600%の伸縮率を有する高弾性塗料。優れた伸縮率により、ひび割れに追随し、建物にひび割れが表面化するのを防ぐことができます。

 

2-3.暑い夏に備えて遮熱塗料もオススメ!

千葉県の気候は全体的に「冬暖かく夏は涼しい」とは言うものの、やはり夏は暑い、というのが現状です。そんな夏の暑さ対策にぴったりなのが、屋根・外壁の表面温度を抑えることができる「遮熱塗料」です。遮熱塗料は太陽光に含まれる近赤外線を効果的に反射することができます。

遮熱塗料について詳しく知りたい方は、下記の記事をご確認下さい。

遮熱塗料で涼しく省エネ!~選び方からメンテナンスまで〜

■オススメの遮熱塗料① 超低汚染リファインSi-IR(株式会社アステックペイントジャパン)

超低汚染リファインSi-IRはアステックペイントの超低汚染塗料。熱の吸収要因である「汚れ」が塗膜に付着しにくいため、遮熱効果が長持ちするのが最大の特徴です。また、屋根用の塗料と外壁用の塗料をそれぞれ用意しているため、屋根と外壁両方での遮熱効果が期待できます。

 

■オススメの遮熱塗料② サーモアイ4F(日本ペイント株式会社)


画像出典:https://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/ctlg/prd_192b.pdf

サーモアイ4Fは日本ペイントが販売しているサーモアイシリーズの中でも最も耐候性が高い屋根用の塗料です。4Fフッ化フッ素技術という独自の技術により、高い耐候性を実現します。遮熱効果を高めたい。かつ、少々コストが高くなっても長期間建物を保護したい、という方にオススメの塗料です。

■オススメの遮熱塗料③ アドグリーンコート®GL(日本中央研究所)

画像出典:http://www.nck-inc.com/reason01/

アドグリーンコート®GLは環境・省エネに配慮した遮熱・断熱塗料。半導体の封止材、精密機器の熱対策に用いられるナノ・ファインセラミックを塗料に応用している遮熱塗料で、「反射」「放熱」の二つの効果により、効果的に遮熱効果を発揮します。

 

3.千葉県の外壁塗装の費用相場

3-1.各塗装工事の費用相場

千葉県にて外壁塗装・屋根塗装を行なう場合、どの程度の費用がかかるかについてご紹介します。費用は使用する塗料や施工箇所の状態、業者によって異なります。

〇外壁塗装:80~150万円(一般的な2階建て住宅/塗装面積200㎡の場合)
建物の大きさ、劣化状況、使用する塗料などによって費用は変動します。例えば、フッ素やシリコン塗料、無機塗料、遮熱塗料などによって変動するということを押さえておきましょう。塗料のグレードが高くなればなる程、費用も高くなります。

〇屋根塗装:25~40万円(塗装面積:50~80㎡)
塗装面積や劣化状況、使用する塗料によって価格の変動があります。また、既存の屋根の素材の種類や劣化状況によっては塗装ではなく重ね葺き(既存の屋根の上に新しい屋根材をかぶせる工事)や葺き替え(既存の屋根材を撤去して新しいものに交換する工事)を行なう必要がある場合があります。

※費用は使用する塗料や施工箇所の状態、業者によって異なります。

 

3-2.オススメ塗料の費用相場

第2章にて千葉県の気候に合わせたオススメの塗料をご紹介しました。それでは、そこでオススメした塗料を施工する場合、どのくらいの費用が必要になるのでしょうか?今回は、無機塗料、遮熱塗料防水性に優れたピュアアクリル塗料の3種類のおおよその費用相場をご紹介します。

■無機塗料
無機塗料は、全ての塗料の中でもトップクラスの耐候性を誇っており、高い耐久年数が特徴です。ただ高グレードな分、費用も高額になります。費用相場としてはおよそ下記の金額です。

無機塗料塗装:130~150万円(一般的な2階建て住宅/塗装面積200㎡の場合)

■遮熱塗料の場合
一言で遮熱塗料と言っても、シリコン系の塗料やフッ素系の塗料など、様々なグレードがあります。フッ素系の遮熱塗料はシリコン系の遮熱塗料に比べると少々安価になります。

遮熱塗装:90~130万円(一般的な2階建て住宅/塗装面積200㎡の場合)

■ピュアアクリル塗料の場合
防水性に優れたピュアアクリル塗料。先ほどご紹介したEC-5000PCMもピュアアクリル塗料の一種です。ピュアアクリル塗料はシリコン塗料などと比較すると、少々高額になります。

ピュアアクリル塗料塗装:120~150万円(一般的な2階建て住宅/塗装面積200㎡の場合)

※費用は使用する塗料や施工箇所の状態、業者によって異なります。

 

4.千葉県の外壁塗装施工事例集

■香取市の施工事例
外壁全体を白色系の色で塗ったことでとても明るくクリーンな印象の仕上りを演出できます。また、汚れがつきにくく遮熱性に優れた、アステックペイント「超低汚染リファイン1000Si-IR」が使われているため、汚れやカビ・藻の付着を抑え塗りたての白さを長期間持続する効果が期待できます。


出典:プロタイムズ香取店

■潮来市の施工事例
上の部分を水色で塗装することで爽やか印象の外観を演出できます。また、下の部分はサイディングのおしゃれな模様をそのまま生かしたことで、単色で全て塗り替えるよりも、デザイン性のあるおしゃれな外観になります。


出典:プロタイムズ香取店

■船橋市の施工事例
クリーム系の色は、外壁塗装において定番の色で、よく使用されています。クリーム系の色に塗り替えることで暖かみのある、柔らかい印象に仕上げることができます。


出典:プロタイムズ市川行徳店

■松戸市の施工事例
こちらの事例もクリーム系の色を使用しています。部分的に茶色のラインを入れたり、柱のレンガ調の模様を活かすことで、ただ塗り替えるよりオシャレでこだわりのある外壁を演出できます。


出典:プロタイムズ松戸店

■我孫子市の施工事例
上下分けてツートーンカラーで塗装することでパット目を引く仕上りを演出できます。また黒色はモダンな印象を与えるおしゃれでかっこいい仕上りにすることができるため、近年人気が出てきています。


出典:プロタイムズ松戸店

 

5.千葉県内の塗装業者は1,000社以上!

5-1.千葉県の外壁塗装業者を選ぶポイント

外壁塗装を依頼しようと思ったときに一番に悩むのが、「依頼する塗装業者選び」です。総務省統計発表のデータで、千葉県内の塗装工事業区分の法人の事業所数は1,036社※となっています。かなり多い業者の中から選ぶのは、大変です。
※出典:平成24年経済センサス‐活動調査 事業所に関する集計-産業横断的集計(事業所数、従業者数)
総務省 統計局統計調査部経済統計課

外壁塗装を成功させる上で一番重要なポイントは、塗装業者選びにある、と言えるくらい、外壁塗装業者を選ぶのは重要であると言えます。ただ、チラシやホームページなど、あらゆる情報があふれる中、どんな業者を選べばいいのか、分からない、という方が多いのではないでしょうか?どんな業者に塗装を依頼すればいいのか、業者選びのポイントをご紹介します。

①チラシや新聞広告をチェックして貯めておく
まずは、塗装業者の情報が記載しているチラシや新聞広告を収集する所からスタートするのをおすすめします。チラシや新聞広告は、塗装業者の所在地がどこにあるか情報を収集できる、というメリットがあります。

なぜ、所在地がどこにあるのか見極める必要があるのか、それは、塗り替え工事を依頼する業者は、工事中・工事後に直ぐに駆けつけてくれるのが理想だからです。困ったことがあった際に駆けつけてくれない業者と信頼関係を築くのは難しい為、なるべく近隣の業者を選ぶことをおすすめします。

その他、近隣の方やインターネットを利用して業者の噂を聞いてみると、実際の塗ってもらった人の声が分かるため、非常に有効です。

②相見積もりを複数の業者に依頼する
候補となる業者を見つけた場合、複数社に見積りを依頼することをおすすめします。見積りを依頼する際には、どこを塗り替えたいのか、どのくらいの費用でお願いしたいのか、などの細かい条件や要望を伝えるようにしましょう。

③見積りの内容を細かく確認する
見積りを提示された際、気になるのは金額の所だと思いますが、それ以外にもチェックすべきポイントがあります。それが、見積りの書き方です。「材料(塗料)費」「工事費」がどのように記載しているか。材料費と工事費が一緒になっている「材工一式」という見積りの書き方ではどのくらいの費用を何に要しているのか不明瞭なため、あまりオススメできません。このあいまいな書き方を利用して、不当に利益を儲けようとする業者もいるため、注意が必要です。

提示された見積書が「材工一式」と記載されている場合、材料と工事費を別にした「材工分離」の見積書に再度作成してもらうようにしましょう。その修正・説明を拒む業者への工事依頼はやめた方が良いかもしれません。

以上の他にも、業者を選ぶ上で注意したいポイントはいくつかあります。下記の記事にて、業者選びのポイントを詳しく説明していますので、気になる方はご覧ください。

【塗装業者の見極め方】8つのステップで信頼できる業者を選ぼう!

 

5-2.千葉県の塗装業者紹介

千葉県で屋根・外壁塗装をご検討の方へ
リフォームジャーナルを運営しているプロタイムズは千葉県内にも店舗があります。診断・見積りは無料ですので、外壁塗装・屋根塗装に関するお悩みがあれば、お気軽にお声かけください。

【千葉県内のプロタイムズ店舗一覧表】

https://protimes.jp/area/chiba

〇プロタイムズ香取店
所在地:千葉県香取市岩部5065-1 TEL:0478-79-6861

http://protimes-katori.com/

 

〇プロタイムズ市川行徳店
所在地:千葉県市川市福栄1-18-13 アヴェニール福栄1階 TEL:0120-64-3133

http://protimes-urayasu.com/

 

〇プロタイムズ鎌ヶ谷店

所在地:千葉県鎌ヶ谷市東初富4-5-54 TEL:0120-023-430

〇プロタイムズ松戸店
所在地:千葉県松戸市牧の原2-32 TEL:0120-023-430

http://matsudo-paint.com/

 

ご相談はお近くの店舗までお気軽にお問い合せ下さい。

 

まとめ

本記事は、千葉県で外壁塗装を検討されている形に向けて、塗料や業者を選ぶためのポイントをご紹介しました。外壁塗装を行なう上では、自分が住んでいる地域の気候的条件や住宅環境を把握し、その地域に適した工事の進め方を知ることが大切です。

また、千葉県は非常に塗装業者が多い地域です。業者選びは、外壁塗装の成功を左右する、とても大切なポイントですので、本記事を参考にしながら、満足できる塗装工事を行いましょう。

お問い合わせ

タイプ
必須
場所
必須
ご要望
必須
ご要望詳細
お名前(フルネーム)
必須
ふりがな
郵便番号

入力いただくと下記に自動で住所が入ります。

ご住所
必須

お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。

番地
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
(営業電話は行いません)

※2018年は、全国で11,000棟以上のお見積りをご提出。
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

おすすめコンテンツ

Array ( [0] => 46576 [1] => 46315 )

ページトップ