外壁塗装の相場から妥当な見積りを判断する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁塗装をしようと思って業者に見積りを取ってはみたものの、この金額は妥当なんだろうか?不当に高い金額を提示されていたらどうしよう?
そんな不安から外壁塗装の一般的な相場を知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

外壁塗装は建物の状態や使用する塗料、施工会社の形態などの違いで費用が大きく変わります。
この記事ではいくつかの事例を元に外壁塗装にかかる費用の相場を紹介いたします。
これから業者に見積りを取る予定で、どのくらいでできるものなのか知りたい方は事前知識として、既に見積りを取っているという方は業者の価格が適切か判断基準にしてみましょう。

1. 外壁塗装の坪数毎の相場

外壁塗装の価格の計算方法では1坪いくらという坪単価がよく使われます。自宅の坪数から概算の見積りがわかるので、チラシやホームページでの価格表記には坪表記での価格がよく使用されます。
この章では坪数毎の相場を紹介します。

1-1.坪数毎の相場

坪数 アクリル塗料 ウレタン塗料 シリコン塗料 フッ素塗料 無機塗料 光触媒塗料
20坪 30~60万円 40~70万円 50~80万円 60~100万円 70~120万円 80~130万円
30坪 40~70万円 50~80万円 60~90万円 70~110万円 80~130万円 90~140万円
40坪 50~80万円 60~90万円 70~100万円 80~120万円 90~140万円 100~150万円
50坪 60~90万円 70~100万円 80~110万円 90~130万円 100~150万円 110~160万円
60坪 70~100万円 80~110万円 90~120万円 100~140万円 110~160万円 120~170万円

※価格は地域や業者・下地の補修の可否などによって変動いたします。
※屋根塗装は含まず

相場としては30坪のお宅で一番安価なアクリル塗料で40万円~70万円。高価な光触媒塗料で90万円~140万円程度で施工する業者が多いです。
この表を見て、随分価格の幅があると思われた方もいらっしゃるかもしれません。価格の幅がある理由としては、塗装の価格は実際の建物の状態にもよって変わってくる為、事前に均一価格を出すことは難しいという点があります。

1-2.坪単価の相場で注意すること

坪数は自宅の図面を見ればすぐにわかりますから、価格が坪数からわかることは消費者にとっては親切な事です。しかし、坪単価の表記で注意しなければならないことがあります。それは、外壁塗装で見積りを出す為には、塗る面積が何㎡あるかを計算して、塗料がどれだけ必要かを計算する必要があるということです。

ところが、坪単価の見積り計算では塗装面積を計算していません。1坪で塗料がどれくらい必要かで計算すれば良いと思われるかもしれませんが、同じ坪数でも建物の形状や扉や窓などの開口部の違いで塗装面積は変わります。ですから、本来坪数で正確な見積りを出すことはできないのです。

坪数の相場はあくまで消費者がとって自分の家がどれくらいの費用で塗装できるのか目安を知る為のものであり、正確な見積りとは違うということです。

坪数での計算では必要な塗料の缶数を計算していないことによって、想定していたよりも実際は塗る面積が多く、塗料が足りなくなるといった事が起きる可能性があります。
いい加減な業者の中にはそのような事態になった時、規定の回数を塗らないというような手抜き工事を行なう業者も存在します。

坪表記での注意点

本来、正確な塗装面積がわからないと見積りが出せない為、塗装面積を測らずに価格を出す坪数の価格表記はあくまで概算であり、正確な見積りではない。

2.外壁塗装の㎡毎の相場

外壁塗装の価格の計算方法で坪単価以外に塗装面積の㎡(平米)単価で計算する方法もあります。主に見積り書で詳細な施工単価を表記する際に使用されます。

2-1. ㎡(平米)毎の相場は1,000~5,000円程度

塗料 1㎡当たりの単価
アクリル塗料 1,000円~2,000円
ウレタン塗料 1,500円~2,500円
シリコン塗料 2,000円~3,500円
フッ素塗料 3,000円~5,000円
無機塗料 3,500円~5,000円
光触媒塗料 4,000円~5,000円

※価格は地域や業者・下地の補修の可否などによって変動いたします。
※施工箇所によって単価が変わる場合があります。

㎡単価は塗料のグレードによって大きく異なりますが、概ね1,500円~5,000円前後となります。フッ素塗料・無機塗料・光触媒塗料が高いと感じるかもしれません。
これらの塗料はウレタン塗料やシリコン塗料に比べて耐久年数が高く長持ちする塗料で比較的高価な塗料です。
このような高耐久性の塗料は1度の施工費用は高いものの、長期的に見ると再塗装の期間が短くなるため、結果的にコストを抑えられる場合があります。

2-2. ㎡(平米)単価の相場で注意点すること

㎡(平米)単価の相場を参考にするにあたって注意することは、外壁の塗装面積算出の精度です。前章1-2. 坪単価の相場で注意することで紹介した場合と同じように、適当な計算で外壁の塗装面積を算出してしまうと塗料が足りなくなるなどの問題が起きます。損をしないように実際の面積よりも広い面積で見積りを取る業者も存在します。業者に見積りを取る場合には、どのように塗装面積を算出しているのかを詳しく確認しましょう。

正確な見積りを出すにはきちんと図面から正確な㎡数を計算することが重要です。正確な計測を希望する場合は、CADで立体図面を製作して正確な塗装面積を出している業者に頼むと良いでしょう。

㎡(平米)表記で注意点

適当な計算で塗装面積の㎡(平米)数を出す業者もいる。正確な見積りを出すにはきちんと図面から正確な㎡数を計算することが重要。

2-3.坪表記と㎡(平米)表記はどちらが多い?

前述のとおり、坪表記の価格は消費者が概算を知る為にわかりやすいという事もあり、チラシやホームページなどでよく使用されます。対して、㎡(平米)表記は主に見積り書などで詳細な施工単価を示す為に利用されることが多いです。

㎡表記では消費者が価格の概算がわかりにくいために、チラシは坪表記で概算を提示し、詳細な見積りは塗装面積を測った後に㎡計算で出し直す業者もいます。

3. 外壁塗装の各工事項目の相場

外壁塗装では塗装費用の他にも、足場の設置、高圧洗浄、養生、下地処理などで単価が変わります。
この章ではそれぞれの工事項目毎の費用相場をご紹介いたします。

3-1.工事項目毎の費用相場

工事項目 相場価格
足場 600~800円/㎡
飛散防止ネット 100~200円/㎡
高圧洗浄 100~300円/㎡
ケレン作業 300~2,500円/㎡
養生 150~400円/㎡
付帯塗装工事 軒天 800~1,500円/㎡
雨樋 800~1,500円/m
破風板  650~1200円/㎡
雨戸 2,000~4,000円/枚
シーリング打ち替え 900~1,500円/m
シーリング増し打ち 500~1,000円/m
諸経費 現場管理費 1式 30,000~50,000円
廃材処理費等 1式 10,000~30,000円

※価格は業者によって変動いたします。

業者から出された見積りがこの表の価格から大きく異なる場合は、何故その価格になるのかを具体的に説明を貰うようにしてください。

高いだけでなく、安すぎる業者にも注意してください。安さには安さの理由があるはずです。安いけれど「赤字にならないように手を抜く」といった事もあります。

3-2.工事項目毎の相場で注意すること

 ■見積もりは項目ごとに詳細に出してもらう

mitsumori001

業者の中には見積りを外壁塗装一式◯◯円といった一式見積りで提出する業者もいます。このケースだと、何の作業にどれくらいの費用がかかっているのかわかりません。
必ず作業の項目別に見積りを出してもらうようにしましょう。

⑨見積書の例

また、項目別に出してもらった場合でも、材料代+工賃を合算した材工共の見積りではなく、材工別の見積りを出してもらうとよいでしょう。
材工別にすることで材料にいくら、人件費にいくらかかっているのかがわかる為、相場と比べやすく、不当な見積りを見ぬくことができるからです。
更に、必要な塗料缶が何缶かまで書いてあると、面積に対して必要な塗布量分の塗料を使用しているかがわかるため、透明性の高い見積りと言えるでしょう。

4.相場より高くなりやすい3つのケース

相場を調べてみて、業者から出された見積りが相場より高い場合もあるかもしれません。しかし、正当な理由で価格が相場から高くなる場合もあります。この章ではどのような場合に相場より高くなりやすいかという点についてご説明いたします。

4-1. 劣化が進行しており補修が必要な場合

外壁塗装を行なう前には、塗料がしっかりと吸着するように下地調整という作業を行ないます。下地調整とは、高圧洗浄で古い塗膜を落としたり、工具やサンドペーパーを使って錆を落とす作業の事です。
外壁の劣化が進行している場合、補修を含めた下地処理に手間がかかってしまう為に、下地調整費用が多くかかります。このようなケースでは、見積りが相場よりも高くなってしまう可能性があります。

参考として、劣化が進行している場合に必要になる、ケレン作業とシーリング補修の相場をご紹介します。

ケレン作業の相場

サビのケレン

ケレン作業は劣化の状態によってケレン1種から4種まで作業内容が異なります。外壁の劣化が進行しているほど費用が高くなります。

ケレンの種類 劣化の状態 作業内容 相場
ケレン1種 劣化がかなり進行しており、激しく腐食している ブラスト工法という強力な方法で下地を露出させる。一般的な塗装現場では行われません。 2,000円~/㎡
ケレン2種 劣化が進行しており、塗膜が劣化している 動力工具(サンダーなど)と手工具を併用して錆と旧塗膜を除去する。 1,500円~2,500円/㎡
ケレン3種 劣化してない塗膜(活膜)があり、部分的に錆が発生している 活膜を残しつつ、ワイヤーブラシやサンドペーパーなどを使って錆のみを除去する。 500円~1,200円/㎡
ケレン4種 錆はみられず、汚れやチョーキングが発生している程度 ワイヤーブラシやサンドペーパーなどを使って汚れや浮いた塗膜を除去する。 200円~400円/㎡

このように、外壁の劣化の状態によって行なうケレン作業が異なっており、費用も変わってきます。広範囲で劣化が進行している状態ですと、ケレン作業だけで高額になります。

シーリング補修の相場

73_シーリング充填

シーリング材とは水の浸入を防いだり、気密性を高めたりする為に、サイディングパネルの目地の間に充填される素材の事で、コーキングとも呼びます。
シーリングも塗装と同じように時間が経つにつれて劣化していきます。シーリングが劣化している場合は補修が必要になりますので、劣化状況、補修方法によって費用が高くつく場合があります。

シーリングの補修方法には主に打ち替えと打ち増しがあります。それぞれの作業内容と相場は次の表をご覧ください。

シーリングの補修方法 劣化の状態 作業内容 相場
打ち替え 劣化が進んでいる 既存のシーリングを除去した後に、新しいシーリング材を充填します。 900円~1,500円/㎡
打ち増し 劣化が少ない 既存のシーリング材は残しつつ、上から新しいシーリングを充填します。 500円~1,000円/㎡

相場では打ち増しの方が単価が低く、コスト的には安くなります。しかし、外壁が劣化している場合はシーリングも劣化している事がほとんどですから、外壁塗装のタイミングで一緒にシーリングの打ち替えを行なうことが望ましいです。打ち増しの方が費用は抑えられますが、劣化が進行していたのに安さを求めて打ち増しにしてしまって、シーリングの耐久性を下げてしまっては本末転倒です。

4-2. 隣家と近く足場が立てにくい場合など

下記のケースでは費用が割増になる場合があります。

① 隣家と近く足場が立てにくい場所がある場合は、足場がかけられず作業が行いにくい為に、費用が割高になる場合があります。

② 建物の形状が変則的な場合、足場が追加で必要になる為に、費用が割高になる場合があります。

③ 3階建の場合や屋根の勾配が急な場合、業者によっては追加の費用を請求される場合があります。

4-3. ハウスメーカーの外壁塗装

家を建てたハウスメーカーに外壁塗装をお願いしようと思っている方もいるかと思います。しかし、費用の面で言うとハウスメーカーは塗装業者に直接依頼するよりも高くなりやすいです。
ハウスメーカーの外壁塗装では、実際に施工を行なうのは下請けの塗装会社ですから、ハウスメーカーの取り分のマージンが上乗せされることになります。
ですので、同じ施工内容でも直接塗装会社に頼むよりも総額が高くなる可能性があります。

5.見積りが相場と違う=悪い業者ではない

ここまで、外壁塗装の相場を見てきましたが、使用した塗料や既存の壁の材質の違い、劣化の状況によっては相場より高くなる事もあることをお伝えしました。その他にも、業者によって価格が異なる理由としては、しっかりと手間を掛けて処理を行なっていることによって、手間賃(人件費)を高く設定している業者もいるでしょうし、逆に未熟なアルバイトを使って人件費を安くしている場合もあります。
ですので、一概に相場と違うから悪い業者とは言えません。大事なのは価格に見合ったサービスを提供してもらえるのかどうかです。見積りの妥当性だけでなく、良い業者を見極めるには価格以外でも判断しなければならないポイントがあります。そちらについては外壁塗装でトラブルを防ぐ『業者選びのポイント』の記事も参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか?この記事では外壁塗装の相場について説明しました。外壁塗装の相場や業者の見積りの出し方などを知ることで、安過ぎたり、高すぎる業者を判断できるようになったと思います。
是非この記事で学んだ事を参考に、あなたの外壁塗装を成功へと導いてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

外壁の汚れが気になってきたし、外壁にチラホラとひび割れも入ってるし、大丈夫なんだろうか?

実は外壁・屋根って定期メンテナンスが必要なんです。
外壁や屋根は住まいの中で最も風雨にさらされる部分のひとつ。
定期的な外壁・屋根のメンテナンスをしておかないと、ゆくゆくは雨漏りなどの大きなトラブルを引き起こしてしまいます。

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です。※一部、対応できない地域あり

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*

Array ( [0] => 7494 [1] => 8458 [2] => 336 )

ページトップ