プロが解説!外壁塗装にふさわしい天気は?/雨が降った時の対処法つき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
外壁塗装 雨の日

外壁塗装をする時に、天気は関係あるのか、雨が降っていても大丈夫なのだろうか、とお悩みではありませんか?
結論から申し上げますと、外壁塗装に適した天気は、「晴れていて湿度が低い」状態です。つまり、雨の日に外壁塗装はできないのです。
本記事ではなぜ雨だと外壁塗装ができないのか、外壁塗装の際に気をつけるべき天気状態、その他外壁塗装と天気の関係性で気になる点をまとめてお伝えします。

外壁塗装を行う際に気になる天気との関係性を詳しくお伝えいたします。ぜひ、参考にしてみてください。

1.雨の日の外壁塗装はNG!

前段でもお伝えしましたが、雨の日に外壁塗装は行なえません。
なんとなくイメージはできるかと思いますが、雨が降っていると塗料を塗っても乾かなかったり、塗料の乾燥前に雨が降った場合、塗料自体が雨で流れおちてしまったりするためです。

上記以外にも、雨が降る中で外壁塗装してしまうことにより、塗装当初は目に見えなくても後々発生してしまう不具合事象もいくつかあるのです。

また、雨が降っていない天気でも、気候条件によっては外壁塗装が行えない場合があります。

1-1.雨の日に外壁塗装をしてはいけない理由

前段にて雨が降っていると塗料を塗っても乾かなかったり、塗料自体が雨で流れおちてしまったりするということをお伝えしましたが、その他雨が降る中で外壁塗装を行ってしまうことによる不具合事象をご紹介します。

①塗料が水で流されてしまい、塗料本来の性能が発揮されない

塗料が水で少しでも流されてしまうと、一見ちゃんと塗装されているように見えても、塗料本来の性能(耐候性や遮熱性といった塗料に付与された機能)が発揮されなくなってしまいます。
なぜかと申しますと、外壁塗装の性能は塗料の膜圧(塗料を塗ることによりできる塗膜の厚み)によって変わるからなのです。
雨によってすべての塗料が流されるということがなかったとしても、一部でも流れてしまうと残念なことに外壁塗装による性能を十分に付与できないのです。

②後に塗膜が剥がれたり、ひび割れが生じたりする

これは雨水で塗料が乾燥しないうちに塗り重ねたことで後に不具合が生じてしまう事例です。塗りたて当初はそのようなことがなくても、後に塗膜が剥がれたり、塗膜にひびが入ったりし、外壁塗装としての機能が下がると同時に、外壁の見た目も損なうことになってしまいます。

③外壁塗装の仕上りが悪くなってしまう

こちらも見た目の話になりますが、塗装面に雨水が落ちることで見た目も水玉模様のようにまだらで汚くなってしまいます。
いくら塗装で外壁に機能付与ができたとしても、見た目が綺麗にならないのでは悲しいですよね。

以上3点が大きな不具合事例です。このようなことが起きないようにするためにも、雨が降る中での塗装は避けるべきなのです。

1-2.外壁塗装できない気候条件

雨の日は外壁塗装してはならない、ということはお分かりいただけたと思いますが、その他にどのような気候条件で外壁塗装してしまうと1-1に記載のような不具合事象が起こってしまうのでしょうか。こちらは、塗料メーカーの統一見解として決まっている条件があります。

塗料メーカーが出している製品パンフレットにも「施工上の注意点」として下記の条件では外壁塗装を避けるようにと記載されています。

・気温が5℃以下のとき
・湿度が85%以上のとき
・雨や雪が降っているとき
・外壁面が結露していたり霜が降りていたりするとき

また、使用する塗料によっては、ほかにも塗装が不可能な条件がある場合もありますので、そちらも併せて確認することをおすすめします。

逆に言えば、上記の条件下でなければ例え雨の降りやすい梅雨時期であっても、年中外壁塗装が可能ということなのです。

 

2.こんな天気の外壁塗装は注意

単純に雨が降っているときに外壁塗装できないのはわかった、ではそれ以外の微妙なライン、例えば外壁塗装前に雨が降りそうなときはどうしたらいいのか?途中で雨が降ってきたら?…そう思った方もいるでしょう。本章ではその「微妙なライン」について言及します。

2-1.外壁塗装前に雨が降りそうなとき、降ってしまったとき

まず外壁塗装を行う日に、今にも雨が降りそう…このまま外壁塗装に入って大丈夫なのか?という天気のときです。
ズバリ、そのような場合も外壁塗装は辞めておいたほうが良いです。1章でも申し上げた通り、雨が降ってしまって塗料が流れてしまう可能性を避けるべきだからです。

基本的に塗装業者は週間の天気予報をチェックするのも大切な仕事の一つであるため、業者の方から「明日(今日)は雨が降りそうなので工事を進めるのは控えます。」と連絡してくれますが、もしその連絡がなかった際はこちらから今日は外壁塗装はするのか、と確認するようにしましょう。

2-2.外壁塗装の途中で雨が降ってしまったとき

天気予報の精度は高まっていますが、100%当たるとは言い切れません。天気予報が外れ、突然雨が降り出すこともあるでしょう。その場合も一旦外壁塗装を中止してもらいましょう。
そして天気が回復し、また外壁が乾いてからもう一度塗り直してもらいましょう。雨が当たると塗料はいくらか流れてしまい、本来の外壁塗装としての性能を発揮できなくなってしまいます。しっかり塗装業者に対応してもらいましょう。

2-3.外壁塗装後に雨が降ってしまったとき

晴れているうちに外壁塗装を終わらせられたのはいいものの、その後雨が降ってしまったという場合です。
夕方頃に外壁塗装が終わり、翌日雨が降ってしまった、という場合は乾燥しているのでほとんど問題ないと思っていいでしょう。

注意すべきなのは、外壁塗装後1~2時間しか経っていないときです。まだ塗料が乾燥しきっておらず、雨で塗料が流れてしまう可能性が高いです。
より正確に乾燥時間を見極める方法として、塗料メーカーが出している製品パンフレットに「施工間隔(乾燥時間)」が記載されていますので、そちらも確認してみましょう。

こちらは実際の塗料パンフレットの一部です。

一例として下記のように書いてありますが、よく意味がわからない方のために解説いたします。

工程内:2時間以上
→同じ塗料を2回塗りする際、2回目を塗る前に2時間以上乾燥させる必要があるということ

工程間:2時間以上
→下塗(したぬり)の後に上塗(うわぬり)を塗装するのが規定の工程となっている際、下塗を塗ったあと2時間以上乾燥させて上塗を塗る必要があるということ

※上記の施工間隔は湿度50%、外気温25℃のときのものなので、外気温が高ければ乾燥時間は早まり、逆に低ければ乾燥時間は遅くなります。

外壁塗装後、1~2時間内に降雨があった場合、塗り直しの必要性を業者に確認してみることをおすすめします。

 

3.外壁塗装と天気に関するQ&A

3-1.工期が延びた場合の追加金額は発生する?

発生しません。

外壁塗装が天候に左右され延びるかもしれないということは業者にとってははじめからわかっていることです。また、週間天気を踏まえて(雨が降ることも考慮して)余裕を持ったスケジュール組みをしています。追加金額が発生するかもしれない等と言う業者はやめておいた方がよいでしょう。

3-2.雨が降っていてもできる外壁塗装の工程(作業)はあるの?

雨が降っていてもできる外壁塗装の工程は下記です。

・養生シート(塗料がまわりの車などにつかないようにするもの)の設置:外壁塗装前に行う
・足場(高いところで職人が作業を行うために仮に組み立てた構造物)の組み立て:外壁塗装前に行う
・高圧洗浄:外壁塗装前に行う
・養生シート、足場の撤去:外壁塗装後に行う

補足説明からもお分かりのように、上記の工程は外壁塗装の最初か最後にしか発生しませんので、それ以外の工程(実際外壁に塗装を行う工程)で雨が降ってしまった場合は工事自体を休みにするしかありません。

3-3.外壁塗装におすすめの天気(時期)はあるの?

ずばり、春・秋の暖かくて湿度の低い時期です。しかし、春秋はその季節柄「塗装シーズン」と呼ばれており、塗装業者が最も忙しくなる時期でもあります。よって人気の業者のスケジュールがなかなか空いておらず、希望の予定で外壁塗装工事を始められなかったりします。

また1-2でもお伝えしましたが、梅雨だからといって絶対に外壁塗装ができないということではありません。雨の日を避けて、乾燥時間をしっかりと取ることができれば外壁塗装はできます(雨の日が続いて工期が延びる可能性は高いですが)。

こちらに関しては別記事で詳しく記載しておりますのでこちらもご覧ください。

外壁塗装にベストな季節を判断するための基礎知識

 

4.雨の日に外壁塗装する塗装業者には気をつけよう

最後に、塗装業者について注意すべきことです。残念ながら、雨の日に無理やり外壁塗装工事を進めてしまおうとする業者も少なくありません。

なぜ、そのようなことをするのかと言いますと、工期をできるだけ遅らせたくないという理由があるからです。雨で工事を休みにしてしまうと、その分他工事にも影響が出ますし、工事が終わらないことには売上も立たないため利益も生まれません。このように塗装の仕上りを完璧にして施主に喜んでもらうということよりも、自身の会社の利益を第一優先に考えてしまう業者もいるということなのです。

このような業者に当たらないためにも、契約前に下記の点を確認し納得した業者に外壁塗装をお願いできるようにしましょう。

・雨等で工期が延びた場合の追加料金は発生しないか
・雨が降った場合、降りそうな場合等は外壁塗装はしないようにしてもらえるか
・雨が降ることを想定して余裕をもったスケジュールを組んでもらえるか

 

5.補足情報 雨でも塗装できる塗料のご紹介~関西ペイント アレスダイナミックシリーズ~

補足情報としまして、2015年より関西ペイント社から販売されている、どんな天気でも塗装できる業界初の「アレスダイナミックシリーズ」という塗料のご紹介です。

こちらのシリーズには下塗材である「アレスダイナミックフィラー」と上塗材(仕上材)である「アレスダイナミックTOP」があります。
こちらどちらも主材と強化剤があり、晴れの日には主材のみ、雨が降ってしまっている日や雨が降ったあとに外壁面が濡れてしまっている場合には、強化剤を混ぜることによって塗装できる塗料です。

まだ新商品のため実績は少ないですが、湿度85%以下、含水率8%以下なら天気に関係なく外壁塗装ができるため、今後計画通りの工事・工期の短縮に期待ができる画期的な塗料です。

  

(製品カタログ画像出典:関西ペイント株式会社)

 

まとめ

外壁塗装と天気の関係性は意外にも深く、雨の日に外壁塗装はできない・外壁塗装してしまうと様々な不具合事象が起きてしまうことがわかっていただけたかと思います。

本記事をご参考に、外壁塗装を行ってはいけない天気・気候条件を頭に入れた上で、皆様が満足のいく外壁塗装工事を実施できれば幸いです。

雨の日に外壁塗装はできる?外壁塗装工事の雨の影響について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) 町名まででも結構です。
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

今すぐ見積りが欲しい方へ!
簡単無料見積り!

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


見積りに一切費用はかかりません。安心してお申込み下さい。

 

簡単無料見積り

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

この記事に関するキーワード

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ