雨の日に外壁塗装はできる?外壁塗装工事の雨の影響について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
雨

「外壁塗装は雨の日にもできるの?」そんな疑問を持った方も多いのではないでしょうか。
雨の日に外壁塗装工事を行うと、塗料や工事の品質などにさまざまな不具合が出てくる可能性があります。
雨の日にどのような工事ができ、どのような工事ができないのか、またどのような問題が出てくるのかをしっかりと確認しておきましょう。

1.雨が降った場合の塗装工事への影響

この記事では、雨の日に外壁塗装工事を行うと、塗料の品質にどのような影響があるのか、雨が降ると工事の日程はどうなるのかといった塗装工事でよくある雨に関する疑問を解決していきます。
外壁塗装工事をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

1-1. 基本的には雨の日に外壁塗装工事はできない

雨の日でも外壁塗装工事ができるのかというと、基本的に雨の日には外壁塗装工事はできません。

国土交通省公共建築工事標準仕様書や塗料メーカーのカタログに
「気温5度以下、湿度85%以上の場合は塗装を避けてください。」という記載があります。
なぜ湿度が85%以上の場合、塗装を避けなければいけないのでしょうか?
それは、湿度が85%以上だと塗料に雨や結露などの不純物が混ざってしまい変色や塗膜の形成不良などを起こす可能性があるからです。
また、「外部の塗装は,降雨のおそれのある場合及び強風時には,原則として,行わない。」という記載もあります。

外壁塗装工事に水性の塗料が使われることが多いという点も雨の日に塗装工事ができない理由の一つです。
湿度の高い雨の日は、直接雨にあたらずに塗装作業ができても、塗料が乾燥しにくいという問題点があります。作業効率、塗装の仕上がりともに悪くなってしまうのです。
塗料が油性の場合でも、塗装した部分に雨があたってしまうと、工事をやり直さなければいけません。

では、工事の安全面から見ると雨の日の工事はどうでしょう?
雨が降ると足場が滑りやすくなるため、作業員はとても危険な状態で塗装作業をすることになります。
特に仮設足場を組んで作業をする場合には雨で転落する危険性があるのです。

このような理由から、基本的には雨の日は外壁塗装工事は行いません。
そのため塗装業者は、長期の天気予報をふまえて工事のスケジュールを組んでいます。

例外として、降雨時または雨の直後など条件によっては塗布できるような塗料も発売されています。
関西ペイントの下塗り材「アレスダイナミックフィラー」は特殊な樹脂成分を含むことで、雨などの悪条件下でも建築物の外壁に塗料がなじむようにした塗料です。

1-2. 途中で雨が降った場合の塗装工事への影響

途中で雨が降ってしまうと塗装工事の品質が落ちたり、さまざまな影響がでる可能性があります。

例えば

・塗料が雨で流れてしまう。
・塗膜剥離やひび割れなどの劣化が起こる可能性がある。
・塗料に雨が落ち、まだらな仕上がりになる。
・光沢が低下する。

というような問題が出てくる可能性があります。

また、雨の日に工事を行ってしまった結果

・塗料が流れてしまった。 ⇒ 流れた塗膜を見切りの良いところまで除去して再塗装
・光沢(ツヤ)が低くなった、またはツヤむらになった。 ⇒ 上から再塗装
・塗料が水を吸って膨れてしまった。 ⇒ 膨れた塗膜を見切りの良いところまで除去し再塗装

というように再塗装をしなければならなくなったという事例もたくさんあります。

雨天時の塗装により起こる可能性がある不具合

07-剥がれ

剥離

⑧_(1)モルタル外壁ひび割れ3mm以上

ひび割れ

白化現象

白化・白濁

ではどの程度の雨が降ってきたら塗装工事を避けるべきなのでしょうか?
国土交通省公共建築工事標準仕様書に記載されている「湿度85%以上」を目安にしたらいいでしょう。
そのためにも現場に湿度計を置いているか、雨の後の再塗装などきちんとした対応のできる業者かどうかを見極めておく必要があります。

1-3. 雨天の場合は工期が伸びる

塗装業者は、工期中に雨が降る日があると想定して工期を決めています。しかし雨が続いてしまうと、どうしても工期は伸びてしまいます。
足場やシートでおおわれた家の状態が長くなってしまうため、梅雨の時期はできるだけ避けた方がいいでしょう。

ちなみに、雨の日に塗装ができない場合、塗装業者は休んでいるのでしょうか?
休みになる場合もありますが、足場の設置や高圧洗浄など雨の日でもできる作業もあります。

2.施主として雨天時に対応すべきこと

2-1.業者が作業をしているかどうかをチェックする

「雨でもすぐに乾く良い塗料を使っているから問題ない」と雨の中でも作業をしてしまう業者もいます。
これには工期を出来るだけ遅らせたくないという理由があるからです。
ただ、雨でぬれた足場というのは滑りやすくとても危険です。
塗料や工事の品質にも影響がでてくる可能性があるため、作業は中断するようお願いしてください。

2-2.業者と状況や今後の対策について確認する

塗料が乾ききらないうちに雨が降ってきた場合、雨が上がった後に塗装面に異常や不具合がないかを自分の目できちんと確認しておきましょう。
工期の日程などにどれくらい影響があるのか、不安なことや気づいた点があればすぐに業者に相談しておくことが大切です。
優良な業者であれば、必ずしっかりとした対応をしてくれるはずです。

3.まとめ

雨の日の外壁塗装工事は塗料に影響がでたり、工事の品質が落ちてしまったりといったさまざまなリスクをともないます。
このようなリスクを回避するためにも天気予報が雨の場合や、急に雨が降ってきた場合はできるだけ外壁塗装工事を行わないというのが正しい選択となります。
塗装業者としっかり打ち合わせをして満足のいく仕上がりにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

外壁の汚れが気になってきたし、外壁にチラホラとひび割れも入ってるし、大丈夫なんだろうか?

実は外壁・屋根って定期メンテナンスが必要なんです。
外壁や屋根は住まいの中で最も風雨にさらされる部分のひとつ。
定期的な外壁・屋根のメンテナンスをしておかないと、ゆくゆくは雨漏りなどの大きなトラブルを引き起こしてしまいます。

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です。※一部、対応できない地域あり

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ