リフォームとリノベーションの違いは?検討する際のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リフォーム リノベーション

古くなってきた我が家を改修して今風の家に変える。中古住宅を購入してから内装を自分好みのおしゃれなものにする。

新築物件を購入するのが予算的に難しい場合、このような手段を考える方は多いと思われます。そこで出てくる2つの選択肢が、「リフォーム」と「リノベーション」。
よく出てくる2つの言葉ですが、その違いについて、実はなんとなくしか分からない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、混同しがちな2つの言葉の意味やそれぞれの施工事例、検討する際のポイントなど、あなたが理想の暮らしを実現させるプランを立てるための判断材料になるような情報を紹介していきます。

1. リフォームとリノベーションはどう違う?

古くなってきた家を改修する「リフォーム」と「リノベーション」について、いったいどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、そもそも両者がどんなものなのか、それぞれの費用や工期の目安などについて紹介していきます。

1-1.悪いところを治すのがリフォーム、新たな価値を付加するのがリノベーション

まずはリフォームとリノベーションという言葉の、それぞれの意味について紹介します。

英和辞典を開いてみると、それぞれの意味はこのように書かれています。

リフォーム(reform) 改善する
リノベーション(renovation) 修復、革新

リフォームには「悪い状態のものを改善する」という意味があり、壊れたり老朽化したりした箇所をピンポイントで交換することを指します。一般的にリフォームは限られた範囲にのみ行い、バス・トイレ・キッチンといった水回りの設備の交換や外壁の再塗装、床の張り替えなどがこれにあたります。

それに対してリノベーションは「革新」「刷新」などの意味を持ち、間取りや冷暖房設備を変更するなどデザイン性や暮らしやすさを意識した大規模な改修を行います。古い家をリノベーションしてモダンな住環境を実現する、家族の成長に合わせて部屋の数を変更したりバリアフリー化をするなどして、住宅に新たな価値を付加することが可能です。

以上をまとめると、

住宅の悪い所を治す小規模な改修がリフォーム、住宅内部をオーダーメイドでまるごと作り替えてしまうのがリノベーションであると言えるでしょう。

1-2.リフォームの費用・工期の相場

それでは、それぞれの費用や工期について説明していきたいと思います。

まずリフォームについてですが、費用や工期はどの部位を改修するかによって異なります。以下に主なリフォーム工事の費用や工期をまとめたものがありますので、ご参考にして下さい。

改修箇所 費用相場 工期
外壁・屋根 100~150万円 2週間前後
キッチン 100~150万円 10日前後
浴室 50~100万円 1~2週間前後
階段 30~50万円 3~4日間(手すりの設置だけなら1日)
フローリング 15~30万円(6帖あたり) 2~3日間

また同じ箇所でも、設備を交換するだけなのか全体的な改修を行うのか、どのくらいのグレードの素材を使用するのかなどによって費用や工期は大きく異なります。改修したい箇所があれば、業者に相談するなどして情報収集をすることをおすすめします。

さまざまな箇所のリフォーム費用について解説した記事もありますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

1-3.リノベーションの費用・工期は業者と相談を

続いてリノベーションについてです。

リノベーションは全てオーダーメイドであるがゆえに、㎡あたりの相場がわかりにくくなっています。とくに中古住宅を買ってからリノベーションする場合ですと、住宅がどの程度の古さなのか、どんな素材を使うのか、どこまで手を加えるのかによって費用も工期も大きく変動します。業者に自分たちの希望を細かく伝え、相談しながら費用などを折り合わせていきましょう。

また、後ほど紹介する事例集で価格帯ごとにリノベーション事例をまとめていますので、検討する際のご参考にしてください。

2.あなたの理想の暮らしはどれ? リフォーム&リノベーション事例集

それでは本章から、リフォームとリノベーションそれぞれの事例について写真付きで紹介していきたいと思います。これからの暮らしについて考える際の、参考になるものであれば幸いです。

2-1.部分リフォームで、長年住んだ家を定期メンテナンス

まずは部分リフォームの事例についていくつか紹介します。

「外装の定期的な塗替えで、何十年経っても住める家に」

費用:約100~150万円

【Before】

【After】

大切なお家の寿命を延ばすためには、塗装による外壁・屋根の定期的なメンテナンスによって内部への水の浸入を防ぐことが重要です。また保護としての機能だけでなく、色の組み合わせや模様次第で外観をガラッと変えることも可能です。外装工事は決して安い買い物ではありませんので、色を変えたい場合は納得できるまでとことん業者と相談するべきでしょう。

外壁リフォームについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

「フローリング・クロスの張替えで、和室から洋室に大幅チェンジ」

費用:15~30万円(部屋の広さによって変動します)

お部屋の雰囲気をガラッと変えたいならフローリングとクロスの張替えを行いましょう。このように和風の畳張りから洋風のフローリングに変えることも可能です。壁紙のデザインを変えるだけでも印象が全く違いますので、業者に自らのこだわりをしっかりと伝えましょう。

フローリングのリフォームについては、こちらの記事でも詳しく解説されています。

「キッチンリフォームで毎日の料理をもっと楽しく」

費用:約100~150万円

【Before】

図5

【After】

図6
※画像出典:株式会社シアーズホーム(住宅リフォーム専門店 jobs)

キッチンは、主婦の皆様にとって最も関心が高いリフォーム事例の一つではないでしょうか。収納をもっと増やす、IH調理器具の設置、広々としたシンク、アイランド型のキッチンなど、叶えたい理想は数多くあると思います。主婦にとっての城ともいえるキッチンにこだわりを反映させるためにも、メーカーごとの事例はしっかりとチェックしておきたいところです。

キッチンのリフォームについては、こちらの記事で詳しく解説されています。

「バリアフリーにも配慮した、温かみのある浴室にリフォーム」

費用:50~100万円程度

浴室をユニットバスにリフォームした事例です。床を滑りにくくし、浴槽の高さもまたぎやすいように下げるなど、バリアフリーに配慮した仕上がりになっています。

浴室のリフォームに関しては、こちらの記事で詳しく解説されています。

「玄関ドアのリフォームで、防犯性能をアップ!」

費用:30~50万円程度

玄関ドアをリフォームする方もいらっしゃいます。ドアを最新のものに変えることで住宅の第一印象を変えるだけでなく、防犯性や断熱効果を高めることも可能です。
玄関ドアのリフォームについては、こちらの記事で詳しく解説されています。

「子供やお年寄りにも快適な、安全な階段にリフォーム」

費用:20~50万円程度

年々昇り降りが辛くなってくる階段ですが、段数を1~2段程度増やすことで勾配を緩やかにすることが可能です。この事例では手すりの設置も行い、より安全を意識したリフォームを行っています。

階段のリフォームについては、こちらの記事でも詳しく解説されています。

 

2-2 リノベーションで自由に描く「自分たちだけの家」

続いてリノベーションの事例についてです。リノベーションは基本的にオーダーメイドで価格の相場がバラバラなので、ここでは価格帯ごとに幾つかの事例を紹介させて頂きます。

「子供の成長に合わせて部屋の数を調整できる、開放的でおしゃれなマンション」

リノベーション費用:82万円

施工業者:ミサワホームイング株式会社

【Before】

【After】

リビングダイニング

広々としたリビングとダイニングを手に入れるために間仕切りを取り払いました。撤去した扉や幅木はご実家で保管してもらい、子どもの成長に合わせて再び仕切りをもとに戻すことも出来るようになっています。細部までこだわりぬいたインテリアのコーディネートも相まって、中古マンションとは思えないおしゃれな仕上がりに。費用を安く抑えるため、このようなリノベーションをしやすい物件を最初から選んでいることもポイントです。

 

「愛猫との暮らしにも配慮した、高級感あふれるシックな住空間」

リノベーション費用:314万円

施工業者:東京ガスリモデリング株式会社

【Before】

【After】


画像出典:https://www.homes.co.jp/renovation/c-48070/case/60112/

間仕切りを取り払い、開放感のあるリビングに。また色彩をダークブラウンに統一し間接照明を設置するなど、住宅の雰囲気を海外風のシックなものに刷新しています。さらにペットの猫のために何かしてあげたいという施主様のご要望に応え、壁にはキャットステップを取り付けています。このように内装や家具までトータルにコーディネートすることで、理想的な住空間に生まれ変えることが可能です。

 

「3LDK→1LDKに。こだわりを実現した夫婦2人だけの空間」

リノベーション費用:710万円

施工会社:株式会社武市ウインド名古屋

【Before】

【After】

キッチン


画像出典:https://www.homes.co.jp/renovation/c-7212/case/38476/

山小屋を意識した個性的なお家にリノベーション。築35年の中古マンションをあえて選ぶことで、リノベーションに掛ける予算を増やすことができました。部屋数が多いファミリー向けのマンションを一度スケルトンにしてから、広いリビング・ダイニングと寝室のみの1LDKに一から作り直しています。このように大規模なリノベーションであっても、住宅を選ぶ際の工夫次第で予算内に収めることが可能です。

 

「中古の戸建住宅をリノベーション。笑顔があふれる明るい住まいに」

リノベーション費用:1200万円

施工会社:G-FLAT株式会社

【Before】

リビングダイニング

【After】

リビングダイニング


画像出典:https://www.homes.co.jp/renovation/c-32970/case/36711/

中古の広々とした戸建住宅をリノベーションし、理想の暮らしを実現している事例です。インテリアを扱う仕事をされていた施主様の「こだわりのインテリアが似合う住まいを」というご要望に応えるため、綿密な打ち合わせの末に完成しました。キッチンからリビング全体が見守ることができるようになっており、将来子どもができた際にも安心です。また無駄な壁を全て取り除き、雰囲気を明るいものに一新しています。

 

3. 業者に依頼する前に知っておくべき「ウラ常識」

リフォームとリノベーションの施行事例について、ご覧になって頂けましたか?理想の暮らしを実現するイメージは持てましたでしょうか。

実は、実際に業者に問い合わせる前に知っておくべき「ウラ常識」というものがいくつか存在します。ご自宅の改修、または改修を前提に中古住宅を購入する前に、これから紹介する知識を頭に入れておくことをおすすめします。

3-1 中古住宅のリフォーム&リノベーションで、理想の土地に安く住む!

リフォームやリノベーションを前提として中古住宅を買うことのメリットとして、「住宅の立地についての選択肢が増える」というものがあります。通勤・通学に便利な駅の近くに家を購入するとなると、土地代を含めた費用はかなり高くなります。大都市であればあるほど、予算内に収めることは難しくなるでしょう。しかし、築年数の古い中古住宅を買って改修することで、全体的な費用を安く済ませることが可能です。

ここで、中古マンションを改修することによって費用を抑えることに成功した事例を紹介します。

 

「大阪市内の築35年の中古マンションをリノベーション」


画像出典:https://www.homes.co.jp/renovation/c-23904/case/26415/

市内で通勤が楽なエリアに安く住むため、こちらの事例では築35年の中古マンションをリノベーションすることで費用を抑えています。

大阪市の新築マンションの価格相場(70㎡あたり)が約3800万円であるのに対し、中古マンションでは約3100万円。どの程度改修するかにもよりますが、リフォームやリノベーションの費用を加えても、新築物件を購入するよりも安くすることができます。また、築年数が古い物件であればさらなるコストカットが期待できますし、インテリアの提案まで含めたリノベーションを行えば、より安く理想の暮らしを実現することができるでしょう。

 

3-2 いくつもある理想には「優先順位」をつけましょう

新しい暮らしのプランを立てるにあたって、理想は挙げていくときりがないと思います。しかし、あれもこれもとすべての夢を叶えて行くと、予算がいくらあっても足りない……といった状況に陥る可能性もあります。理想と現実のバランスを大切に、業者と相談しながら予算との折り合いを付けて下さい。

予算を抑えることを重視するのであれば、気になる箇所だけをピンポイントでリフォームするのがいいでしょう。全面をフルリノベーションするとなるとどうしても費用はかさみますし、本当に必要な箇所だけをリフォームすれば、機能面においては困ることはありません。実現したい理想に優先順位を付けて、何が必要かをピックアップしてみることをおすすめします。

また、リノベーション済みの中古住宅を買うという手段もあります。思い描いた暮らしをすべて実現するという意味では難しいかもしれませんが、通常よりかなり安く新築同然の家に住めるとなると非常に魅力的なのかもしれません。選択肢の一つとして、頭に入れておいていただければと思います。

 

3-3 話題のリフォーム&リノベーション会社4選

・株式会社インテリックス

キャプチャ

ホームページ:http://www.intellex.co.jp/

東証一部上場の老舗。日本におけるリノベーション産業の礎を築いたとも言える会社で、信頼と実績に関したはピカイチだと言えるでしょう。3社ある関連会社が一体となって、物件の購入からリノベーションまでを一貫して提案することができるのが魅力です。

 

・株式会社フレッシュハウス

fle

ホームページ:https://freshhouse.co.jp/

損保ジャパン日本興亜ホールディングスの大手リフォーム会社。浴室やキッチンなどの部分リフォームからフルリノベーションまで幅広く行っており、全国にショールームもあります。特に東日本においては成約件数1位と、実績のある会社だと言えます。

 

・リノベる株式会社

12

ホームページ:https://www.renoveru.jp/

2010年に創業した、今最も勢いのある会社の一つが「リノベる」。HPが充実しているだけでなく、全国でショールームやセミナーなども運営しています。将来的にリノベーションを検討している方は、是非一度出向いてみることをおすすめします。

 

・株式会社ブルースタジオ

33

ホームページ:http://www.bluestudio.jp/

「細部までこだわった、個性的なデザインのお家に住みたい」という方におすすめの会社。「自由で楽しい空間をつくる」をテーマに掲げ、リフォーム&リノベーション業界の先駆け的存在として個性あふれる暮らしを提案しています。また購入だけでなく賃貸サービスも行っており、まだ持ち家を検討していないという方も一度HPを覗いて見るといいかも知れません。

 

まとめ

本記事ではここまで、混同しやすい「リフォーム」と「リノベーション」の違い、施工事例や心得ておくべきポイントまでを紹介してきました。オーダーメイドで理想を叶えるおしゃれな家に住みたいという方、本当は新築がいいけど費用は安く抑えたいという方。そんな皆様のご参考になるような記事であったならば幸いです。

この機会にもう一度、あなたの理想の暮らしを実現するプランについて考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

■タイプ (必須)
戸建てアパート・マンションその他

■ご要望 (必須)
無料見積り無料診断

■お名前 (必須)

■お電話番号(必須)
希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。

■郵便番号
入力いただくと下記に自動で住所が入ります。

■ご住所(必須)
町名まででも結構です。

■メールアドレス (必須)

■ご希望の返答方法
電話メール

■診断希望日(診断希望の方)

ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。


全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

Twitter・RSSでも購読できます

Array ( [0] => 28854 [1] => 3122 )

ページトップ