老後のためのリフォームで必要な3つの視点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バリアフリー リフォーム

「そろそろ老後に向けたリフォームを考えないといけないかな」「近い年代のひとがリフォームをしたと聞いて気になってるけど、老後に向けてどんなリフォームをすればいいかわからない」そんなお悩みを抱えていませんか?

ずばり申し上げますと、老後のためのリフォームは早いに越したことはありません。いつ起こるかわからないお住まいでの事故を防ぐため、できる限り早めに障壁となりそうなものを取り除いていた方が安心できますし、何より高齢になってから大掛かりなリフォームをするのは、経済的にも、身体的にも非常に大変です。ただし、ただなんとなく手すりを設置しても意味がありません。必要のない箇所にまで手すりを付けてしまい、むしろ生活の邪魔(新たな障壁)となってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、老後のためのリフォームには、家の中にどんな障壁があるのか知り、その障壁を無くすことが肝要になってきます。歳を重ねるにつれて、今までなんとも思っていなかった箇所が障壁と感じるようになることも考えられます。

そこでこの記事では、歳を重ねるにつれて気になってくる部分を場所をどのようにリフォームしたらいいのか、事例を3つの視点に分けてご紹介いたします。事例と現在のお住まいを比較してみて、将来的に困りそうにないかリフォームを検討する参考になればと思います。

1.”バリアフリー”の視点から見たお住まい全般のリフォーム事例

バリアフリーとは、老若男女問わず、日常生活におけるさまざまな障壁を取り除くことを指します。障害を取り除き、小さな子供からお年寄りまであらゆる年代の人がストレスなく安心して使えるようにするのです。つまり、老後に向けたリフォームは、「お住まいのバリアフリー化」に内包されているといえます。

そこで、まずバリアフリーの視点から老後に向けたリフォームを見ていきましょう。

1-1.段差をできる限りなくす

お住まいには大小含めて、いたる箇所に段差があるかと思います。リフォームの際に、そのリフォーム箇所に段差がないかチェックしておくなど、少しずつでもいいので、できる限り段差をなくしていくようにしましょう。つまづきによる転倒事故を未然に防げますし、仮に車椅子での生活になっても安心です。それから、段差をできる限り減らしておくことで、結果として手すりを設置しなくて済む場合もあります。メーカーによっては、段差をなだらかにしたりレール等の隙間を埋めたりできる段差解消部材を販売・設置しているところもあり、大掛かりなリフォームを行なわずに段差をなくす方法もあります。

段差をなくす際には、埃が溜まりやすいレールも減らしておくと後々掃除が楽になるのでおすすめです。

また、戸建てにお住まいで、玄関から室内に上がる際に30センチほど段差がある方は、踏み台を置いて、段差を分割するといいでしょう。それでも、ふらつくなど、上り下りに不安があれば、手すりも設置しておくと安心です。通販で踏み台を購入することもできますが、しっかり固定するようにしてください。動いたり滑ったりすると、非常に危険です。

段差が10センチ程度で玄関の広さに余裕があれば、スローブを設置してもいいでしょう。広さに余裕がなくとも、持ち運びができる、可動式のスロープもあります。

 

1-2.手すりは必要な箇所のみに!手すりをつける可能性が高い内壁の補強をしておくと安心

一般的に手すりがあったほうがいい場所としては、浴室や階段などの転倒しやすかったり身体の向きを変える必要のある箇所があげられます。

しかし、「手すり」と一言でいっても、時々によって便利な場所、むしろ邪魔になってしまう場所が変化していきますし、握りやすい形状や設置の高さも人によって異なってきます。手すりの設置は、必要な箇所を吟味して慎重に行なうようにしましょう。

いま特に設置の必要性はないが気になるという方は、手すりをつける可能性が高い階段や浴室等の壁に補強下地を入れておいてもらうといざ手すりが必要になった際に安心です。手すりをつける壁には強度が必要だからです。

 

1-3.ドアを引き戸にしておけば開けやすい&空間を広く使える

玄関や部屋のドアを引き戸にしておくと、杖でも車椅子でも開閉がしやすく、開き戸と比較して出入りのもたつきが軽減されます。風などで勢いよく扉がしまってしまう心配も要りません。間口は広めにとっておくと、さらに良いでしょう。大きな扉でも簡単に開閉できる上吊りタイプが、使い勝手がよくおすすめです。下に敷居やレールが必要ないため、つまずく心配もなく掃除も楽になります。

それから、開き戸と違い開け閉めのためのスペースが扉の前後にいらないため、玄関やトイレなどの狭い空間も最大限広く使えるようになります。

 

1-4.照明をLEDにすれば交換の手間が省け、怪我のリスクを軽減!

7de933e30fcfdd2a724854ce7aca6bc9_s

LED照明は、従来の蛍光灯や白熱電球と比較して消費電力が少なく、さらに非常に長持ちします。長持ちするということは電球交換の手間が少なく済み、その分高所での作業が不要になるため、いずれはしておきたいリフォームです。

また、年々ものが見えづらくなってくるため、照明を変える際には明るいものを選んでおきましょう。ただ、寝室や廊下などは、普段使いの明るい照明とは別に、足元をうっすら照らしてくれるような、目に優しい明るさに切り替えられるタイプを選んでおくと便利です。夜中にトイレに行くことが増え、真っ暗ななかスイッチを探して歩き回るのは非常に危険だからです。メーカーによっては、リモコン操作で照明をつけたり消したりできるタイプのLED照明も販売されていますので、そういったタイプを選ぶのもいいでしょう。

 

1-5.ドアやサッシ、水道などの取っ手は大きく、握りやすく

歳を重ねていくにつれて握力が低下し、物を掴みにくくなっていきます。握ってまわすタイプの蛇口やドアノブは、つかみやすいレバー式に取り替えておくことがおすすめです。

そして見落としがちなのが、サッシや、タンスなどの収納家具です。細いフチに指をかけて開閉するタイプをよく見かけると思いますが、そちらも年々開け閉めが大変になってきます。リフォームの際には、大きなハンドルの付いたものを選んだり後付のハンドルをつけたりと意識しておくといいでしょう。

 

2.”利便性と安全”の視点から見た水回りのリフォーム事例(キッチン・お風呂場・トイレ)

次は、”利便性と安全”の視点からキッチンやお風呂場、トイレといった水回りのリフォームを見ていきましょう。日常的に使う場所であるためストレスなくスムーズに扱える利便性、使いやすさも大切ですが、同時に転倒、火災などといった事故の危険性が高い場所でもありますの、事故を未然に防止する工夫も重要になってきます。

2-1.キッチンは使いやすさと火事対策を念入りに検討

腰が曲がってくると高い作業台では、調理が大変になってきますので、身長にあわせて低めに設計するといいでしょう。それから、収納に関しては、低い場所は奥のものがとりやすいように、高いところは軽く引っ張って全体を見れるように、スライド式の戸棚がおすすめです。近年では、軽い力でスムーズに開閉できるものや、間違えて勢いよく閉めても、ゆっくり静かに閉まるように設計されたものも販売されています。床下収納は、取り出しの際に腰に負担がかかるようになるため、やめておいたほうが無難です。

また、ガスの元栓を閉め忘れた、鍋やヤカンを空吹きしてしまったなどの”うっかり”による火事や怪我なども多いですので、オール電化またはIHクッキングヒーターに切り替えるのもいいでしょう。機能は、シンプルで掃除が楽なものを選びましょう。

パナソニック 「リフォムス」に採用されているスライド式の戸棚。フルオープンで奥のものまで簡単に取り出せます。

detail_w_kz-w573s

パナソニック「ビルトインタイプWシリーズ」。切り忘れて最終ボタン操作から一定時間がすぎたり、空焚き状態が続くとブザーでお知らせし、自動的に通電を停止する機能といった安全機能が多数ついています。

 

2-2.浴室は温度差がないように工夫を!

heat_shock_roujin

暖かい部屋から寒い廊下にでて、さらに裸になって浴室へ、そして熱いお風呂に入るといった急激な温度変化は、血圧の上昇や心拍数の増加など、ヒートショックと呼ばれる現象を引き起こしてしまいます。最悪の場合、脳卒中や心筋梗塞などによる突然死に繋がります。そのため、浴室の外壁や床、天井に断熱性を高めるリフォームをしたり、浴室暖房をつけたりと、できる限り温度差が出ないようにしましょう。タイル張りなどの在来工法と呼ばれる、従来のお風呂は特に冷えやすいやめ、断熱性の高いユニットバスにリフォームするのも一つの手です。ユニットバスについて気になる方は、こちらの記事をご参考ください。

近年、バリアフリーの工夫を施された浴室もたくさん販売されているため、温度差を減らす工夫とあわせて、床の段差がないかや浴槽に無理なく入れるか(またぎの高さが適切か)、滑りにくい材質かどうかもチェックしておきましょう。

お風呂のバリアフリーについて、より詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考ください。

 

2ー3.洋式のトイレで快適に

a6b42351acdc09ca15bfa0bbc3fc4f11_s

かがむ、立ち上がるという動作が困難になる、かつ転倒の危険性も高まるため、洋式のトイレにリフォームしておくことをおすすめします。その際には、冬でも便座があたたかい機能や自動での便器内洗浄、お尻の乾燥機能等もあるものを選んでおくといいでしょう。今は不必要に思えても、いずれはタンクのレバーを動かしたり、トイレットペーパーを細かくちぎったりといった動作が大変になってきます。

また、トイレは非常に狭い空間です。できる限りゆとりをもたせて移動を楽にするため、ドアは引き戸がおすすめです。

トイレのリフォームについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

※夜中にトイレに行くことも増えるので、寝室(ベッド)からトイレまで通路はできる限り真っすぐに、できる限り近くに設置するのが理想です。

 

3.”普段の生活”から見たリビングなど各種部屋のリフォーム事例

最後の視点は、料理をする、トイレに行く、寝るといった”普段の生活”です。歳を重ねると、いま何気なくこなしている普段の生活(行動)が大変になることもあります。どこかしらリフォームをする際に、これからご紹介する2つの事例を頭にいれて見直すと最終的により快適なお住まいになりやすいと思います。

3-1.1階で全ての生活をこなせるようにしておく

3c15be3e5877230c2e22cca2cb7ff594_s

歳を重ねるごとに、2階への上り降りが大変になってきます。転落事故の危険性なども考えると、最終的にキッチン、トイレ、お風呂、そして寝室を1階にまとめて、1フロアで生活が完結できるようにしておくことをおすすめします。もし仮に、車椅子生活になったとしても柔軟に対応できます。

寝室をいますぐ1階に移すといった必要はありません。1フロアで生活を完結させるために、どこを寝室にしようか、2階のトイレはリフォームすべきかなど、リフォームを検討する際に一度この視点で振り返るようにするといいでしょう。

 

3-2.普段はコンパクトでも、時に大人数になることを見越した工夫を

普段は夫婦二人暮らしでも、ときどきは子どもたちが孫を連れて帰ってきたり、友人たちが遊びに来たりと大人数になることがあります。1階だけで生活ができるよう部屋を集中させ、行動範囲をコンパクトにする一方で、2階を客間にして泊まれるようにしたり、居間に広めのダイニングテーブルを購入しておき、普段は作業台に、人が集まった際にはゆっくり座れるようにしておくなどの工夫を考えておくといいでしょう。

たとえば、二人暮らしで4人用のダイニングテーブルを購入しておき、普段は空いたスペースを調味料置きにしたり、趣味の道具を置いたりといった感じです。大人が並んで座っても肘が当たらない、テーブルの中央に調味料を置いて手が届くサイズがおすすめです。

柔らかなデザインの4人用のテーブルは全体的に丸みを帯びているため、もし足などをぶつけても安心。一般的に食事やデスクワークなどは高めのテーブルがいいと言われますが、リラックスの場としたいなら低めの方がよりリラックスできます。

 

4.リフォームにかかる費用について

4-1.老後のためのリフォームにかかる費用目安

老後のためのリフォームといっても、お住まいの方によって内容は千差万別。内容に伴い、費用も大きく変わってきますが、比較的多い価格帯は、100万円以下、100~200万円、1000万円以上の3つと言われています。

あくまで目安ですが、200万円代のリフォームで、段差解消、手すりの取り付け、引き戸への変更、洋式トイレに交換、玄関などの段差を解消、階段の勾配を緩くする、車椅子用に廊下やトイレの幅を確保するなどができるイメージです。100万円以下は必要な箇所のみピックアップしたリフォーム、1,000万円以上は全面リフォームといえます。

※家の設計や劣化状態によっては、追加費用や補強工事なども必要になってくる可能性があります。

【箇所別のリフォームにかかる費用】

リフォーム箇所 費用目安 留意事項
手すりの設置 約1万円~/一箇所(50cm) 外壁の補強が必要な場合は、数千円~1万円ほど高くなります。
段差解消①
和室(6畳)の床下げ
約25万円 廊下より数センチ高くなっている和室の床を下げる工事です。
段差解消②
段差解消のスロープを設置する
2,000円~/一箇所
ドアを引き戸にする 約10~20万円 後付しやすい吊り引き戸タイプなどを選んで費用を抑えることも。
浴室をユニットバスにする 約70~100万円前後

浴室暖房を付ける場合は、プラス15~20万円ほど

ユニットバスの素材やデザイン性によって価格帯が大きく変わります。
洋式のトイレにする 約20~25万円

 

4-2.介護保険や補助金制度を利用して、費用を抑えることも

●「介護保険」で、最大20万円まで9割補助が受けられる

介護保険とは、市区村町から「要介護」または「要支援」の認定を受けた65歳以上の方が利用できる保険制度です(被保険者は40歳以上)。

支給額は至急限度基準額20万円の9割(18万円)。

どんなリフォームでも支給がされるのではなく、介護保険支給の対象があります。

【住宅改修の種類】

1.手すりの取り付け
2.床段差の解消
3.滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
4.引き戸等への扉の取替え
5.洋式便器等への便器の取替え
6.その他(1)から(5)までの住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

上記6項目のいずれかに該当すると認められれば給付対象となります。

出典:厚生労働省「介護保険における住宅改修」

介護保険を利用したい場合、まず必要書類を市区村長の担当者へ提出し、要介護認定の申請を行ないます。申請に必要なものやその他知りたい情報等がある場合は、被保険者の住所がある自治体のホームページを確認したり、「地域包括支援センター」と呼ばれる高齢者に関する総合相談窓口に確認をとりましょう(市区村町に電話で問い合わせれば、担当地域のセンターを教えてくれます)。

介護保険について、より詳細に知りたい方はこちらの記事もご参考ください。

※関節リウマチなど16の特定疾患が原因で介護が必要になった場合、40~64歳の人も介護保険を受けられます。詳細は厚生労働省「特定疾病の選定基準の考え方」をご参考ください。

●自治体によっては、独自の介護リフォーム補助金制度を設けているところも

介護保険とは別に、各市町村では介護リフォームに対して、独自の補助金制度を設けている場合があります。適用条件や補助金額は各市町村によって異なります。

詳細は、各市町村の担当窓口までお問い合わせしてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。老後のためのリフォームは、必ずしもいま”完璧に”リフォームしなくても大丈夫ともいえます。しかし、歳を重ねるにつれて今までなんとも思っていなかった箇所が障壁と感じるようになることも考えられるため、家の中の障壁を知ってその障壁を無くすことが安心安全な老後生活においては重要なことといえます。 ぜひこの記事を読んで、快適な老後生活を送るためのリフォームの参考にしてみてください。

この記事のポイントを下記にまとめてみましたので、おさらいとしておきましょう。

  • 老後に向けたリフォームは早ければ早いほどいい
  • お住まいのなかの障壁を知って、その障壁をなくすことが重要
  • バリアフリー・利便性と安全・普段の生活の視点からお住まいを見直す
  • バリアフリーとは老若男女問わず日常生活におけるさまざまな障害を取り除くこと。老後に向けたリフォームは「お住まいのバリアフリー化」に内包されている
  • 日常的に使う場所についてはストレスなくスムーズに扱える利便性と、転倒・火災といった事故を未然に防ぐ安全性も大事
  • 歳を重ねるといま何気なく過ごしている「普段の生活」のなかで大変になることもあり、そのことをふまえたリフォームを行なう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今すぐ見積りが欲しい方!
簡単無料見積り

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


塗装工事は金額が大きいものですから、見積り後にキャンセル頂いても構いません。
安心してお申込み下さい。

簡単無料見積り

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ