屋根外壁リフォームの基礎知識と3つの工法を徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スレート

屋根と外壁は、私達の住まいを雨や紫外線などの自然現象から守ってくれています。

そんな重要な役割を果たしてくれている屋根や外壁ですが、ひび割れや色あせ等、痛みを放置してしまっていませんか?
屋根と外壁のリフォームは、10年前後が目安です。住まいの寿命を伸ばすためには、必ずメンテナンスが必要です。
そうはいっても、どんなリフォーム方法があるのか、自分の家に合ったリフォーム方法はどれなのかわからない方も多いのではないでしょうか。

屋根外壁リフォームには、①塗り替え工事 ②重ね葺き・重ね張り工事 ③葺き替え・張り替え工事の3つの工法があります。

この記事では、屋根外壁リフォームの基本的な知識とそれぞれの工法について徹底に比較しています。

1.屋根リフォームの3つの工法

屋根は、雨や日差しを強く受けるため、外壁よりも比較的に劣化が早いといわれています。劣化すると雨漏りを引き起こす可能性があり注意が必要です。
リフォームの方法は以下の3つの方法があります。

1-1.一般的な工法の「塗り替え工事」

屋根塗り替え

画像出典:https://www.misawa.co.jp/reform/syouhin/yanegaiheki/yane.html

3つの方法の中で一番手軽な方法で、一般的に施工されています。
既存の屋根の表面に塗料を施工し、新たな塗膜を生成し屋根の素材を守ります。
施工の前に高圧洗浄で屋根の汚れを落とし、下塗り、上塗りをおこないます。

1-2.既存の屋根材の上から被せる「重ね葺き工事」

屋根重ね葺き

画像出典:https://www.misawa.co.jp/reform/syouhin/yanegaiheki/yane.html

既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねて設置する方法です。
新しい屋根材は、負担を少なくするために金属屋根等の軽量なものを選びます。
既存の下地に劣化症状がない場合や、屋根の見た目を変えたい場合におすすめです。

1-3.下地の処理からやり直す「葺き替え工事」

屋根葺き替え

画像出典:http://www.nichiha.co.jp/loof/centerloof/index.html

既存の屋根を撤去し、下地から新しいものに取り替えます。
すでに雨漏りをしている等、劣化状況がひどい場合には葺き替え工事を検討しましょう。
また、重ね葺き工事と違い、新しく施工する屋根材は様々なものから選ぶことができます。

2.外壁リフォームの3つの工法

外壁も屋根同様、雨や日差しから住まいを守っています。古くなるとひび割れや色あせ等、様々な劣化症状が発生します。特にひび割れは、雨を内部に浸入させてしまう可能性があるので、早めにメンテナンスをおこなうと安心です。
外壁のリフォームは以下の3つがあります。

2-1.一般的な工法の「塗り替え工事」

無題

屋根同様、3つの方法の中で一番手軽な方法で費用も安く一般的におこなわれています。
施工する前に高圧洗浄、ひび割れ等の補修をおこない、下塗り、上塗りをおこないます。

2-2.既存の外壁の上から張る「重ね張り工事」

既存の外壁の表面に胴縁という下地材を打ち、新しい外壁材(サイディングボード)を取り付ける方法です。
既存の下地は腐食していないが、印象を変えたい、新築同様の美観にしたいという場合におすすめです。

2-3.下地の処理からやり直す「張り替え工事」

既存の外壁を剥がし、下地から新しいものに取り替えます。
下地が腐食してしまい、老朽化した家でも下地から新しくすることができるので新築同様の見た目になります。

3.屋根外壁リフォーム3つの工法を徹底比較

屋根、外壁のリフォームについて3つの工法を紹介しましたが、3つの工法についての費用、色、期間、業者、材料等を徹底比較していきます。

3-1.屋根リフォーム

費用 工期 材料 デザイン
塗り替え工事 30万円~ 5日間~ 塗料 塗料の種類によって様々
色はある程度限られている
重ね葺き工事 50万円~ 7日間~ 金属屋根
アスファルトシングル
屋根材のデザインによる
色は限られた中から選ぶ
葺き替え工事 70万円~ 8日間~ スレート屋根
金属屋根
瓦 等様々
屋根材によって様々あり

重ね葺き工事の場合は金属屋根やアスファルトシングルが主流ですが、葺き替え工事の場合は、様々な屋根材を選ぶことができます。
屋根葺き替え種類

画像出典:https://www.misawa.co.jp/reform/syouhin/yanegaiheki/yane.html

粘土瓦、セメント瓦は、現在では新築時や新築時や葺き替え時に使用されることは少なくなってきましたが、重量があるため、重厚感を感じることができます。
スレート瓦、金属屋根は、粘土瓦やセメント瓦に比べると比較的軽く住宅への負担が少ないため、地震対策として選ばれる傾向が強くなっています。

屋根の色選びについては、こちらの記事をご覧ください→屋根塗装の色選びに迷ったら!よく使われる色人気ランキング

屋根と外壁との配色については、こちらの記事をご覧ください→外壁塗装で成功する色選びの為に押さえる6つのステップ

3-2.外壁リフォーム

費用 工期 材料 デザイン
塗り替え工事 50万円~ 10日間~ 塗料 ・塗料の種類によって様々
・塗装の工法によって、塗膜表面に凹凸等をつけることができる
重ね張り工事 150万円~ 10日間~ 窯業系・金属系サイディング
重ね張り用タイル
・サイディング
板張り風、レンガ風など様々なデザインあり
・タイル
見た目に重厚感があるものが多い
張り替え工事 200万円~ 14日間~ サイディング
モルタル
タイル 等様々
・サイディング
板張り風、レンガ風など様々なデザインあり
・モルタル
施工方法によって表面の模様を変えることができる

一般的に使用されているサイディングの種類については、こちらの記事をご覧ください→外壁材・サイディングのシェア率、メンテナンス法を徹底解説

屋根と外壁のリフォーム工法について比較しましたが、費用については屋根と外壁を同時におこなうことでコストを抑えることができます。同時におこなうと足場組立が1回で済みますが、別々におこなうとそれぞれで足場代がかかってしまうからです。家の大きさにもよりますが、約20万円以上は安く済ませることができます。
足場代の算出方法は、こちらの記事をご覧ください→プロが教える!外壁塗装の足場費用はいくらが妥当?

4.劣化状況ごとのリフォーム方法

これまで屋根外壁リフォームの工法について述べましたが、どのような劣化の際にどの工法を選べばよいか、具体的にご紹介します。

4-1.ひび割れなら「塗り替え・重ね葺き・重ね張り工事」

屋根や外壁は、塗膜の色あせ、コケや藻等の汚れ、ひび割れ等様々な劣化症状が発生します。
このような症状は、塗り替え工事で済ませることができます。
家の外観を新築のように蘇らせたい場合や、遮熱性・遮音性・断熱性等の効果を高めたい場合は重ね葺き・重ね張り工事でも良いでしょう。

チョーキング チョーキング (2)
汚れ  藻
ひび割れ モルタル外壁ヘアクラック

4-2.雨漏り、下地腐食なら「葺き替え・張り替え工事」

天井の雨染み(2)

最初は小さかったひび割れも、劣化が進行するとひび割れが大きくなったり、屋根や外壁の素材自体が剥がれてしまったりします。
やがて雨漏りを引き起こし、下地を腐らせてしまいます。
そのような状態の場合は、下地から新しいものに取り替えることのできる葺き替え・張り替え工事が良いでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか?
屋根外壁リフォームにはそれぞれ3つずつ工法があります。

リフォームをおこなう目的が「劣化の補修」であれば、
・ひび割れ程度の劣化の場合は「塗り替え」「屋根重ね葺き」「外壁重ね張り
・大きなひび割れや雨漏りが発生している場合は「屋根葺き替え」「外壁張り替え

を選びましょう。

今の外観の印象を変えたい場合は「塗り替え」ではなく「屋根葺き替え」「外壁重ね葺き」がおすすめです。
今のお住まいの劣化状況や、リフォームをする理由、予算を明確にして、目的にあった工法を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) 町名まででも結構です。
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ