屋根リフォームをするなら絶対知っておきたい基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
屋根

「屋根のリフォームを考えているけど、そもそもどんな方法があるのか、どの業者に頼めばいいのかわからない!」
屋根リフォームについて、このようなことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そんな悩みを抱えている皆様に、屋根リフォームを考える上で知っておくべき基本的な知識を紹介します。屋根のリフォームをご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

1.屋根リフォームに関しての基礎知識

屋根をリフォームするにあたって、まずは、その「屋根」について知っておく必要があります。

スレート交換

私たちは普段意識せずとも屋根のお世話になっていますが、それを目にする機会はほとんどありません。そもそも、屋根がどのような材質でできているか、どれくらいの寿命があるのか、どうなったら修理をしなければならないのかもほとんど知らない人が多いのではないでしょうか。

屋根というのは住宅の中でも非常に重要な部位であるにもかかわらず、頻繁に状態を目にするところではありません。ですから、気づいた時には劣化がかなり進行してしまって、大規模な改修が必要な状態になっているケースもあります。

建物を長く持たせるには、定期的に屋根の状態を確認して、適切なメンテナンスが必要なのです。

2.屋根リフォームの種類

屋根のリフォームの方法としては、カバー工法・葺き替え工事・塗り替え工事の3種類があります。
ここでは、それぞれの方法の特徴やメリット・デメリットについて説明していきます。

2-1.カバー工法

全体 - コピー

カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根を撤去せず、その上に屋根材をかぶせる方法です。屋根材にサビやヒビが目立つものの、下地は傷みが少ない場合などに適しており、葺き替えよりは出費を抑えて、比較的大規模な修繕を行うことができます。採用できる屋根材は、スレート、金属屋根、アスファルトシングルなどです。瓦屋根の場合は、屋根の総重量が重くなってしまうため、用いることは出来ません
費用を抑えつつも屋根の外観および性能を新しくすることができる、バランスのとれた屋根のリフォーム方法です。

メリット

2-2で説明する葺き替え工事に比べ工事期間が短く、費用が抑えられる点です。また、既存の屋根を解体しないので廃材が出ず、環境にやさしい方法といえるでしょう。さらに屋根材が二重になるので、断熱性、遮音性も高まります。

デメリット

屋根が二重になるため、現状より屋根が重くなることです。その分耐震的に不利になります。カバー工法用の屋根は概して軽いのでそれほど大きな負担にはなりませんが、耐震性能に不安がある場合は、事前に確認をしておきましょう。

費用相場

50万円~120万円

ポイント:使用する屋根材で価格が大きく変動

カバー工法におすすめの屋根材としてガルバリウムという金属屋根が挙げられます。この素材は耐久性が高く、重量も軽いため、カバー工法に最適な素材と言えるでしょう。スレートやトタンなどと比べると価格が高くなってしまうのが懸念点ではあります。今後の維持費用や、リフォーム計画なども考慮しながら最適な工法と素材を選ぶとよいでしょう。

2-2.葺き替え工事

 

RIMG2325-665x499 RIMG2267-665x499

画像出典:プロタイムズ泉店

葺き替え工事とは、傷んだ屋根材を取り外し、新しい屋根材に乗せ替える工法です。
雨漏りが発生しているなど、腐食が進んでしまった屋根のリフォームにも対応することができます。
また、軽量化された金属屋根に取り替えることで、家の重心を低くし、減震効果も望むことができます。
ただ、大規模なリフォームとなるため、当然費用も他の修理に比べると高くなってしまいます

・メリット

表面の瓦だけでなく、下に敷いてある防水シートも交換しますので、全体を健康に保つことができます。
また現状よりも軽い屋根材を選ぶことで、耐震性を向上させることができます。

デメリット

カバー工法や2-3で説明するカバー工法に比べて、屋根材を全て取り替えるので、材料費が高くなるのは、想像に難しくないでしょう。さらに既存の屋根材を処分しなければならないので、その費用も掛かります。また工事期間も長くなるため、職人の人件費もその分増加します。

費用相場

70万円~140万円

ポイント:カバー工法との価格の違い

カバー工法と比べて価格に差が出る理由として、既存屋根材の撤去費用があります。屋根材をはがし、またその屋根材を処分するのにもお金がかかります。アスベストを含む屋根材の場合はさらに別途処理費用かかかってしまいます。こういった面で葺き替えには一時的なコストがかかりますが、屋根の形状や素材や傷み具合によっては、カバー工法ではなく葺き替えをしなければならない場合もあります。業者にカバー工法ではなく葺き替えを薦められた時は、その理由をしっかり説明してもらい、さらにはセカンドオピニオンとして他の業者にも見積り依頼を検討するのも一つの手段でしょう。

2-3.塗り替え工事

塗装

屋根を塗り直すことで、綺麗な姿を取り戻します。雨漏りなど屋根の痛みがひどくなる前に、定期的な塗替えリフォームを行うことで、耐久性を高め、屋根の寿命をのばすことが出来るのです。
また、遮熱性に優れた塗料を使用することで、お住いをより快適にします。

メリット

工期が10日から14日と短い期間で行うことができ、使用する塗料によって価格帯ががらっと変わるため、自分のライフプランに適した塗料を選ぶことができます。また、塗料によっては断熱や保温といった機能を持つ塗料も存在します。

デメリット

屋根下地が腐食していた場合は、補修は不可能な点が挙げられます。また、工事中に腐食が進んだ箇所に乗って割られるという可能性があります。
カバー工法等と比較すると定期的なメンテナンスが必要な方法なため、長期的な観点から見ると費用が余計にかかってしまう場合もあります。

費用相場

30万円~140万円

ポイント:定期的な塗り替えが必要

スレート屋根や金属屋根では定期的な塗り替えが必要となります。塗装を行う面積(屋根の面積)や屋根の形状、使用する塗料などによって価格が変動します。大切なのはその価格が”適正”かどうかです。もし高すぎる価格を提示されている場合、その工事の質が良いものだとしても、工事に対する満足度は上がらないでしょう。逆に、安すぎる場合も工事の質が良くないのではないかと不安になってしまいます。いくつかの見積りを比較することで、適正価格での屋根修理を行いましょう。

3.屋根リフォームは外壁と同時にするのがお得

外壁リフォーム

外壁のリフォームの時期は、新築後や前回の塗装工事後の7~10年程度が一般的ですが、外壁塗装の工事の時には足場を設置する必要があります。
足場の費用は約15万円~20万円なのですが、外壁塗装工事の時に足場を設置するということがポイントで、足場を設置するタイミングで屋根のリフォームもした方が費用面で大きく抑えることができます。
外壁リフォームで足場を立てて屋根のリフォームでも足場を立てるとなると、足場の費用が2回分必要になってしまうので、同じタイミングで工事をした方が大変お得ということに加え、工事の回数を減らすことにも繋がります。

また、以下のような症状が見られる場合も屋根リフォームを検討する必要があるでしょう。

4.屋根リフォームで失敗しない業者選びのポイント

いざリフォームをしようと思ったとき、当然、信用できる業者に任せたいですよね。
では、優良な業者を見極めるポイントをいくつか紹介していきます。

4-1.屋根リフォーム業者は主に3つ

外壁塗装を依頼する時には、塗装業者に塗装してもらうことになりますが、塗装業者は3つの形態に分かれています。

・塗装専門店

自社で塗装職人を抱えている業者です。中間マージンが発生しないので総合的に費用が安く済む場合があります。

・ハウスメーカー、工務店

保証やアフターフォローがしっかりしています。施工をおこなうのは下請け業者ですが、教育はしっかりしているので、基本的に工程を厳守します。また、パンフレットや資料を豊富にそろえている為、提案力があるという特徴もあります。反面、自社に職人がいないため、下請け業者や孫請け業者に施工を依頼する際に中間マージンが発生し、費用が高くなる場合があります。

・訪問販売の営業専門会社

自社に職人がおらず、訪問販売などの営業で工事を受注して下請けの塗装業者に仕事を発注します。中間マージンに加え、広告宣伝費がかかるため費用が高くなる場合もあります。

※中間マージン・・・ハウスメーカーや工務店などに工事を依頼した場合、実際の工事は自社では行わず、下請業者や協力会社に仲介して行われることとなります。その際に上乗せされる仲介料や管理料のことです。

※これらの特徴はすべての業者に当てはまるわけではありません。

4-2.正確な見積もりを作成するには、現場調査が必要!

sindan02

工事を行う前には必ず現場調査を行います。正確な見積もりを出すために必要な作業で、外壁や屋根の劣化状況を調査し、どのような工事が必要で、どれくらいの費用が発生するのかを見積もります。
この作業がしっかりと行われていなければ、着工後に追加工事が発生したり、トラブルが発生し工事がストップしてしまうというケースもあります。現場調査を行わずして、正確な見積を出すことはできません。
業者の良し悪しを判断するひとつのモノサシとして、現場調査をしっかりと行っているのかという点に着目しましょう。

4-3.見積書は詳細まで記載されているかに注目!

004

※価格や項目はサンプル用です。

自宅に塗装業者を呼び、詳細なヒアリングと現場調査の後、正式な見積書が提示されます。この見積書ですが、総額いくらという部分しかチェックしないという方が少なくありません。

こちらの記事により詳しい内容が記載されていますので、ぜひご参考にされてください。

屋根塗装の見積もりでの正しい判断をするための知識

5.まとめ

屋根をリフォームをする際には、施工方法、依頼する業者、価格の3点に注目しましょう。特に、失敗しない為には業者の選択が非常に大切です。高額な工事をして、ほどなくして屋根に施工不良が見つかったなどという事態は避けたいものです。工事で失敗しないためにも、業者の良し悪しを見極める目を養っていただきたいと思います。屋根のリフォームは、一生のうちにそう何度も行うことはありません。だからこそ、ずっと住み続ける住宅にとって最適な工事をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

外壁の汚れが気になってきたし、外壁にチラホラとひび割れも入ってるし、大丈夫なんだろうか?

実は外壁・屋根って定期メンテナンスが必要なんです。
外壁や屋根は住まいの中で最も風雨にさらされる部分のひとつ。
定期的な外壁・屋根のメンテナンスをしておかないと、ゆくゆくは雨漏りなどの大きなトラブルを引き起こしてしまいます。

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です。※一部、対応できない地域あり

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

Twitter・RSSでも購読できます

コメントを残す

*

ページトップ