屋根塗装において足場が必要な3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビケ足場

ご近所の塗装工事や外壁・屋根塗装の見積書で目にする足場。
見積書を見ると意外と金額が高く、「必要ないなら省きたい」と思われる方、また「壁を塗るならぐるっと一周足場がいるのは分かるけど、屋根塗装だけだったらはしごかけて終わりで足場なんて必要ないんじゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

結論から先に述べると、屋根塗装には足場が必要です。

なぜなら、足場は職人の安全性や作業性に影響し、それが最終的に外壁・屋根塗装の品質に影響するからです。

この記事では屋根の塗装工事で足場がなぜ必要なのか、足場が設置されるときに注意点しておきたいことを取り上げます。

1.塗装における足場の必要性と足場の種類

塗装工事と足場はセットであることが大半です。それは足場を設置することで、手の届かない高所での作業も、丁寧にかつ安全に行うことができるためです。屋根塗装だけなのだから、はしごをかけて上がって塗ってよ!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに屋根に上がることだけが目的ならば、はしごだけでもいいかもしれません。
しかし、屋根塗装には足場が必要な理由があるのです。

1-1.屋根塗装で足場が必要な3つの理由

①近隣への配慮のため

ビケ足場②

塗装工事をする場合、必ず行う高圧洗浄という工程があります。高圧洗浄を行うことで、屋根についた汚れや劣化した塗膜などを綺麗にすることで、塗料が密着しやすくなるためです。

この高圧洗浄という工程の際には水を吹きかけて汚れを飛ばしていくため、汚れた水が周囲に飛び散ることになります。足場が立っている場合には、足場に飛散防止シートを貼り、隣の家に汚水が飛散することを防ぐことができます。しかし、足場がない場合、周囲に水が飛散してお隣様の建物へ汚れた水がかかってしまうなどの問題が発生します。

また、高圧洗浄が終わって塗装の工程に入ると、丁寧に作業をしていても塗料が飛び散る可能性があります。近隣トラブルを避けるためにも、屋根塗装のみであっても足場を立て、飛散防止シートを貼ることが大切なのです。

②安全に施工するため

外壁塗装

塗るという行為だけで考えると、はしごで上がってしまえばできそうだと感じるかもしれません。しかし、塗装の際には塗料を屋根に持って上がる必要があります。

塗料缶は1缶20kg程度あり、非常に重たいものです。そんなものを持って屋根にはしごで登るとなると、バランスを崩し落ちてしまう可能性があります。

小分けにして塗料を持って上がるとしても、何度も上り下りする必要があり作業効率が悪くなり、工期が延びるかもしれません。また急勾配の屋根の場合は、足場がなければ足元が安定せず、非常に危険です。

足場があれば、もし足元を滑らせたりした場合でも掴むことができる場所があるため、大きな事故に繋がりにくくなります。

自宅の塗装工事で万が一にでも落下事故が起き、それが命を落とすような事故になってしまったら、せっかくお家を綺麗にしよう!と臨んだ塗装工事も台無しになります。
職人さんを守るためにも、また気持ちよく工事を終わらせるためにも足場は必要なのです。

③正確に施工するため

屋根は私たちが想像している以上に高く、足元が不安定な場所です。とくに劣化しコケが生えているスレート屋根は、一歩踏み出した瞬間にズルッと滑ることがあります。そのような危険な環境下で作業する職人も、いくら高所に慣れているとはいえ人間です。足元が不安定でいつ落ちるか分からないという状況では作業に集中することができず、正確に施工することが難しくなります。作業に集中することができないと塗りにムラが生じたり、メーカーが推奨している基準塗布量が守られていなかったりと施工不良が起きる可能性が高くなります。

屋根の塗装工事は決して安い買い物ではありません。しっかりと施工してもらうためにも足場を設置しましょう。

1-2.足場の種類

一言で足場といっても一般住宅の塗装工事で使用されるものにはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。ここでご紹介する3つの足場は見積もり単価にそこまで価格差はない場合が多いです。
それでは1つずつご紹介していきます。

くさび緊結式足場(ビケ足場)

ビケ足場

画像提供:プロタイムズ広島北店

ビケ足場やくさび足場と呼ばれ、近年最も目にする事が多いのがこの足場です。ブラケットと呼ばれる部材を組み合わせて設置するもので、組み立てがしやすく解体もしやすいことが特徴です。また職人さんが立つ場所になる踏み板の幅が広いため立ちやすく、足場自体にも安定感があり揺れにくいため非常に作業がしやすく、一番おすすめできる足場です。

ただし、足場を設置・解体するときに、ハンマーでパイプを叩くため大きな音がなります。そのため近隣の方へ事前にお伝えしておくなど配慮が必要です。また、外壁と塀との間に最低90㎝のスペースが必要となります。そのため塀とお家の外壁が近い場合、ビケ足場を組めない、もしくは隣のお宅の敷地をお借りして足場を設置することがあります。

単管ブラケット足場

ビケ足場に比べ足場設置に必要となるスペースが40㎝程度と少ないことから、ビケ足場が設置できない場合に使用されます。単管パイプと呼ばれる長いパイプを使用しブラケットで固定し組み立てます。金具を用いて組み設置するため強風などに対して強度があること、省スペースで設置することができることが特徴です。また踏み板を設置することで後述の単管足場と比べ、容易に作業することができます。ビケ足場の次に多く利用されている足場の種類です。

単管ブラケット足場

画像出典:http://www2.hp-ez.com/hp/meihou/page4

デメリットとして、パーツを全て現場で組み合わせる必要があり、ボルトをしっかりと締める必要があるため、ビケ足場とくらべ設置に時間がかかります。
また、手間がかかるためビケ足場よりも若干費用が高くなる傾向があり700円~900円/㎡ぐらいが相場です。

単管足場

単管と呼ばれる鉄パイプのみで組み立てられる足場です。2本のパイプを抱き合わせることで、職人さんが立つスペースを作ります。足元のパイプとパイプの間に隙間があるため、落ちない様に注意が必要です。足元が不安定になり作業性、安全性ともに低いためあまり使われることはありません。
そのため、あまりおすすめのできない足場です。

使われるケースとして、隣の家と隣接しどうしても足場を設置するスペースがない場合に使用されます。

屋根足場

屋根足場

画像出典:http://www.misumigumi.co.jp/case/detail_post-18.php

ご自宅の屋根の勾配(傾き、傾斜)が急な場合には、屋根足場を設置することがあります。一般的に屋根勾配が5寸以上の場合に設置することが多いようです。また屋根の上は想像以上に風の影響を受けるため、ご自宅が海に近く風が強い地域などの場合にも設置をすることがあります。屋根足場を設置することで、足元が安定しない屋根の上でも安全に作業することができます。

1-3.足場を設置する期間

カレンダー

足場は工事をしている期間中ずっと立っています。一般的に戸建て住宅の塗装工事にかかる日数は屋根外壁の場合だと2週間~3週間、屋根のみなどの場合は1週間程度かかります。
雨などの天候によっては1週間程度延びる場合もあります。

そのため最低1週間、長い場合ですと1ヶ月近く足場が立つ可能性があります。

 

2.屋根塗装の足場にかかる費用

見積り

当たり前のことですが、足場を設置するのにも費用が発生します。足場の費用は設置する場所、地域や業者によっても価格差があります。
また業者に塗装工事とセットで依頼する場合と、足場単体で依頼する場合で費用も変わってきます。

その為、これから説明する費用はあくまで参考価格です。

2-1.業者に依頼する場合(一般的な住宅の場合)

一般的に足場の㎡あたりの単価は600円~800円、飛散防止シートは㎡あたり100円~200円と言われています。業者によっては単管ブラケット足場の場合、設置に手間がかかるため㎡あたり100円~200円程度高く見積もりされることもあります。

こちらの単価を参考に以下の計算式で計算をしてみてください。

■計算方法

①まず足場架面積(足場を設置する面積のこと)を算出します。

足場架面積=[家の外周+8m]×高さ

※足場は外壁から少し離れたところに設置するため、足場架面積は、実際の塗装面よりも大きくなります。家の外周にプラスする8mは、外壁から足場までの部分の数値です。

 

②算出した足場架面積をもとに、足場費用を出します。

足場費用=足場架面積×(足場費用/㎡+飛散防止ネット/㎡)

※上記はあくまで見積書をチェックするための簡易の計算です。詳細な金額は業者に問い合わせてください。

足場の費用については下記の記事も参考にされてみてください。

「プロが教える!外壁塗装の足場費用はいくらが妥当?」

 

屋根足場を設置する場合は、通常の足場にくらべ費用が高くなる場合が多いです。屋根の形状、面積によって費用は変わってきますが、通常の足場単価プラス200円くらいを想定すると良いかもしれません。

 

2-2.足場が無料になるケース

倉庫の屋根や勾配のないトタン屋根など平坦な部位を塗装する際、かつ周囲に飛散しても問題のない場合は足場をかけずに塗装をすることがあります。その場合ですと、当然足場にかかる費用は0円となります。

ただし2mを超える高さでの作業には足場の設置などの安全対策をとることが労働安全衛生法で定められていることから、一般住宅の場合では足場をかけなくても良いというケースはほぼありません。

 

2-3.屋根塗装をDIYでする場合でも足場は業者に!

pictogram90Caution_drop

屋根塗装をDIYでしたいから足場も自分でやろう!とお考えの方。一見足場は簡単に組むことができそうですが、非常に高度な技術の計算が必要になることから、足場の組立て等作業主任者(国家資格)という資格があるほどです。技術も経験も少ない一般の人が足場を組んだ場合、足場が倒れて自宅や近隣住宅へ被害を与えたり、命を落とす重大な事故につながったりする可能性があります。

最も安全性の高いビケ足場を購入した場合、約100万円程度かかります。何回使用するか分からない足場なのでレンタルすることも可能ですが、一般向けにレンタルを行っている業者が少ないことから、費用が20万円以上かかる場合があるようです(面積によって変わります)。
また、現場までの運搬料、組み立て、実際の塗装工事に業者以上に時間がかかることからレンタル期間が長くなり、業者に頼んだ方が安かったということになりかねません。

屋根塗装自体が高所での作業になり危険であること、かなりの日数がかかることからDIYは決しておすすめしません。
それでもDIYでしたい!という方は、足場は業者に依頼し組んでもらうようにしましょう。

屋根塗装のDIYはこちらの記事をご参照ください。

リフォームジャーナル「屋根塗装のDIYで注意するべき6つのこと」

 

3.屋根塗装で足場が立ったら注意すべき点

塗装工事をするために必要な足場ですが、設置する際、また設置した後に注意すべき点がいくつかあります。

3-1.設置・解体する際に近隣への配慮が必要になる

外壁塗装 足場 騒音

足場の種類の中で紹介しましたが、近年施工の安全性と組み立ての容易さからビケ足場が多くの現場で使用されています。この足場は設置・解体する際にハンマーでパイプを叩くため、作業の間(約3時間~4時間)カンカンと大きな音が発生します。足場業者は近隣の方へ配慮し朝晩は避けて作業をする場合が多いですが、何も知らずに急に騒音が発生すると近隣の方は不快に思われることでしょう。

事前に騒音がすることと作業の開始時間を近隣の方へお知らせしておくことで近隣トラブルを防ぐことができます。しっかりとした業者であれば、足場設置の1週間前などに近隣の方へご挨拶に回ることがあります。その際は業者だけでなく、施主さまも同行することでよりトラブルを避けることができます。

 

3-2.防犯上の注意が必要になる

戸建てのお宅の場合、1階の窓は施錠するが2階はせずに外出される方もいらっしゃるかもしれません。普段は侵入の難しい2階ですが、足場があると簡単に侵入することができます。また飛散防止シートが貼ってあることから、外から見えにくくなり、空き巣にとってより侵入しやすくなります。外出をされる際、また就寝の際には、全ての窓を必ず施錠したことを確認してからにしましょう。

足場防犯センサーライト

工事を依頼する業者によっては防犯センサーライトを足場に設置し、足場が立っている間防犯対策をしてくれる業者もいます。
設置を希望する場合は業者に相談すると良いでしょう。

 

3-3.日常生活に支障をきたす可能性がある

塗装工事期間中には、常時職人さんが足場の上を動き回っています。そのため、窓やカーテンを開けることができず、窮屈に感じる方もいらっしゃいます。
また、洗濯物を見られることに抵抗があり外に干せないなど、人によっては足場が立つことでストレスを感じることもあります。

窓を開けたい場合は事前に早めに養生を剥がしてもらうようにお願いしておき、工程が終わり次第すぐに剥がしてもらうこともできます。
また業者によっては洗濯物を干す場所に困るという方に向けて、部屋干し用の洗剤と室内干し用の物干しスタンドを貸し出すなどのサービスをしているところもあります。

業者に工事が始まってから要望を出すことに気が引ける、という方は契約の時点で相談しておくと良いでしょう。

4.まとめ

・屋根塗装だけでも足場は必要なのは、安全性、作業性の高い施工をするため、近隣トラブルと事故を避けるため

・屋根の勾配が5寸以上の家の屋根を塗装する場合は屋根足場を設置する

・屋根足場は通常の足場に比べ費用が高くなる

・足場を自身で設置することオススメできない

・足場の設置時には近隣への配慮・防犯上の配慮・日常生活のストレスなどに注意する

 

いかがでしたか。足場は屋根塗装の中で非常に重要な役割を担っています。

安全で品質の高い屋根塗装を行ってもらう為にも、足場を設置して作業をしてもらうようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

Array ( [0] => 2626 [1] => 2176 [2] => 822 [3] => 2106 )

ページトップ