【徹底解説】サイディング外壁にあるコーキングの特徴と種類・役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
サイディング コーキング

サイディング外壁のお家には必ず存在するコーキングですが、その役割をご存じでしょうか?
「外壁の継ぎ目にあるこのゴムは何なのだろう」と、疑問に思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

コーキングは、外壁と外壁の間に充填されている材料で、シーリングとも呼ばれクッションのような役割を持っています。
具体的には、コーキングには可塑剤と呼ばれる弾力性を持たせる成分が含まれており、お家への水の浸入を防ぐ、地震などによる揺れの負担を緩和するなど非常に重要な役割を持っています。この可塑剤の寿命が5~10年で、それに伴いコーキングも傷みはじめます。

このようにコーキングが寿命を迎えると、弾力性が失われひび割れなどの劣化が発生します。防水性が低下することはもちろん、建物へかかる揺れの負荷を緩和する機能も低下します。
また、実はコーキングには変成シリコーン系、ポリウレタン系など、様々な種類があるのですが、その種類の違いによって用途も異なるのです。

本記事では、そんなコーキングの役割や種類、また現れる劣化症状などについて詳しく解説します。
サイディング外壁のお家でコーキングについて知りたいという方は、ぜひご一読ください。

1.サイディング外壁にあるコーキングとは?

コーキングとは、サイディング外壁であれば壁と壁の継ぎ目(隙間)に充填されているゴムのようなもので、シーリングと呼ばれることもあります。
まずは、サイディング外壁に充填されているコーキングの基本的な知識について解説いたします。

1-1.コーキングは外壁同士のつなぎ目に充填されている部位

サイディング外壁やALC外壁などは、パネルを張り合わせて仕上げる外壁なので、そのパネル同士の間に隙間ができてしまいます。
その隙間を埋めるために使用されているのがコーキングという材料です。
コーキングは外壁同士の隙間だけでなく、窓、玄関まわり、サッシまわりやベランダなどにも使用されています。
また、内装も同様に、お風呂のタイルや洗面台と壁面の隙間にも使われています。このように、実はコーキングは家のいたるところに使用されている材料なのです。

1-2.コーキングには家にとって重要な2つの役割がある

家のいたるところに使用されているコーキングですが、その主な役割は「水が建物内部に浸入することを防ぐ」、「揺れに対する負荷を緩和する」という2つがあります。

(1)水が建物内部に浸入することを防ぐ
外壁同士の隙間をコーキングで埋めることで、水の建物内部への浸入を防ぎます。
このコーキングがしっかりと施工されていなければ、雨天時に建物に水が入ってしまい、年数を経ることで雨漏りが発生する危険性があります。
また、コーキングが劣化し、防水性が低下することも雨漏りの要因の一つと言われています。

(2)揺れに対する負荷を緩和する
家は、家自体の歪みやサイディングの収縮によって微かに動いています。外壁同士の隙間に充填されているコーキングには、その動きに追随し、揺れを緩和させる役割があります。

このように、サイディングのコーキングは建物の構造上、必要不可欠なものなのです。

1-3. コーキング材の種類と特徴

ここまでで、コーキングの役割を理解できたのではないでしょうか。一言でコーキングといっても、成分や主原料によって様々な種類のものがあります。
コーキングには大きく分けて、変成シリコーン系、ポリウレタン系、シリコーン系といった4種類があります。
それぞれの種類と特徴について解説します。

■変成シリコーン系

耐候性が高く、屋根・外壁などに多く使用されています。
耐久年数は10~15年となっており、塗装前でも塗装後でも使用することができるため、コーキングの中では優れています。外壁の目地部分、窓まわり、屋根板金、配管まわり等、幅広い部分に使うことができるオールマイティな種類になります。サイディング外壁、ALC外壁には最も多く使用されています。

■ポリウレタン系

変性シリコン系と比較して値段が安いですが、紫外線に弱いため、家の外壁に使用する際は、上から塗装による保護が必要です。
サイディング外壁やコンクリート、ALC外壁の目地部分に使用することが多いです。
最近では、高耐久性のポリウレタン系もあります。

■シリコーン系

キッチンや浴槽などの水回りの補修によく使用される種類です。上から塗装による保護ができないため、外壁や屋根の使用には不向きな種類になります。

このように、コーキングには様々な種類のものがあります。変成シリコーン系とポリウレタン系のものがよく外壁では使用されています。
サイディング外壁にお住まいの方は、変成シリコーン系及び、ポリウレタン系のものを選ぶことをおすすめします。

1-4.1成分系と2成分系の違い

種類の他にも、コーキングには1成分系と2成分系という2つの仕様があります。

■1成分系は一般の方向け

そのまま充填できるタイプのコーキング材です。「1成分型」と呼ばれることもあります。
もともと、塗装業者や電気工事業者などが使用しており、それがホームセンターなどで取り扱われるようになり、一般の方にも普及するようになりました。
1本ずつ「カートリッジ」という筒に入っていますので、すぐに使用できるのがメリットです。
小面積の補修に対して使用することが多いものになります。

すぐに使用できるメリットはありますが、2成分系と比較して値段が高い傾向にあります。

■2成分系はプロのコーキング業者向け

コーキングと、それを固める硬化剤とで別々になっているコーキング材です。「2液型」とも呼ばれます。
施工や管理に専門技術が必要なため、プロ仕様のコーキング材です。
硬化剤と混ぜて使用し、2成分形のようにカートリッジを使用しないので、1成分系よりも安い場合が多いです。
大きな面積で使用することが多いものになります。

このように、コーキングには1成形型と2成形型があるのです。目地部分のコーキングは前章で解説したように、建物構造上、重要な部分ですので、どんなコーキングが適しているか業者に相談してみましょう。

ただ、コーキングは1度、適切な施工をすればメンテナンスは必要ないというものではありません。コーキングには耐久性、すなわち寿命が存在するのです。

次の章では、コーキングの寿命と、寿命を迎えることで現れる劣化症状について解説します。

 

2.コーキングの寿命と現れる劣化症状

この章では、コーキングの寿命と劣化症状について説明します。

2-1.コーキングの寿命は5~10年

コーキングの寿命は、使用する種類にもよりますが、一般的に5~10年です。冒頭でも触れましたが、コーキングには可塑剤という弾力性を持たせる成分が含まれています。
この可塑剤の寿命が5~10年なので、それを過ぎるとコーキングは次第に弾力性を失っていきます。弾力性を失うことで様々な劣化症状を引き起こします。屋根や外壁のみではなく、コーキングも定期的にメンテナンスすることが家を良好な状態に保つうえで大切です。

また、現在、コーキングメーカーが推奨しているコーキングの厚みは10mmで、幅が10mmです。10mm×10mm以上確保できないと、本来のコーキングの耐久性を保つことができない可能性があります。

2-2.コーキングに現れる劣化症状

では、実際にサイディング外壁のコーキングの寿命が切れることで、どんな劣化が起こるのでしょうか。いくつか代表的なものを紹介します。

■肉やせ

コーキングに弾力性を持たせる可塑剤が表面に溶け出し、コーキングの厚みが減少します。新築時に施工した際、コーキングのボリューム不足が原因として考えられます。放置すると、コーキングのひび割れや破断に繋がります。

■チョーキング

紫外線などの影響を受けてコーキングがダメージを受け、コーキングを構成する成分の一つである顔料が表面に浮き出てくる現象です。コーキングや外壁に触れた際に、粉のようなものが手に付着した経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

■ひび割れ

コーキングが紫外線などの影響を受け劣化し、弾力性が失われ、家の揺れに追従できずにひび割れが発生します。放置すると雨天時に家に水が浸入する危険性があることに加え、ひび割れがさらに大きくなり、雨漏りの要因になります。

■破断

ひび割れが更に広がり、写真のように穴が開いてしまいます。かなりの量の水が浸入する可能性がありますので、メンテナンスの緊急性が高い状態です。

上記のような劣化症状がないか、一度、自分の目でコーキングの状態を確認することをおすすめします。

2-3.コーキングは定期的な補修が必要

前章で解説したように、コーキングが寿命を迎えることで様々な劣化症状が現れます。
屋根や外壁と比較すると、あまり注目することの少ないコーキングですが、この劣化を放置することで雨漏りになる危険性もあるため、定期的な補修が必要です。家を建ててから、また前回の補修から10年以上経過しているという方は、そろそろコーキング補修のタイミングと捉えてください。

実際にコーキングを補修する際の注意点を次の章では解説します。

 

3. サイディング外壁のコーキング補修の注意点

ここまで読んで、「自分でも補修できるのか?」「屋根と外壁とは別のタイミングで補修した方がいいの?」と疑問に感じた方もいらっしゃるかもしれません。コーキングを補修する際にはいくつか注意点がありますので、ぜひチェックしてください。

3-1.DIYでのサイディング外壁のコーキング補修は難しい

近年では、DIYという言葉も一般的になりました。補修に必要な道具もホームセンターに行けばか簡単に購入することができます。中には、「DIYが趣味で、自分でできる範囲のものは自分でやりたい」という方もいらっしゃるでしょう。

確かに、うまくすれば業者に依頼するよりも費用をぐっと抑えることもできます。

しかし、サイディング外壁のコーキングの補修は以外と難しく、危険をい伴います。理由としては、以下のような可能性があるためです。

【コーキング補修をDIYでおこなうのが難しい理由】
・新しく充填したコーキングがうまく接着できずに、何度も同じ作業をすることになる
・コーキングが他の場所にこびりついてしまい、取れなくなる
・2階などの高い位置にある部分を作業する際にはしごから落下してしまう

一見、簡単に見える作業であっても、使用するコーキングの種類や作業の方法にも専門知識が必要なものです。特に高い位置の作業をする際は注意が必要なので、プロである業者に依頼した方が確実です。

3-2.コーキング補修は屋根・外壁塗装と同じタイミングでおこなう

コーキングの補修は、屋根や外壁のメンテナンスをするのと同じタイミングでおこないましょう。理由としては、屋根や外壁のメンテナンスでは、足場を家の周りに架けますが、コーキング補修も高い位置での作業なので足場を架ける必要があるためです。

この足場代が一般的には15万円~20万かかるため、一度足場を架けるタイミングでコーキングの補修も済ませてしまうのがお得です。

3-3.「増し打ち」ではなく「打ち替え」がおすすめ

コーキングの補修方法には、「増し打ち」と「打ち替え」の2種類の方法がありますが、「打ち替え」がおすすめです。
増し打ちは、古いコーキングの上から、肉やせによって減少した分を新しいコーキングで補充する方法です。

しかし、古いコーキングは劣化が進んでおり、新しくコーキングを充填したとしても早期のひび割れや破断に繋がる可能性があります。
これは、古いコーキングが残っていることで、新しいコーキングの厚みを十分に確保できないためです。せっかく費用を支払って業者に頼んだのに、工事から数年後に剥がれてしまったという事態は避けたいものです。

このような避けるためにも、古いコーキングは全て取り除き、新しいコーキングを充填する打ち替えがおすすめです。

コーキングを補修する際は、上記の点を念頭に置いていただければ幸いです。

【コーキング補修の費用相場】

補修方法 費用(m) 特徴
増し打ち 500~900円 既存のコーキングの上から新しいコーキングを打つ方法
打ち替え 700~1,200円 既存のコーキングを撤去し新しいコーキングを打つ方法

 

まとめ

ここまで、サイディング外壁には必ず使用されているコーキングの特徴や種類、役割、またメンテナンスの注意点について解説しましたがいかがだったでしょうか。
コーキングは、お家への水の浸入を防ぐ、地震などによる揺れからお家への負担を緩和するなど非常に重要な枠割を持っています。

このコーキングが劣化すると、水が建物内部に浸入し雨漏りに繋がる危険性もあります。普段はなかなか気にかけることの少ないコーキングですが、家を良好な状態を保つためにも、その役割と重要性をしっかりと理解しましょう。

本記事で、コーキングについての理解が深まれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) 町名まででも結構です。
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

今すぐ見積りが欲しい方へ!
簡単無料見積り!

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


見積りに一切費用はかかりません。安心してお申込み下さい。

 

簡単無料見積り

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ