「シリコン塗料」で塗装をするなら絶対知っておきたいポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

塗り替えについて詳しい話を聞こうと訪れた塗装店で「シリコン塗料」をおすすめされた方も多いのではないでしょうか。しかし「シリコン塗料」をおすすめされても、性能や価格帯など、どんな塗料なのか、分からないことが非常に多いと思います。そこで、本記事ではシリコン塗料の性能や価格などについて詳しく解説していきます。塗り替えの塗料選びにぜひ参考にしてください。

1.シリコン塗料について知ろう

シリコン塗料は外壁塗装において現在最もスタンダードな塗料の一つと言われています。理由としては、価格帯も高くはない上に、耐候性や低汚染性などの性能も有しており、バランスが良いことがあげられます。そのため、外壁塗装においてよく選ばれる塗料です。

下記に一般的なシリコン樹脂塗料の特徴をまとめました。

1-1.シリコン塗料の耐久年数は7~10年

シリコン塗料は「シロキサン結合」と呼ばれる結合を含む塗料です。このシロキサン結合は、ケイ素原子(Si)と酸素原子(O)による結合です。鉱石やガラスなどの無機物と同じ構造のため、結合する力が非常に強いのが特徴です。そのシロキサン結合を含むため、シリコン塗料も紫外線などによる影響を受けにくく、長期間にわたり塗膜の劣化症状が表れにくい塗料です。

一般的なシリコン塗料の場合、耐用年数は約7~10年で、ウレタン塗料やアクリル塗料より高いですが、フッ素塗料や無機塗料と比較すると耐候性は劣ります。しかし、中には約15年とフッ素塗料並みの耐用年数を誇る高耐久シリコン塗料もあります。

名称未設定-1

1-2.塗膜表面が汚れにくい低汚染性

塗料中に含まれるシロキサン結合は塗膜が親水性(水になじみやすい)を持つのも特徴の一つ。通常の親水性も持たない塗料は、雨水が付いたとしても水になじみにくいために、汚れが洗い流されにくいです。対して親水性を持つ塗料は、水になじみやすい特徴を持つため、汚れが付着した場合に、汚れと塗膜の間に水が入り込み、汚れを洗い流します。(セルフクリーニング効果)

この効果により、汚れが付着しにくく、建物の美観を長期間保持します。

11

セルフクリーニング効果のイメージ図

 

シリコン塗料のメリット、デメリットをまとめると次のようになります。

メリット ・耐候性が高い

・低汚染性を持っているため、汚れが付きにくい

・性能に対して、価格のバランスが良く、コストパフォーマンスが高い

・耐熱性を持つ

デメリット ・ウレタン塗料と比較すると硬い性質を持つため、ひび割れを起こしやすい

・フッ素塗料や無機塗料などと比較すると、期待耐用年数が短く、塗り替えの回数が多くなる。そのため、長い期間で見たときに、コストパフォーマンスが低い

1-3.シリコン塗料を使用すべき部位

高い耐候性や低汚染性を持つシリコン塗料ですが、どんな部位に塗れば良いのでしょうか。

■一番のオススメは外壁

先ほどもお伝えした通り、シリコン塗料は汚れが付着しにくい低汚染性を持つ塗料です。そのため、汚れが目立ちやすい外壁に使用するのは非常におすすめです。

■外壁にシリコン塗料を使うのであれば、付帯部もシリコン塗料を

建物の塗り替えを行なう際は、屋根、外壁、付帯部、全て同じタイミングで塗り替えたいところ。もし、外壁にシリコン塗料を使ったのに、付帯部にはウレタン塗料を使用すると、耐用年数の短いウレタン塗料を使用した付帯部の方が先に劣化してしまいます。先に付帯部が劣化する事で、塗り替えのタイミングが別々になってしまい、余計に費用がかかる危険性があります。

以上の理由からも、外壁にシリコン塗料を使用する場合は付帯部にもシリコン塗料を使用することをおすすめします。

■屋根に使用する場合は高耐久のシリコン塗料を!

屋根は外壁よりも紫外線を浴び、雨が直接当たるなど、自然環境による影響を受けやすい部位です。そのため、屋根に塗布した塗料は、外壁よりも早く劣化してしまいます。そこで、屋根にシリコン塗料を使用する場合、耐用年数7~10年の一般的なシリコン塗料ではなく、耐用年数約15年の高耐久のシリコン塗料を使用することをおすすめします。

2.シリコン塗料の優れている点とは?~他塗料と徹底比較~

塗料名 耐用年数 1㎡あたりの施工単価
(材料代含む)
メリット デメリット
ウレタン塗料 約5~7年 1,000~2,000円 柔らかい為、密着性が高く、外壁以外にも、木部など様々な箇所に塗布することができる。

・安価で塗装ができる。

耐用年数が約5~7年とシリコンと比べると低い。

長い期間で見たときに、コストパフォーマンスが低い。

シリコン塗料 約7~10年 2,000~3,500円 耐用年数が7~10年と、ウレタン塗料と比べて高い。

性能とコストパフォーマンスのバランスに優れている。

密着性ではウレタン塗料の方が優れている。

硬さがあるため、ひび割れが起きやすい。

長い期間で見たときに、コストパフォーマンスがやや低い。

フッ素塗料 約15年~ 3,000~5,000円 シリコン塗料よりも耐候性があり、耐用年数が非常に長い。長い期間にわたり変退色、艶引けがない。 コストが高い。

ひび割れが起きやすい。

無機塗料 約15年~ 3,500~5,000円 無機であるガラスを塗料に混ぜ込むことによって、超耐候性を実現させた塗料。屋根等の劣化が激しい部位によく使用される。 コストが高く、完全な無機ではなく劣化しやすい有機も含まれているため、半永久的にあらゆる気候に耐えられるというわけではない。

シリコン塗料の良い点は、期待耐用年数が7~10年のためウレタン塗料などと比べて長い点にあります。またフッ素塗料や無機塗料に比べ、塗り替えにかかる費用は安く抑えることができるのも魅力の一つです。以上の理由により、性能と金額のバランスが優れている塗料である、と言えるのです。まさに「安価で塗装をしたい。でも、性能も高い塗料で塗り替えしたい。」という方にオススメの塗料です!

3.おすすめのシリコン塗料

3-1.ベーシックな性能を持つシリコン塗料

●シリコンフレックスⅡ(株式会社アステックペイントジャパン)

シリコンフレックスⅡは、高耐候性や低汚染性などの特徴を持つ、シリコン塗料が持つ基本的な性能を有する塗料です。価格も比較的安価のため、安くで外壁塗装をしたい、という方にオススメの塗料です。

シリコンフレックスⅡpng

3-2.塗りたての美しさを長期間保つ、美観保持に優れたシリコン塗料

●超低汚染リファイン1000Si-IR(株式会社アステックペイントジャパン)

超低汚染リファイン1000Si-IRは、他の塗料を圧倒的に凌ぐ超低汚染性が特徴です。さらには、期待耐用年数15年程度の高い耐候性も有しており、遮熱性能も持ち合わせるなど、多機能な塗料です。上記のシリコンフレックスⅡなどの一般的なシリコン塗料と比べると性能が優れているため、その分価格的に高くなります。

超低汚染リファイン1000Si-IR

●ナノコンポジットW(水谷ペイント株式会社)

ナノコンポジットWは、外壁に汚れが付きにくい、低汚染性と耐候性、防カビ性・防藻性などの性能を持つ塗料です。汚れやカビの発生を防ぎたい、という方にオススメの塗料です。

nanokonpojitto-iro

出典:http://www.paint-eshop.com/sankou/nanokonpojito.php

3-3.艶のあるきれいな仕上がりの弱溶剤系シリコン塗料

●クリーンマイルドシリコンSK化研株式会社)

クリーンマイルドシリコンは弱溶剤のシリコン塗料です。弱溶剤の塗料は、一般に水性の塗料よりも艶があり、仕上りが良く、耐候性に優れていると言われています。その弱溶剤塗料であるクリーンマイルドシリコンはセラミックを複合しているため、超低汚染性を有しており、さらには防カビ性・防藻性に優れているため、建物の美観を長期間保持します。

艶があり、きれいな仕上りの塗料で塗り替えたい、という方にオススメの塗料です。

122

出典:http://www.kstosou.com/l1-toryou-file/l1-sirikon.html

3-4.夏場の蓄熱を防ぐ遮熱シリコン塗料

●サーモアイSi(日本ペイント株式会社)

屋根に塗布することで、太陽の近赤外線を反射し、屋根への蓄熱を防ぐシリコン塗料もあります。遮熱シリコン塗料の中でオススメなのが、日本ペイントのサーモアイSiです。上塗材のみ遮熱性を有する塗料がこれまで多くありましたが、サーモアイSiは、上塗材だけではなく、下塗材も遮熱性を有するため、上塗材で反射しきれなかった近赤外線も、下塗材が反射し、遮熱性能をより一層高めます。夏場の暑さを少しでも和らげたい、という方にオススメの屋根用塗料です。

imgrc0065357457

出典:http://item.rakuten.co.jp/daiei-peinto/10000209/

3-5.デザイン性溢れる石調風の多彩模様が特徴のシリコン塗料

●グラナートSP(株式会社アステックペイントジャパン)

石調風のオシャレな仕上りを演出する多彩模様シリコン塗料があります。それがアステックペイントジャパンのグラナートSPです。多彩模様塗料は、チップが塗料の中にちりばめられているために、そのチップが石のような風合いを醸し出し、デザイン性溢れる仕上りになります。通常の単色塗りとは違う、デザイン性溢れるオシャレな仕上りで塗り替えしたい、という方にオススメの塗料です。

f62dac77eb85e6abc635ede9db5e6a0c

 

色味

グラナートSPの色味

4.まとめ

今回は、シリコン塗料について、その特徴を中心にお伝えしました。シリコン塗料は近年の塗り替えリフォームにおいて一番選ばれる塗料の一つです。その理由としては、何度も申し上げている通り、性能と価格のバランスが非常に優れている点になります。「安価で、耐候性や低汚染性などの機能を有する塗料で塗り替えたい!」という方はシリコン塗料をぜひご検討ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) 町名まででも結構です。
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

この記事に関するキーワード

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ