屋根塗装の高圧洗浄をわかりやすく解説|押さえておきたい知識まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
屋根 高圧洗浄

屋根塗装の洗浄について調べている方もいらっしゃるでしょう。気になるのは、「屋根塗装をするのに、洗浄をする必要があるのか」でしょうか。

はじめに結論を申し上げると、屋根塗装をする際に洗浄は必要です。厳密にいうと、高圧洗浄機を使っての「高圧洗浄」と呼ばれる工程が行なわれることになります。なぜ屋根塗装をするのに高圧洗浄をする必要があるのかについて詳しくは、本章で紐解いてまいります。

この記事では、
・屋根塗装をする際に高圧洗浄が必要な理由
・屋根塗装の高圧洗浄を安心して見守るために押さえておきたい知識
・屋根の高圧洗浄にかかる費用
などなど、屋根塗装の高圧洗浄についてプロが徹底解説いたします。屋根塗装の洗浄について調べている方は、ぜひ参考にしてください。


1. 屋根塗装をする際には「高圧洗浄」が必要

高圧洗浄

1-1ではそもそも高圧洗浄とは何か、1-2では屋根塗装をする際に高圧洗浄が必要な理由について解説いたします。

1-1.高圧洗浄とは?

そもそも高圧洗浄とは、高圧洗浄機を使って洗浄をすることです。
屋根塗装をする前に高圧洗浄機を使って、高い水圧で、汚れやホコリ、カビやコケ、藻、塗膜表面のチョーキング(触ると手に付着する粉状のもの)、剥がれかけた塗膜(塗料の膜)などを落としていきます。

カビやコケなどが発生している場合、水だけの洗浄では再び増殖してしまう可能性があるため、通常の高圧洗浄ではなく、薬剤(バイオ洗浄剤)を使用した「バイオ洗浄」が必要なケースもあります。

[参考]屋根塗装の流れ

▼近隣挨拶
▼足場設置前の現場確認
▼足場の設置
▼高圧洗浄
▼下地処理
▼養生
▼屋根塗装・下塗り
▼屋根塗装・中塗り&上塗り
▼完了検査
▼足場の解体&完成

 

※高圧洗浄について詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

外壁の高圧洗浄をやってみよう!気になる汚れを落とす方法

※バイオ洗浄について詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

バイオ洗浄は本当に必要?判断基準と費用目安を全解説!

1-2.屋根塗装をする際に高圧洗浄が必要な理由

屋根塗装をする際に、なぜ高圧洗浄が必要なのかというと、屋根材に付着した汚れやホコリ、カビ、コケ、藻、剥がれかけた塗膜(塗料の膜)などを取り除かないまま上から塗料を塗り重ねてしまうと、仕上がり(見た目)が悪くなるだけでなく、塗装後早々に塗料がはがれるなどの不具合が発生してしまう可能性があるためです。

屋根塗装をする前に高圧洗浄を行ない、屋根材に付着した汚れやホコリ、カビ、コケ、藻、塗膜表面のチョーキング(触ると手に付着する粉状のもの)、剥がれかけた塗膜(塗料の膜)などを徹底的に取り除くことで、美しく仕上がり、屋根材と塗料の密着性を高めることもできるため、より質の高い屋根塗装につながります。

 

2.屋根塗装の高圧洗浄を安心して見守るために!押さえておきたい知識

この章では、屋根塗装の高圧洗浄を安心して見守っていただくために、押さえておきたい知識をまとめてご紹介いたします。

2-1.高圧洗浄前に漏水・漏電の恐れがある箇所は「養生」をする

養生

高圧洗浄前には養生が行なわれます。養生とは、漏水・漏電の恐れがある箇所に水が入り込まないよう、養生シートなどで覆うことです。

具体的には、下記などの箇所を養生することになります。
・換気口
・天窓
・インターホン
・照明器具
・コンセント ほか
※屋根の洗浄水が飛散しないように、屋根よりも1m以上高い位置に二重に飛散防止シートを張りますが、万が一、洗浄水が飛散した場合に備えて、少しでも濡れる恐れがある箇所は養生します。

基本的に、塗装業者が対応してくれるため、「どこを養生すべきか…」といったことを自身で考える必要はありませんが、「絶対に濡らされたくないモノがある」「わかりにくい位置にコンセントがある」といった場合は、事前に塗装業者に伝えておくと安心です。

2-2.トラブルを防ぐために!高圧洗浄前に近隣に伝えておくべきこと

近隣挨拶

高圧洗浄機は水圧が高いため、洗浄水が思った以上に飛散してしまうことがあります。養生(2-1を参照)をして水が飛散しないように万全の対策をしていても、住まいが接している場合、もしくは風向きや風の強さによっては、なにかの拍子で近隣にまで洗浄水が飛んでしまうことも。さらに、高圧洗浄機は駆動音がするため、「うるさい…」と感じられる近隣の方もいるかもしれません。

そこで、近隣の方々には洗浄前に、
・いつ洗浄をするのか
・洗浄水が飛散してしまう可能性があること
(洗濯物を干す場所によっては、洗濯物を干すのを控えていただくようにお願いをする必要がある場合も)
・高圧洗浄機の音がするかもしれないこと
などを伝えて、トラブルに発展しないよう、理解を得ておくことが重要です。

また、洗浄水が飛散する可能性がある場合は、近隣の方々の了承を得て、「近隣の住まい」や「近隣の方の車」などにも養生をすることがあります。

こうした近隣の方々への対応は、基本的に塗装業者が行なってくれますが、近隣の方の心証を考えれば、自身でもフォローをしておきたいところ。
もちろん高圧洗浄前に近隣へ伺っても問題ありませんが、屋根塗装をする場合、高圧洗浄以外にもご迷惑をおかけすることが多々あるため、一般的に塗装工事がはじまる前に近隣挨拶を行ないます。この、はじまる前の挨拶のタイミングで塗装業者と一緒にお伺いして、高圧洗浄を含め、諸々ご迷惑をおかけすることをお詫びするのが良いでしょう。

※塗装時の近隣挨拶について詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

【挨拶文雛形つき】ご近所トラブルを回避!外壁塗装の挨拶Q&A集

2-3.高圧洗浄中は家中の窓やドアを開けることができない

鍵

高圧洗浄時の注意点として必ず頭に入れておいていただきたいのは、高圧洗浄中は窓やドアを開けることができないということです。うっかり開けてしまうと、洗浄水で室内が水浸し…といったことになりかねないため、家族全員がしっかり把握しておく必要があります。

また、高圧洗浄機は水圧が高いため、窓などのカギが閉まっていないと、洗浄中に開いてしまうことがあります。屋根の洗浄は外壁に比べて水圧で窓などが開くリスクは低いものの、万が一ということもあるかもしれません。そのため、屋根の高圧洗浄時にも窓などのカギは閉めましょう。

多くの塗装業者が高圧洗浄をはじめる前に、窓やドアが閉まっているか、窓などのカギがかかっているかをチェックしてくれますが、自身でも念のためよくよく確認しておくと安心です。

2-4.【補足】高圧洗浄後、「水」が乾くまで次の工程には入れない

時間

たとえば、昼過ぎに高圧洗浄が終了した場合。「あと数時間あるので、できるところまで次の工程を進めて、塗装工事をはやく終わらせてほしい」と思われるかもしれませんが、高圧洗浄後、すぐに次の工程を進めることはできません。なぜならば「水」が乾燥するのを待つ必要があるためです。

場合によっては、一部、対応できる作業もありますが、基本的には、水が乾燥しないうちに次の工程を進めてしまうと施工不良につながる恐れがあるため、高圧洗浄後は乾燥を待つことになります。

 

3.屋根の高圧洗浄にかかる費用相場

費用

屋根塗装時の高圧洗浄にかかる費用相場は、下記の通りです。

【高圧洗浄にかかる費用相場】

高圧洗浄の費用相場:200~300円/㎡
バイオ洗浄の費用相場:500円~800円/㎡

 

※高圧洗浄時、お住まいの水道を利用するのが一般的です。そのため、水道代は家主(施主)が負担することになります。水道代の相場は1,000~2,000円程。バイオ洗浄をした場合は、洗浄剤塗布前・最後の洗い流しの2回洗浄をするため、倍の2,000~4,000円程の水道代がかかる計算となります。
※住まいの大きさや洗浄にかかる時間等によって水道代が上記以上にかかることもあります。

▼もちろん、屋根塗装時にかかるのは高圧洗浄代だけではありません。足場をはじめ、塗料代や高圧洗浄以外の施工費もかかります。「屋根塗装の費用」について詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

“屋根塗装の費用はいくらが妥当か”をプロが解説【見積り事例付】

屋根塗装の費用はいくらが妥当?プロが教える見積書のチェックポイント!

 

4.要注意!屋根の高圧洗浄は自身ではできない

危険

もしかすると、「屋根塗装はプロに任せるとして、相応のお金がかかるのならば、洗浄だけでも自身でやろう」などと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、自身で屋根の洗浄をするのは絶対にやめてください。屋根に上がるだけでも危険がともなうなか、水をつかって作業をするとなると、その危険度は相当なものです。足場も設置しない状態で、自身で高圧洗浄をするなど言語道断です。

厚生労働省の労働災害統計(平成30年)」によると、建設業における墜落・転落による死傷災害は5,154件、うち死亡災害は136件にものぼります。きちんとした訓練を受け、万全の準備をして臨んでいるプロですら、これだけ墜落・転落の事故が起こっているのです。一般の方の高所作業がどれほど危険かは言わずもがなでしょう。

また、知識のない一般の方が自身で高圧洗浄を行なえば、漏水を引き起こしてしまう可能性もあります。

屋根塗装をする場合は、洗浄も含めて、すべてプロに依頼しましょう。

 

まとめ

屋根塗装の洗浄について解説してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。

屋根塗装をする際には、高圧洗浄が行なわれるのが一般的です。高圧洗浄機を使って、高い水圧で、汚れやホコリ、カビやコケ、藻、塗膜表面のチョーキング(触ると手に付着する粉状のもの)、剥がれかけた塗膜(塗料の膜)などを徹底的に取り除くことで、美しく仕上がり、屋根材と塗料の密着性を高めることもできるため、より質の高い屋根塗装につながります。

また、屋根塗装の高圧洗浄を安心して見守るために押さえておきたい知識も2章にてまとめてご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

お問い合わせ

現在、台風15号の影響で千葉県を中心に診断や見積もりのお問い合わせを多くいただいております。
大変恐れ入りますが、対応までにお時間を要する可能性がございます。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

タイプ
必須
場所
必須
ご要望
必須
ご要望詳細
お名前(フルネーム)
必須
ふりがな
郵便番号

入力いただくと下記に自動で住所が入ります。

ご住所
必須

お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。

番地
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
(営業電話は行いません)

※2018年は、全国で11,000棟以上のお見積りをご提出。
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

おすすめコンテンツ

コメントはこちらからどうぞ

Array ( [0] => 53025 [1] => 32868 [2] => 7988 [3] => 8124 )

ページトップ