【外壁塗装の色選び】人気の組み合わせと失敗しない塗り分け方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁塗装の色選びは塗装工事にとって成功するか失敗するかの分かれ道と言っても過言ではありません。

業者・価格が決定し、さあ!色選び!前回と同じは変わり映えしないから少しは変えたいな!と思われる方がほとんどではないでしょうか。

しかし・・・ここからが悩みどころ。

似た色が多いし派手にはしたくないし、屋根と壁の組み合わせもわからない。

わからない事だらけで、本来ワクワクする色選びも失敗したらどうしようという思いから恐怖に変わる・・・

せっかくお金をかけて、良い業者や塗料を選んでも色選びで失敗すると今後10年後悔することになってしまいます。

このような事態にならない為に色選びで失敗しない為のステップをまとめました。色選びの参考にしてください。


1.色選びは塗装にとって成功するか失敗するかの分かれ道

1-1.外壁塗装で成功する色選びの為に押さえる6つのステップ

外壁・屋根の色選びで失敗すると、次の塗装工事までの10年間そのままか、やり直しの場合は最悪数十万円かかってしまう場合もあります。

たいていの場合、自分が色味を選んだ以上無償でやり直しはできません。だからこそ失敗しないために下記手順を踏んで色選びを行いましょう。

①近隣との写真を撮影し、調和させるのか目立たせるのか方向性を決める

②ご家族やご自身でイメージを言語化する

③イメージに合う色味を選び最低でもA4サイズ以上の面積で確認する

④室内の蛍光灯ではなく外で太陽光で確認、朝、昼、夜に色確認

⑤人気色や流行色もチェックしてみる

⑥カラーシミュレーション、試し塗りをしてみる

①②はまず、色を選ぶ前にご家族で話し合いをすることをオススメします。③~⑥までは候補色が見つかった後にチェックしてみましょう。

1-2.建物の色のプロがオススメするカラーコーディネート9パターン

建物の外装、内装のカラーコンサルタントである株式会社ケイズカラープランニング代表 黒田尚美先生がオススメする家のコーディネートパターンをご紹介します。

【ナチュラル】

優しさを好むタイプにおすすめStyle

イメージワード 自然な/親しみやすい/穏やかな/素朴な/あたたかい/さわやかな/のどかな/くつろいだ/すがすがしい/フレッシュな

ウォームStyle

image004

image006

高級感のある檜皮色(ひわだいろ・8077)のような重厚な色も外壁に練色(ねりいろ・8096)を使用することで、自然な暖かさを与えることができます。香色(こういろ・8097)も上品さと共に穏やかなイメージに仕上がります。

ヨーロピアンStyle

ヨーロピアンStyle

image014

弁柄色(べんがらいろ・8068)は、自然色として代表的な赤茶。丁字色(ちょうじいろ・8095)は香木から染め出した色で、明るい印象を与えます。土器色(かわらけいろ・8072)を加えることで素朴な暖かい楽しい雰囲気に仕上がります。

フォレストStyle

image020

image022

明るい日差しの自然の森の中でくつろぐイメージの配色です。ジェードグリーン(9106)の落ち着きとオパールグリーン(9021)の爽やかさに、マイナスイオンを感じ、レモン(9009)のはじける輝きが新鮮に仕上がります。

【クラシック】

伝統の良さを好むタイプにおすすめStyle

イメージワード 伝統的な/風格のある/格調のある/安定感のある/上質な/重厚な/おちついた/アンティークな/フォーマルな

ナチュラルStyle

image028

image030

璃寛茶(りかんちゃ・8078)は、江戸時代、上級階級に好まれた上品な色。白茶(しらちゃ・8093)も伝統配色によく見られる和紙の色で優しさを与えます。伽羅色(きゃらいろ・8094)を穏やかなアクセントカラーとして使用します。

フォーマルStyle

image036

image038

消炭色(けしずみいろ・8079)は、重厚さを与える色。薄丁字(うすりょうじ・8084)でやわらかさを与えながら、アクセントカラーに栗色(くりいろ・8076)の伝統的で優雅な色を少しだけ加え、個性を出しています。

【モダン】

斬新さを好むタイプにおすすめStyle

イメージワード 革新的な/都会的な/人工的な/理知的な/はっきりした/シンプルな/スマートな/シャープな/メカニックな/クールな/ハードな

モダンStyle

image044

image046

深緑(ふかみどり・8098)は、暗い色の中でも優しさを感じさせます。外壁は生成色(きなりいろ・8091)で明るく仕上げ、アクセントカラーの柳葉色(やなぎはいろ・8105)が落ち着いた中にも新鮮さを感じさせます。

クリアStyle

image052

image054

消炭色(けしずみいろ・8079)の黒に近い屋根色に、真珠色(しんじゅいろ・8085)の明るい白色を外壁色にすることで典型的なモダンスタイルに仕上げられます。アクセントのエレクトリックブルー(9014)でさらに個性的です。

シンプルStyle

image060

image062

ペリウィンクブルー(9006)の青が少し入った爽やかな白にラピスラズリ(9107)の個性的な屋根色でシンプルに仕上がります。クールグレイ(9012)が都会的な上品さを感じさせます。

【ディレクションカラー】

新しさを求める方におすすめStyle

ポップStyle

image068

image070

色彩効果:開放的な明るさで親しみやすさを取り戻します。

 

家の形状などにより合う色、合わない色は出てきますが、この9パターンだけでも色を変えるだけで見た目の印象がガラリと変わることがおわかりいただけたでしょうか。

更に最近では単色の塗料に加え石調の塗料なども開発されており、デザイン性も広がっています。石調塗料については下記でご紹介します。

1-3.全国の色選び成功事例5選

全国で抜粋した色選びに成功された事例を5軒を紹介します。

埼玉県川越市の成功事例

施工前

image071

施工後 外壁:テラコッタ 屋根:スチールグレー

image073

重厚感のある仕上がりになりました。屋根との色味のバランス、サッシの色との統一感も出ています。

 

東京都八王子市N様邸

施工前

IMG_0265-665x499

施工後 外壁:クエリー サンダルウッド 屋根:マホガニー

IMG_1571-665x499

まるで別の家のような印象の変化です。タイル部分を考慮したアクセント部分の色の選び方が絶妙です。

 

大阪府堺市南区M様邸

施工前

施工後 外壁:クールホワイト3分艶 屋根:エバーグリーン

施工前は屋根がグレー系だったのに対し、施工後は濃いグリーンにして、家のデザイン性が際立ちました。艶消し塗料を使うなど、細かい部分にもこだわりを入れています。

 

山口県下関市H様邸

施工前

施工後:外壁 ブラック 屋根:チャコール

施工前と較べて外壁のツートンの統一感がでました。玄関周りなどにもこだわりシックに仕上がっています。

 

岐阜県美濃市I様邸

施工前

施工後 外壁:日塗工 N-30 19-60A

見事な一色→二色の成功パターンです。上下塗り分けでも無く縦ラインだけでも無く塗り分け箇所が絶妙です。

2.最近の傾向と塗料メーカーの人気色

2-1.最近の色選びの傾向

最近の流行・傾向として多いのは環境になじませる色味です。震災などの影響により、奇抜なものよりもエコ思考、自然に合うなどの色味を選ぶ方が多くいらっしゃいます。しかし個性的な色を選んではいけないという事ではありません。

あくまでもこの家をどうしたいかを考えの根底に置いた後に色味を選択するようにしましょう。

2-2.塗料メーカーで選ばれている外壁・屋根の人気色

塗料メーカー89色の中での外壁・屋根の人気ランキングをご紹介します。外壁の人気色もナチュラルな色が多く目立ちます。

image075

image076

株式会社アステックペイントジャパン

※色味はブラウザ環境により変わります。実際の色味とは異なりますのでご了承ください。

【2016年以降の最新ランキングはこちらに掲載しています。(追記:2017年9月15日)】

外壁色に迷ったら!2018年最新の人気色と組み合わせTOP20

 2-3.緑に合う配色パターン

植樹やガーデニングをされている人から「緑に良く合う色を教えて欲しい」という質問を良く頂きます。

実は戸建においては緑に合わない色味はありません。真っ白でもアイボリーでも茶色、赤でも合います。

重要なのは緑になじませるか?家を緑から引き立たせるか?によって色の選択が変わってきます。緑になじませるのであれば自然界に多く存在するイエローベースの色味(ベージュなど)を選び、また、家を引き立たせたい場合は自然界にないモダンな青みの強い色(真っ白など)を選択すると良いでしょう。

屋根塗装の色選びに迷ったら!よく使われる色人気ランキング

3.失敗しない為の4つのポイント

塗装の失敗で一番多いのが『イメージと違う』『こんなはずじゃなかった』という、自分の頭の中で描いていた色味との違いです。ここで難しいのが、何が失敗で何が成功か?明確な基準が無いこと。何が失敗かの把握ができないのです。「イメージと違う」失敗しない為に大事な4つのポイントをまとめました。

3-1.家の周りの環境を良く見てイメージを言語化すること

近隣3~4軒とともに写真撮影をし、周囲の住宅の色と同調させるのか、目立たせるのかなどを話し合いましょう。ご家族で自宅周辺を歩いてみて、ご近所に気に入った色があれば色名をご近所に聞いておくこともオススメ!また、聞けない場合は業者と同行して色味を見てもらいましょう。

また通りから自宅の屋根の色味はどのくらい見えるのかを把握しておくのも必要です。屋根の色味が見える場合は屋根と壁のバランスを考えることも大切。

そして立地条件も大きく影響してきます。大通りに面しているのであれば、真っ白ではなく汚れが目立ちにくい少し濃い目の色を選択肢に入れてみることをオススメです。

別荘地にある建物と住宅地にある建物、商業地に隣接した建物では、それに似合う色が異なります。

周囲の環境を見た後はご自身またはご家族でイメージの統一をするために話し合いましょう。

①理想とするイメージを言語化してみましょう。

image077

②今の色と比べてトーンを明るくしたいのか、暗くしたいのかを決めましょう。

③近隣3~4軒と我が家が一緒に入った写真を撮ってみましょう。

3-2.似た色の選択に要注意!色の面積はより大きい方が塗装後のイメージがつく

一番多く悩みとして挙げられるのが、似た色の選択の難しさ。

塗料メーカーなどの小さい色見本で並んでいるのを見ると、どの色が良いのかわからなくなりますよね。

数色で悩んだ場合はまず全てのA4以上の色見本を取り寄せましょう。小さい色見本ではなくより大きな色見本で確認する事をおすすめします。

例えばベージュ系と一言で言っても・・・

image079

この面積で見てもなかなか違いがわかりません。少し大きくみるとどうでしょうか?

image081

先ほどと違い少し大きくする事で色の違いが少しわかるのではないでしょうか?

この4色の色味は①をベースとすると、②=①よりも黄色を強くした色味 ③④=①よりも青を強くした色味(少し③の方が青が強い)

 

面積の大小により色の見え方が変わる事を面積効果といいます。

一般的に明るい色は小さな面積より大きな面積の方がより明度と彩度が高く、暗い色は明度が低く感じられます。

外壁は非常に大きな面積を塗ることになります。出来るだけ大きな色見本帳で色味を見る事をオススメします。

3-3.色見本は使い倒そう!太陽光で朝昼晩に確認

色選びの際まずは何十種類か一緒に入った見本帳を見る事になるでしょう。似た色味は全て大きいサイズを業者に借りて比較すると、小さな色見本ではわからなかった違いが。

まずはその時点で候補をリストアップし、その後は必ず施工業者にお願いし最低でもA4以上の大きさで確認しましょう。

全ての色味が並んだ見本帳

全ての色味が並んだ見本帳

A4サイズの色見本帳

A4サイズの色見本帳

大きな色見本帳で確認する事ができたら次に外の太陽光で確認しましょう。蛍光灯の下と太陽光の下では見え方が異なります。朝、昼、夜でも異なりますので時間ごとに外で確認してみましょう。

蛍光灯=青の波長を多く含んでいるため、実際に外で見た時とのギャップが生じます。

それでもまだイメージがつかない場合は試し塗りを施工会社に相談してみるのも手です。しかし、いくら試し塗りとはいっても塗料を仕入れなければなりません。高価な塗料などもありますので、費用が多少かかってしまうケースもあります。

3-4.なかなか決まらない方にはカラーシミュレーションがオススメ

色味自体ではなく全体の配色イメージを見るにはカラーシミュレーションが効果的です。

image087

サッシやその他箇所とのバランスは取れているか?屋根と壁の組み合わせはおかしくないか、またツートンを選択される方は配合のバランスはどうか、など全体像を把握する事で塗り替え後のイメージが更に湧きやすくなるでしょう。

カラーシミュレーションは無料でできるものも多くありますので、興味がある方は是非下記記事も参考にしてみてください。

【外壁の試着】外壁のカラーシミュレーションをしてみよう!

4.デザイン性の高い色選び

4-1.色彩調和 全体的な色の『まとめ』と『きわだつ』

イメージに合わせて『まとまる配色』『きわだつ配色』どちらで行くか判断しましょう。

image090

image092

4-2.配色構成:色と色の組み合わせの面積比

一般的にベースカラー(基本)全体の約70%・アソートカラー(調和)全体の約25%・アクセントカラー(変化)全体の50%と言われます。

これは男性のスーツ姿にたとえるとスーツがベース、ワイシャツがアソート、ネクタイがアクセントというイメージです。

全体の印象がベースカラーで決まります。それを補助するためにアクセントカラーを用いて、さらに個性をプラスするためにアクセントカラーを用います。

ベースを際立たせるための配色やベースをぼかす配色など、目的に応じてさまざまな取り合わせがあります。

image094

■ベースカラー(全体の約70%)=外壁の色

■アソートカラー(全体の約25%)=屋根や塗り分けする場合の外壁の色

■アクセントカラー(全体の約5%)=車庫の色やテラス、ドアの色

4-3.ツートン・バイカラーで成功する組み合わせと塗り分け方

より個性を出したい方にオススメのバイカラー(二色使い)は大きな面積の塗り分けに効果的です。縦縞模様はクールでスタイリッシュに。横縞模様は落ち着いた穏やかな印象を与えます。

アクセント×縦縞

image096

image098

アクセント×横縞

image100

image102

また使う色味に関しても印象がガラリと変わります。

穏やかな組み合わせ

image104

爽やかな組み合わせ

image106

華やかな組み合わせ

image108

組み合わせる色味に応じて家を大きく見せたり、すっきり見せたり、個性的に見せる事ができます。なりたいイメージに沿って色選びをすることが大事です。2色以上の塗り分けをお考えであれば先程紹介したイメージの言語化と合う組み合わせを選んで行きましょう。

4-4.圧倒的な高級感を出したい方は多彩模様の塗料

高級感をより求める方には、単色ではなく石調仕上げのように見える多彩模様塗料などがオススメです。立体的に演出されるので家が大きくなったように見えるでしょう。

image109image111image113

多彩模様塗料の仕上がりイメージ

全面に使用しなくてもポイントに使用したり、バイカラーの一色に使う事で、更に高級感や立体感のある仕上がりを表現できます。

モダンミュージアム

image116

image118

都会感覚を演出。スタイリッシュな印象を与える現代的な配色

ヨーロピアンカントリー

image120

image122

欧州風を演出。親しみやすい印象を与える明るく自然な配色

 

まとめ:住宅の色選びに成功するために踏むべき6ステップ

色選びに関して様々お伝えしましたがご自宅の塗り替えイメージは湧きましたでしょうか?

考え出したらキリがない外壁塗装の色選びですが、やはり根底にあるのは自身がどのようにしたいかのイメージを決める事。色はそのイメージを表現する手段にすぎません。

自身のイメージ通りの色味にする為に再度踏むべき6ステップを記載します。

①近隣との写真を撮影し、調和させるのか目立たせるのか方向性を決める

②ご家族やご自身でイメージを言語化する

③イメージに合う色味を選び最低でもA4サイズ以上の面積で確認する

④室内の蛍光灯ではなく外で太陽光で確認、朝、昼、夜に色確認

⑤人気色や流行色もチェックしてみる

⑥カラーシミュレーション、試し塗りをしてみる

新築のように生まれ変わり、今後10年また毎日見る我が家の外観。

周囲の環境との調和を図り、外壁・屋根の塗り替え工事でのベストな色選びを実現させてください。

【全国50事例付き】塗装業者が教える外壁・屋根塗装の色選びで失敗しないための秘訣

絶対失敗しない外壁の色選びの8つのポイント

外壁の色を決めるときのポイントとおすすめシミュレーションサイト

お問い合わせ

タイプ
必須
場所
必須
ご要望
必須
ご要望詳細
お名前(フルネーム)
必須
ふりがな
郵便番号

入力いただくと下記に自動で住所が入ります。

ご住所
必須

お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。

番地
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
(営業電話は行いません)

※2018年は、全国で11,000棟以上のお見積りをご提出。
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

今すぐ見積りが欲しい方へ!
簡単無料見積り!

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


見積りに一切費用はかかりません。安心してお申込み下さい。

 

簡単無料見積り

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ