【保存版】雨戸リフォームの方法と費用を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
雨戸リフォーム

雨戸のサビや汚れが目立っており、リフォームを検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、リフォームをするにもどんな方法がいいのか、どれくらいの費用が掛かるのか、どこの業者に頼めばいいのか、はじめての場合は検討がつきませんよね。

雨戸のリフォーム方法には、塗り替え、もしくは交換というリフォーム方法が主流です。また、実はリフォームの請負業者の種類もたくさんあるのです。

本記事では、雨戸リフォームの種類、費用相場、雨戸リフォームの請負業者について詳細に解説いたします。

これから、雨戸リフォームを考えているという方は、是非ご一読ください。この記事が、今後のリフォームに役立ちますと幸いです。

1.まずは知っておきたい4つの雨戸リフォーム方法

雨戸のリフォームを考える時に、まずは押さえておきたいのがそのリフォーム方法ではないでしょうか。

雨戸のリフォーム方法は大別すると塗り替え、交換という主流な方法に加え、DIYや後付けリフォームという4つの選択肢があります。1章ではそれぞれの特徴を解説しますので、どの方法がご自身に合っているか判断する材料にしてください。

1-1.塗り替えリフォーム|費用を抑えてリフォームしたい人向け

塗り替えは雨戸の一般的なリフォーム方法の1つです。雨戸の材質は以前は木製のものが多くありましたが、現在では鉄やステンレス、アルミなどの金属製の材質が主流になっています。

木製の雨戸には塗装が施されている場合が多く、経年劣化により塗膜の剥がれやチョーキングといった現象がでてきます。金属製の雨戸であれば、表面の細かな傷に雨水が当たり続ける事で、金属特有のサビが発生することもあります。

いずれも防水機能が失われ、美観を損ねることはもちろん、雨戸自体の耐久性を下げることにも繋がります。塗り替えは、塗料により雨戸の表面を保護し防水機能を高め、上記のような症状を防止する効果があります。

お手軽に雨戸をリフォームしたい、近々、屋根・外壁の塗り替えするという人にオススメの方法です。

1-2.交換リフォーム|機能性を高めたい人向け

雨戸交換

読んで字の如く、古くなった雨戸を新しい雨戸に交換する方法です。

雨戸のリフォーム方法を考えたときに一番に思い浮かんだ方も多いかもしれません。新品の製品と取り替えるため、美観が良くなることは想像できるかとおもいます。

また、製品によっては様々なオプションを追加することもでき、雨戸の防犯性や遮音性など機能性を向上させることも可能です。雨戸自体の製品代が発生する分、塗り替えと比較するとリフォーム費用が高くなる傾向があります。

防犯面の機能を高めたい、見た目をがらっと変えたいという人にオススメの方法です。

1-3.DIYリフォーム|1階の雨戸のみリフォームしたい人向け

3つ目の方法がDIY、つまり自分で工具や材料を揃えてリフォームする方法です。

大切なお住まいを自分でリフォームできた時の達成感と充実感は先に説明した2つの方法では得られないものです。塗り替え、交換ともにDIYで工事が可能で、作業費用・設置費用がかからないため、上手くいけば価格を抑えることができます。

しかし、きちんとリフォームするには専門知識やかなりの労力を必要とするため、あまりオススメの方法ではありません。

塗り替えであれば塗装前の入念な下地処理や塗布量を遵守しなければ早期の剥がれに繋がりますし、もともと金属製の部分は塗料が定着しにくく、仕上がったときにムラが出てしまう事が多いです。交換は部材の紛失、破損等でかえって費用が高くなる場合もあります。また、2階以上の高所作業の場合は危険を伴いますので基本的に業者に依頼するのがオススメです。

1階のみリフォームしたい、自分でチャレンジしたい人向けの方法です。

1-4.後付けリフォーム|お住まいに雨戸がない人向け

現状、雨戸のないお住いにも雨戸を設置できるのがこの後付けという方法です。

最近の雨戸は軽量化されており、収納スペースも必要ないため比較的簡単に後付けすることができます。お住まいを雨水から守ることができ、防寒や暑さ対策にもなるなどメリットが多くあります。交換リフォームと同じく、「引き戸」「折れ戸」「シャッタータイプ」など、種類も豊富なので好きなデザインを選べるのも嬉しい所です。

様々なメリットがあるため、もともと雨戸がついていないお住まいの場合はオススメのリフォーム方法です。

2.雨戸のリフォーム費用相場

1章では雨戸のリフォーム方法について解説しました。どんな方法があるのか、それぞれの特徴を理解できたのではないかと思います。

次に気になるのが、やはりどれくらいの金額がかかるのかという部分ではないでしょうか。2章では、1章で解説したリフォーム方法の費用相場を説明します。

2-1.塗り替えリフォームの費用相場は1枚あたり2,000~5,000円

雨戸を1枚塗り替えする費用としては、2,000円~5,000円が相場です。お家に雨戸がある大きな窓が3箇所あるとすると、1つの窓に2枚の雨戸があると仮定して、全体では1.2万~3万円ほどで塗り替えができます。

ただし、2階などの雨戸を塗り替えるには別途足場代金(10万~20万円)が必要になります。上記の値段で塗り替えをするためには、外壁や屋根の塗装と同じタイミングでおこなう方が足場代金を抑える事ができるためお得です。

塗り替えの際に一番多く選ばれる色がブラウン・ブラックです。2色とも汚れが目立ちにくいのでとても人気です。ホワイトやグレーは汚れが目立ちやすいため、雨戸の中ではあまり人気がある色ではありません。ホワイトの雨戸は、1年もすれば劣化が目立ち始めます。

2-2.交換リフォームの費用相場は20,000~300,000円

交換リフォームの費用相場は20,000~300,000円が相場です。かなり幅があるように見えますが、これは雨戸の形状やサイズによって費用が変動するためです。タイプごとの交換費用の相場は以下を参考にしてください。

・単板タイプの引き違い雨戸交換…1枚につき約2~5万円

単板タイプは、最も安価でお手頃な方法です。すべて閉め切ると通気性が損なわれてしまいます。

・ルーバー型引き違い雨戸の交換…1枚につき約3~6万円

ルーバー型は、風通しなどを確保しつつ雨戸のメリットが得られます。費用は単板タイプより高くなります。

・シャッター型雨戸(手動)の交換…1枚につき約8~15万円

シャッター型(自動)は頑丈で防犯性能が高いです。単板タイプ、ルーバー型より価格は高くなります。

・シャッター型雨戸(自動)の交換…1枚につき約10~30万円

シャッター型(自動)は便利ですが、もっとも費用が高く故障などのトラブルもシャッター型(手動)に比べて多くなる傾向があります。

それぞれタイプごとにメリット・デメリットがありますので、お住まいの現状や、ご予算に合ったタイプの雨戸を選ぶと良いでしょう。

2-3.DIYリフォームの費用相場は10,000~100,000円

先述したとおり、あまりオススメなリフォーム方法ではありませんが、参考として塗り替えの場合と交換する場合の費用を記載します。

・塗り替えリフォーム

戸袋をDIYで塗装する際の流れや費用、必要な準備物をまとめた記事があります。雨戸と同様にお住まいの建具であり、材質(木製、金属製等)も基本的に同じであるためぜひ参考にされてください。

[戸袋の塗装]プロが教える、塗装のタイミング&費用

・交換リフォーム

雨戸1枚あたり…10,000~100,000円
どのタイプの雨戸を選ぶかで費用は大きく異なります。DIYであれば設置費用はかからないため、材料費(雨戸、工具等)と思ってください。

材料はホームセンターやインターネットで購入できますので、そちらも確認してみてください。

2-4.後付けリフォームの費用相場は20,000~300,000円

雨戸のないお住まいに、後付けで雨戸を設置する方法ですが、費用相場は20,000~300,000円です。交換リフォームと同様に、雨戸の形状やサイズによって費用は変動します。

ただ、交換リフォームと異なり既存雨戸の撤去費用が発生しないため、若干ではありますが交換より安価にすむ場合もあるかもしれません。タイプごとの費用に関しては先述した2-2を参考にされてください。

 

3.塗り替えは塗装会社、交換・後付けはリフォーム会社に依頼する

ここまで、雨戸リフォームの方法や費用相場について説明しました。では、どんな業者が雨戸のリフォームを請け負ってくれるのでしょうか。

・塗り替えリフォームの場合

雨戸を塗り替える場合は、塗装会社(塗装専門店)に依頼しましょう。

塗装会社であれば、塗料が定着しにくい金属製の雨戸であってもムラなくきれいにリフォームしてれるでしょう。

また、塗料にはメーカーにより基準塗布量などの規定があるため、しっかりとその規定を守る塗装会社に依頼すれば失敗するリスクを減らすことができます。

・交換リフォームの場合

雨戸交換の場合は、リフォーム会社に依頼しましょう。

お住まいの外装工事のみでなく、内装工事など幅広い工事に対応できるため、雨戸に関する知識も豊富な場合が多いので安心です。どんなデザイン、機能の雨戸が良いか相談にも乗ってくれるでしょう。

・後付けリフォームの場合

後付けリフォームの場合も、リフォーム会社に依頼するのが安心です。

先述した交換リフォームと同様ですが、雨戸の種類・製品自体の知識も豊富なので安心です。

 

4.雨戸をリフォームする際のポイント

最後に、雨戸をリフォームする際のポイントをお伝えします。しっかりとポイントを押さえて、失敗のない雨戸リフォームをおこないましょう。

4-1.雨戸リフォームは外壁塗装と同じタイミングがお得

雨戸をリフォームするタイミングは、屋根・外壁塗装と一緒におこなうのがオススメです。

雨戸リフォームは方法は異なっても、2階以上は高所作業になるため足場を立てる必要があります。
※梯子で取り付ける業者もいますが、一般的には足場で作業を立てて行います。

この足場代金が10万~20万円であるため、同じタイミングでお住まいの外装工事を済ませれば費用を削減することができます。

雨戸リフォームより、足場代金の方が高くなる場合がありますので、この方法をとればお得にリフォームができます。

また、雨戸を交換する場合でも、依頼する塗装会社に一度相談するとよいでしょう。知り合いの業者を紹介してくれるかもしれません。

4-2.雨戸リフォームで防犯対策も意識しましょう

雨戸を設置する事で防犯性能が上がることは簡単に想像できますね。雨戸を締め切ると侵入までに時間がかかるため、万が一、泥棒に狙われたとしても諦める可能性が高くなります。一般的に、侵入に5分以上かかる場合は70%が、10分以上の場合は90%の泥棒が諦めると言われています。

しかし、雨戸を締め切ることによるデメリットもあります。締め切ることで不在であることを泥棒に知られてしまいますし、別の場所から侵入された場合は雨戸を締め切っているので外からだと分かりにくいという点もあります。雨戸に加え、窓に補助鍵や防犯ロックを設置し、防犯対策も意識するとよいでしょう。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本記事では、雨戸リフォームの方法やその特徴、費用相場について主に解説しました。この記事が今後の雨戸リフォームに参考になれば幸いです。

雨戸リフォームには塗り替え、交換、後付け、DIYといった4つの方法があります。DIYは、失敗や高所作業でのリスクがともなうためオススメはできませんが、1階部分だけ自分でやりたいという方はチャレンジしてみてください。

また、雨戸のリフォームは、足場代金を抑えるためにも屋根・外壁塗装と同じタイミングで検討しましょう。
お住まいの状態やご予算に合った方法で雨戸リフォームを成功させましょう。

お問い合わせ

ただいま関西地区は台風の影響により、ご希望の診断日に対応出来かねる場合がございます。ご迷惑、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。
番地
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

今すぐ見積りが欲しい方へ!
簡単無料見積り!

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


見積りに一切費用はかかりません。安心してお申込み下さい。

 

簡単無料見積り

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ