外壁の工事が初めての方へ!知っておくべき外壁工事の種類と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「長年にわたり住んでいる家の外壁にひび割れがある。この家に住み始めてからそろそろ20年近く経つし、外壁の工事をしたほうが良いのかな?」そんなお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか?
しかし、初めて外壁の工事を検討する方にとっては「外壁の工事には果たしてどんな工事があるのか?」「どのくらいの費用が必要となるのか?」「どんな業者に依頼すればいいのか?」など、工事を検討するにあたっては、分からないことが多いのではないしょうか。

外壁の工事は大きく分けて、外壁全体の色を変える「塗装工事」、外壁そのものの素材を変える「張り替え・重ね張り工事」の3種類があります。また、ひび割れや目地部の劣化など小さい劣化症状に対して行う「部分的な補修工事」が必要な場合もあります。これらの工事を実施するにあたっては、建物の劣化状況、予算、ご自身のイメージに合わせて工事の内容を決めていく必要があります。

今回の記事では、そんな外壁の工事について初めてのことばかりで何から始めれば良いのか分からないという方に向けて、工事の種類、費用、業者選びのポイントなど、押さえておくべきポイントをご紹介します。
ご自身のイメージにピッタリの外壁に改修するために、本記事がお役に立てば幸いです。

1.外壁の工事を行う前に押さえておきたいポイント

外壁の工事には全体の色を変える「塗装工事」、既存の外壁から素材を変える「張り替え工事」「重ね張り工事」という3種類があります。まずは、それぞれの工事について簡単にご説明します。

1-1.外壁工事の種類について

①塗装工事

塗装工事は既存の外壁の上に塗料を塗る工事のことです。外壁に塗られた塗料は雨や紫外線の影響を受けることにより、劣化してしまいます。そのため、建物を長持ちさせるためにこの塗装工事を行う必要があります。

【費用目安】約100~150万円 ※使用する塗料や施工する面積によって変動します

 

②張り替え工事

張り替え工事とは既存の外壁を全て撤去して、新しい外壁を張り付ける工事のことです。外壁に雨水が浸入し、脆くなってしまった場合や、建物内に雨漏りが発生してしまった場合には、外壁自体を新しく交換する必要があるためこの工事が行われます。
モルタル外壁をサイディング外壁にする、モルタル外壁をタイル張りにする、など変更もできるため、風合いを替えたいという方におすすめの工事です。

【費用目安】約200~280万円 ※施工面積と張り付ける外壁材によって価格は変動します

 

③重ね張り工事

重ね張り工事とは、張り替え工事とは違い既存の外壁を撤去せずに新しい外壁を張り付ける工事のことです。既存の外壁の撤去が無い分、張り替え工事よりも安価に工事を行えます。また、建物内の雨漏りが進行していない場合にもこの重ね張り工事が実施できます。

【費用目安】約180~250万円 ※施工面積と張り付ける外壁材によって価格は変動します

1-2.外壁にこんな劣化症状が発生したら工事を検討しよう

外壁の劣化症状の状態のレベルによって実施する工事の種類が変わってきます。どのような見た目の時にどのような工事を実施する必要があるのか、レベル順にまとめましたので次の表を確認しながら、ご自宅の状態を見てみましょう。そして、次のような症状が見つかった場合は、外壁の工事を専門としている業者の方にプロの視点から見た建物の状況と最適な工事の種類を聞くようにしましょう。

症状 状態 画像 必要となる工事の種類
カビ・藻の発生 北側や隣接する建物との境面など日当たりの悪い場所に発生する。建物の耐久性に関わるような深刻な劣化症状ではないが、見た目が悪くなってしまうため、塗装工事などを行う必要がある。

【危険度】 小

・塗装工事
チョーキング 外壁を触った際に白い粉状のものが付着する状態。塗膜の樹脂が太陽光の紫外線や水により分解されることにより発生。遮断性が低下しているサインでもある。サイディング外壁、モルタル外壁どちらでも発生する。

【危険度】 小~中

・塗装工事

・重ね張り工事

浮き・剥がれ 塗装の付着力が低下し、塗装が下地から浮きあがったり、剥がれている状態。浮きや剥がれまで進行すると外壁を保護する機能がなくなっている状態。

【危険度】 中

   ・剥がれ補修

・塗装工事

・重ね張り工事

コ―キングのひび割れ・痩せ サイディング外壁でできている建物にはボードとボードの間にコ―キングという緩衝材が使用されている。このコ―キングも経年とともに劣化し、肉痩せやひび割れが発生する。コ―キングが劣化すると、そこから水が浸入し、雨漏りの原因ともなるため、補修工事が必要となる。

【危険度】 中

・新しいコーキング材の打設

・塗装工事

外壁自体のひび割れ 地震など建物に動きが発生すると、サイディング外壁、モルタル外壁ともにひび割れが発生する。このひび割れが発生することにより、雨水が建物内に浸入しやすい状況を作ってしまうため、複数ひび割れがある場合は注意が必要である。

【危険度】 中~高

・ひび割れ補修

・塗装工事

・重ね張り工事

サイディング外壁の反り サイディングは水を吸収しやすい素材で作られているため、塗料の膜が劣化し薄くなると、サイディングに反りが発生する。外壁自体の防水性が低くなっている、かつ建物に水が浸入しやすくなっているため、工事が必要となる。

【危険度】 高

・張り替え工事

 

【POINT】雨漏りが進行している場合は「張り替え工事」が必要になる場合も

上記であげたような外壁の症状を見たうえで、建物内に雨漏りが無いか確認してみましょう。雨漏りが発生している場合、外壁や断熱材、構造体となっている木材が雨水により腐食している危険性があります。腐食が進行している場合は、塗装工事や重ね張り工事ではなく、張り替え工事が必要になる場合もあります。

 

2.塗装工事について

2-1.塗装工事の概要

塗装工事は既存の外壁の上に塗料を塗る工事のことです。新築で建てられた時に実は外壁にも屋根にも塗料が塗られた状態で建てられています。しかし、建物に塗られた塗膜は紫外線や雨水の影響を受けると次第に劣化し、膜が薄くなってしまい、1章であげたような劣化症状が多く発生してしまいます。そのため、10~15年に一度、定期的に塗装することで、建物を長持ちさせることができるのです。
下記に塗装工事のメリット、デメリット、どんな人におすすめなのかをまとめました。

塗装工事のメリット・デメリット・費用相場について
メリット ・比較的安価で外壁の工事ができる。
・遮熱性、防水性、低汚染性(汚れにくい性質)などの性能を持つ塗料を使って塗装することで、住まいの環境を快適にできる。
デメリット ・10~15年に1度は塗装工事を行う必要があるため、定期的なメンテナンスコストが発生してしまう。
※使用する塗料によってメンテナンス周期は異なる
こんな人・家におすすめ ・既存の外壁の素材で定期的に色替えを楽しみたい方
・新築で家を建てて、10年以内の家
・チョーキング、色あせ、カビ、藻の発生など軽度な劣化症状の家
費用相場 約100~150万円 ※使用する塗料や施工する面積によって変動します

2-2.塗装に使用する塗料の種類

塗料は種類によって特徴や耐用年数、価格が大きく異なってきます。注意しておきたいのが、ただ安さだけを重視して選ばないことです。安さだけを重視して塗料を選んでしまうと、その分耐用年数が低いために頻繁に塗装する必要があり、高額な工事費用が発生し、結果的に割高になることもあります。

反面、耐久年数が高い塗料は将来的に塗装回数が少なくて済むということもあります。

本節では塗料の種類と特徴を簡潔に説明します。

【外壁に使用する塗料の種類】

塗料 耐久年数 特徴
ウレタン 約5~7年  シリコン塗料が主流となるまでよく使用されていた塗料。安価に施工でき、施工しやすさが売り。耐用年数が低いため、雨どいなどの付帯部に利用されることが多くなった。
シリコン 約7~10年 現在、最もスタンダードな塗料としてよく外壁の塗装に使用されている塗料。値段に対しての耐用年数のバランスがよく、コストパフォーマンスが高い塗料である。塗料に対してこだわりが無いという方はシリコン塗料の使用がおすすめ。
フッ素 約15年~ シリコン塗料をしのぐ高い耐候性を発揮する塗料。 また汚れにくさにも優れているため、長持ちし、かつ長期間美しく保ちたい、という方におすすめの塗料。高額になってしまうのがデメリット。
無機 約20年~  塗料の種類の中で最も高い耐候性を発揮するのが無機塗料である。ガラス成分が主成分であるため、耐候性は抜群である。
長期間メンテナンスをしなくて良いようにしたい、という方におすすめ。

上記の樹脂を用いた塗料の中で、太陽の近赤外線を反射し建物の温度上昇を抑える遮熱塗料や汚れの付着を抑える低汚染塗料など、さまざまな性能を発揮する塗料があります。
自分の家にはどんな塗料を選べばよいかわからないという方も多いかと思います。そのような方のために塗料選びのポイントや塗料の種類を詳しくまとめた記事がありますのでぜひ塗料選びの参考にしてください。

外壁塗料の選び方をプロが解説!塗料の種類&価格&色&業者まで全部わかる!

2-3.塗装工事のまとめ

塗装工事は他の外壁工事に比べて比較的安価で施工ができ、既存の外壁の素材を活かして色替えを楽しめる、というのが最大のメリットです。
塗料選びについて特に何もこだわりがない、という方は価格と性能のバランスが良いシリコン塗料を使用して塗装を行うことをおすすめします。「価格が高くなっても良いから長持ちする塗料がよい」という方はフッ素塗料や無機塗料、夏場の暑さを軽減したい方は遮熱塗料、汚れがつかないようにしたいという方は低汚染塗料、など、様々な種類がありますので、ご自身の要望を塗装業者の方に相談するようにしましょう。

 

3.張り替え・重ね張り工事について

3-1.外壁の張り替え・重ね張り工事の概要

張り替え工事とは既存の外壁を全て撤去して、新しい外壁を張り付ける工事のことです。外壁に雨水が浸入し、構造体が腐食してしまったり脆くなってしまった場合に外壁自体を新しく交換する必要があるためこの工事が行われます。

対して重ね張り工事は張り替え工事とは違い既存の外壁を撤去せずに新しい外壁を張り付ける工事のことです。
モルタル外壁をサイディング外壁にする、モルタル外壁をタイル張りにする、など変更もできるため、風合いを替えたいという方におすすめの工事です。
張り替え工事と重ね張り工事について下記にて比較してみました。

【張り替え工事と重ね張り工事の比較】

張り替え工事 重ね張り工事
特徴 既存の外壁を全て撤去して新しい外壁材を張り付ける工事。
外壁が全て新しくなるため、建物自体の耐久性が高くなる。
既存の外壁材を残したまま撤去せずに新しい外壁材を張り付ける工事。
建物自体は新しくまだ劣化症状が深刻化していない家におすすめの工事。
メリット ・下地材や断熱材も一新できるため建物自体の耐久性が高くなる
・既存の外壁とは違う風合いの仕上がりにできる
・2~3週間と工期が短い。
・張り替え工事に比べて安価で工事ができる。
デメリット ・外壁の工事の中で最も高額な費用がかかってしまう
・工期が3週間から1カ月ほどかかってしまう
・もし雨漏りにより下地が腐食していた場合、下地の補修ができずそのままになってしまう。
こんな家におすすめ ・建物内部に雨漏りの発生があり、構造体が腐食している危険性のある家
(劣化が激しく進行している家)
・チョーキング、カビ、藻の発生など、劣化症状が軽度で、建物の雨漏りが進行していない家
費用相場 約200~280万円
※施工面積と張り付ける外壁材によって価格は変動する
約180~250万円
※施工面積と張り付ける外壁材によって価格は変動する

張り替え工事と重ね張り工事は塗装工事と比較して高額にはなります、今の建物とは全く違う雰囲気にしたい、という方、モルタルからサイディングにしたい、という方におすすめの工事です。
・張り替え工事=雨漏りが発生し、建物の下地材が腐食している場合の工事
・重ね張り工事=下地材が腐食しておらず既存の外壁材も劣化が比較的進行していない場合の工事
と覚えておきましょう。

3-2.外壁の張り替え・重ね張り工事に使用する素材の種類

外壁の張り替え・重ね張り工事には、窯業系サイディング、金属サイディングなど様々な外壁材が使用され、それぞれ特徴や価格が異なります。一覧で種類と特徴をまとめました。

外壁材名 写真 費用(1㎡あたり) 特徴(メリットとデメリット) こんな人にオススメ!
窯業系サイディング  4,500~8,000円 セメントなどを原料として木片や繊維などを混ぜて加工、成形したサイディングです。

【メリット】
・遮音性に優れている。
・デザインが豊富。

【デメリット】
10年を目安に塗替えやシーリング材の交換などが必要。

・おしゃれでデザイン性に優れている外壁材が良いという方
金属系サイディング  4,000~7,000円 金属系サイディングは、表面は金属系の素材で裏は断熱材で構成されている外壁材。金属製のため丈夫な造りで、メッキと塗装処理により腐食しにくい、という特徴があります。

【メリット】
・断熱性が高い。
・ローコスト。

【デメリット】
10年を目安に塗替えやシーリング材の交換などが必要。

・モダンなデザインにしたい、耐震性に優れた外壁材が良い方
木質系サイディング  5,500円~
※ものによっては、10,000円以上
天然の木に塗装したサイディングです。湿気の多い日本において、木の呼吸を遮らない加工を施したものが多く使用されています。

【メリット】
・断熱性がある
・木の風合いを楽しめる
・環境にやさしい

【デメリット】
こまめなメンテナンスが必要

・木の風合いを楽しみたい方
樹脂サイディング  3,400~5,000円/㎡ 樹脂系サイディングは塩化ビニル樹脂を原料としたもので、塩害や凍害などに優れた耐候性を発揮します。また金属系サイディングと同様、軽量であるため、建物自体にかかる負担が少なくなります。

【メリット】
・耐久性が高い
・メンテナンスがほぼ不要

【デメリット】
・取り扱いの業者が少ない

・メンテナンスの手間をできるだけ省きたい方
磁器タイル 10,000~13,000円/㎡ 耐久性が非常に高く、紫外線や雨などの自然環境に対して劣化や変色・変質がほとんどありません。

【メリット】
・メンテナンスがほぼ不要。
・高級感を付与できる。

【デメリット】
・初期費用が高額である。
・適正な工法で施工されない場合、浮きや剥がれが発生する場合がある。

・メンテナンスの手間が省きたい方
・高級感のある家にしたい方

※価格は業者や商品によって異なります。

このように一言で張り替え工事、重ね張り工事と言っても様々な外壁材の種類があるため、かかる費用やどんな仕上がりにしたいか、という要望に合わせて素材を選ぶと良いでしょう。

3-3.張り替え・重ね張り工事のまとめ

張り替え工事や重ね張り工事は、塗装工事以上に高額な施工費用がかかってしまいます。しかし、建物自体の耐久性が高くなり、何より建物の雰囲気をガラッと変えることができるのが最大のメリットです。

モルタル外壁から雰囲気を変えたい、価格と性能がバランスが良いものにしたいという方は窯業系サイディングをおすすめします。その他、自然な雰囲気にしたい、モダンでおしゃれな雰囲気にしたい、とにかくメンテナンスが不要になるようにしたい、という方に向けても木質サイディング、金属系サイディングなどの種類があります。どのような外壁の雰囲気にしたいのか、イメージをしっかりともったうえで外壁材を張り替え、重ね張りすることをおすすめします。

下記にサイディングの特徴とタイルの特徴をまとめた記事を掲載しています。どんな外壁材にしようかご検討の方はぜひこちらの記事をご覧下さい。

オシャレな外壁を演出する!サイディングの特徴を徹底解説!

外壁をタイルでリフォームするメリットとかかる費用

 

4.補修工事について

部分的に塗膜の剥がれが発生している、目地部分のコーキングが劣化しひび割れている、ところどころ壁にひび割れがあるなどの場合、壁全体を大幅に工事せず、部分的に補修するだけで良い場合があります。
第4章では、補修工事の種類とどのような場合にその補修工事を行うのか、ご紹介します。

4-1.コーキングの打ち替え補修

サイディング外壁の場合、ボードとボードの間にコーキングという緩衝材が使用されています。このコーキングが経年とともに劣化し、肉やせやひび割れが発生します。このような状態になった場合には、既存のコーキングを除去して、新しく打ち替える必要があります。このコーキングは5~10年を目安に劣化が始まると言われています。定期的に様子を確認し、ひび割れや肉痩せが発生していないかチェックするようにしましょう。

【費用目安】 1,000~2,500円/m
コーキングの補修方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をぜひご覧ください。

【徹底解説】サイディング外壁にあるコーキングの特徴と種類・役割

4-2.ひび割れの補修


画像出典:プロタイムズ金沢駅西店

モルタル外壁やサイディング外壁にひび割れがあった場合に行う補修工事です。ひび割れの部分にコーキング材を充填し、その上から塗料を塗ることで、ひび割れが目立たないようにします。安価にてひび割れを直すことができますが、部分補修を行った場合、他の外壁箇所との色の誤差が出てしまうため、可能な限り外壁全体を塗り直す必要があります。

【費用目安】 2,000~3,000円/m

4-3.塗膜剥がれの補修


外壁の上に塗っている塗料が経年劣化により剥がれることがあります。このような劣化が見られる場合にはこの剥がれ部分だけ剥ぎ取って補修することができます。まず剥がれている部分の塗膜をヘラなどを使用して剥ぎ取ります。その後、高圧洗浄を行い、同じ色の塗料を塗っていき、剥がれていた部分を目立たなくすることができます。

ひび割れ補修と同様、剥がれ部分だけ補修すると、他の外壁箇所との色の誤差が出てしまうため、可能な限り外壁全体を塗り直す必要があります。

【費用目安】 4,000~6,000円/㎡

外壁の補修方法については下記の記事で詳しく紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

【5分で分かる!】モルタル下地外壁の補修の必要性とその方法

4-4.補修工事のまとめ

補修工事は大規模な工事に比べて、工事費の総額を安価に抑えることができるという良さがあります。

しかし、その一方で部分的に補修を行うため、色が他の面と違ってしまったり、工事費が割高になるなどのデメリットがあります。特に大規模な工事時期が到来した建物については部分補修が良いとは言い切れません。

第5章でも述べますが、まずは外壁の工事を専門で行っている業者の方にいえの状況をチェックしてもらい、補修工事で良いのか、塗装工事や張り替え工事を行う必要があるのか、アドバイスをもらうようにしましょう。

 

5.外壁の工事を検討する際はまず業者に相談してみよう

これまで①どんな劣化症状の時に外壁の工事を行わなければいけないのか、②どんな工事の種類があるのか③それぞれの工事でどのような特徴があるのか紹介してきました。最後の一つアドバイスがあります。それは、外壁の工事を検討する際には、まずは専門の業者の方に相談するのをおすすめする、ということです。

建物の劣化状況はご自身でもチェックできますが、建物の内部の状態など、自分でチェックできない箇所もあります。プロの業者の方であれば、隅々までチェックしたうえで建物の状況に最適な工事を提案してくれます。

それでは、「どのような業者に建物チェックをお願いしたら良いのか」と思われる方もいらっしゃるかと思います。見極めのためのポイントとして下記3つを満たしている業者に依頼するようにしましょう。

 

・その1 建物診断をする人が専門の資格を所有している 

・その2 正しい測定ができる診断器具を使用している

・その3 診断後に提出される報告書に根拠があり詳細に記載されている

 

上記の3つを満たすかどうか、ホームページを細かくチェックする、「どのようにして建物を診断するのですか」と電話で尋ねるなど、業者の診断方法について十分に調べたうえで診断を依頼するようにしましょう。

本サイト『リフォームジャーナル』を運営するプロタイムズでも、無料診断を実施しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

 

まとめ

今回は初めてのことばかりで外壁の工事について何も分からないという方に向けて、どんな工事があるのか、どんな劣化症状の時にどの工事を行ったら良いのか、についてご紹介してきました。

外壁の工事を行う際には、まず自分で簡単に建物の状況をチェックしてみましょう。チェックしたうえでどのような工事を行えばよいのか把握して、業者の方に細かい診断を依頼し、最適な工事を提案してもらうようにしましょう。

建物をメンテナンスすることは建物を長く使い続けるために必要不可欠なものです。もしメンテナンスを長期間行わずに放置してしまうと、雨漏りが進行し、大規模な改修工事が必要になる危険性もあります。そのような事態にならないためにも、1年に1回は建物を細かく見るようにして、工事の時期を把握するようにしましょう。

お問い合わせ

ただいま関西地区は台風の影響により、ご希望の日程に対応出来かねる場合がございます。ご迷惑、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

タイプ※
場所※ 外壁屋根その他
ご要望※ 診断塗装補修リフォームその他
ご要望詳細
お名前(フルネーム)※
お電話番号※ 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所※ お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。
番地※
メールアドレス※
ご希望の返答方法 電話メール

※2018年09月の診断・見積り提出数1,200棟以上
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

今すぐ見積りが欲しい方へ!
簡単無料見積り!

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


見積りに一切費用はかかりません。安心してお申込み下さい。

 

簡単無料見積り

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

Array ( [0] => 46076 [1] => 27212 [2] => 14698 [3] => 4418 )

ページトップ