お住まいに屋根修理は必要?修理方法、費用まで基礎をプロが解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
屋根修理

「屋根の修理を考えているけど、修理費用を知りたい、どの業者に頼めばいいのかわからない!」屋根修理について、このような不明点がある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、屋根の劣化症状別の修理方法や修理にかかる費用など、屋根修理を考える上で知っておくべき知識を紹介します。これから屋根修理をお考えの方、屋根修理に失敗したくない方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。


1.お住まいの屋根は修理が必要?

1-1.屋根の種類別!屋根修理が必要な劣化症状

現在の屋根材に下記のような劣化症状がみられる場合は、屋根修理が必要となります。

1-1-1.スレート瓦

●スレート瓦
屋根
耐久年数(修理目安時期)・・・10年

厚さが4.5mm、内容成分は85%がセメント、15%の繊維で構成されています。軽量である為、建物への負荷が少ないという意味から地震対策としても大変に有利な瓦素材です。弱点としては、寒さに弱いため、寒冷地では使用できない瓦とされており、北海道には一棟もありません。スレート瓦の主成分はセメントですが、セメント自体には実は防水性がないため、工場出荷時には表面を塗装した状態で出荷されている屋根材です。

【修理が必要な劣化症状】

苔・藻(屋根全体的な発生)変退色塗膜剥離
苔屋根塗装剥がれ
ひび割れ欠けズレ
ひび割れわれスレート瓦_ズレ3
抜け落ち反り屋根材内部からのめくれ
スレート屋根_抜け落ち反りスレート瓦_屋根内部からのめくれ

1-1-2.和瓦

●和瓦
和瓦
耐久年数(修理目安時期)・・・20~30年

高級感のある色つやがあり、屋根材の表も裏も渋い銀色で和風住宅の屋根や日本建築のお城や寺社などによく使われています。断熱性や通気性などが高く、粉砕して歩道の表層などにリサイクルができるのが特徴です。

【修理が必要な劣化症状】

ひび割れ欠け
和瓦_ひび割れ欠け
ズレ抜け落ち
和瓦_ズレ画像出典:プロタイムズ都城店抜け落ち

1-1-3.セメント瓦・モニエル瓦

●セメント瓦・モニエル瓦
セメント瓦モニエル瓦
耐久年数(修理目安時期)・・・10~15年

スレート瓦と比べると、厚みがあるので遮音性・断熱性能が高いです。また、屋根材の重量が1坪あたり140kgと他の屋根材に比べて重いので台風・強風に強く、飛ばされたりずれることが起きにくいという特徴があります。本体のセメント自体には防水性がありませんので、塗装による定期的なメンテナンスが必要です。そして、屋根材の重ね代が30~50mmと小さいため雨仕舞いが悪いという特徴もあります。

【修理が必要な症状症状】

苔・藻(屋根全体的な発生)変退
ひび割れ
セメント瓦_苔・藻変退色モニエル瓦割れ
画像出典:プロタイムズ福岡北店
欠けズレ塗膜の剥がれ
欠けズレ塗膜の剥がれ

1-1-4.金属屋根

●金属屋根
金属屋根
耐久年数(修理目安時期)・・・10~20年

その金属素材やメッキの種類によって「ガルバリウム鋼板」、「銅板」、「カラー鉄板」などの種類があります。屋根材の中で最も軽いため施工がしやすく、耐震性に優れています。素材そのものの特徴柄、耐熱性と耐水性が高いですが、金属材料のみでの断熱性は期待できません。使用する金属材料が薄い場合、遮音性が低くなるので、雨滴や風の影響で金属板から音が発生することもあります。また、経年劣化が進むと錆が発生するので、耐久年数を少しでも延ばすために、塗装などの定期的なメンテナンスが必要な屋根材です。

【修理が必要な症状症状】

サビの発生変退色
塩ビ_めくれ錆の発生
めくれ穴あき
折半屋根_破損金属屋根穴あき

1-1-5.アスファルトシングル

●アスファルトシングル
アスファルトシングル
耐久年数(修理目安時期)・・・15~20年

100年以上前にカナダで考案された屋根材です。重さは一般的な瓦の約5分の1で耐震性に優れ、高い防水性、耐久性がありますが、弱点としては耐火性に劣る点と施工時に接着剤を使用しているため、はがれやすいという点が挙げられます。

【修理が必要な症状症状】

剥がれめくれ破れ
アスファルトシングル_破れ アスファルトシングル_めくれアスファルトシングル_破れ

【重要】自身で屋根上にのぼって劣化症状を確認するのはやめましょう!
ご自宅の屋根の症状を自身で確認したくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、屋根の上は非常に危険です。
見た目では判断できないですが、劣化により瓦が割れやすくなっている場合もあり、踏むと瓦が割れてしまうこともあります。
また、屋根にのぼりなれた専門業者でも、安全靴とヘルメットをしっかりと着用し対策したうえで屋根の上にのぼりますが、屋根の上から転落し大きな事故になるケースも多くあります。(平成29年の建設業における墜落・転落による死傷災害:5,163件、うち死亡災害:135件)※厚生労働省の労働災害統計
急な勾配(5.5寸勾配以上)の傾斜がある屋根の場合は、専門業者でも屋根足場がなければ屋根にのぼることは危険です。
感覚的にのぼれそうな勾配の低い屋根であっても、雨や霜・苔や藻で滑りやすくなっている場合もあり非常に危険ですので、一般の方が屋根にのぼることは絶対に避けてください。劣化症状の確認は必ず専門業者に依頼するようにしてください。

▼本サイトを運営しているプロタイムズ・ジャパンでも“無料診断”を実施しています。詳しくは、こちらをチェックしてみてください。

外壁・屋根の無料診断

1-2.屋根材の劣化放置はNG!早々に修理すべし

1-1でご紹介した劣化症状を放置し続けると、屋根から建物の内部に雨水が浸入しやすい状況に陥ってしまいます。雨水の浸入は、建物内部の腐食や雨漏りを起こす危険性があるということです。雨漏りが起きてしまうと大規模な工事が必要になり、修理費用もその分高くなってしまいます。屋根や建物は徐々に傷むのではなく水が浸入することで急激に傷むため、水が浸入する原因(屋根材の劣化)を発見した場合、または築年数に応じて放置せず専門業者に確認してもらう事をお薦めします。

【屋根材の劣化を放置した場合の一例】※スレート瓦の場合

●ひび割れ
ひび割れ部分から、建物内部に雨水が浸入し野地板が腐食すると、雨漏が発生しやすくなります。

劣化

●苔・藻の発生
藻やカビは塗膜が劣化し、屋根材の防水性が低下することで発生します。防水性の低下=水分を含みやすい状態のため、野地板や垂木などの腐食が発生する危険性があります。

劣化

●変退色
変退色は、紫外線や水の影響により塗料の膜が薄くなることで発生する劣化症状です。放置すると、建物の防水性が低下するため、屋根から雨水が浸入し、野地板が腐食してしまいます。

劣化

●サビの発生(棟板金部分)
棟板金や止め釘に錆が発生することにより、棟板金止め釘の抜けが発生しやすくなります。釘が抜けた結果、強風で板金が外れたり水の浸入で貫板が腐食する危険性があります。劣化

2.屋根修理の方法を徹底解説

2-1.一般的な屋根修理の方法

屋根修理は屋根材の劣化状況によって、修理方法が異なります。
修理方法としては、下記①~④といった種類があります。
①部分補修(部分的な修理)
②塗装工事
③カバー工法(重ね葺き工事)
④葺き替え工事

※塗装工事に「修理」というイメージが無い方もいらっしゃるかもしれませんが、塗装工事も修理方法の一つとなります。
屋根材のひび割れや苔・藻の発生は、屋根材に雨水が浸入する事で発生する劣化症状です。雨水は、屋根材に塗装された塗料の防水機能が低下することで屋根材に浸入します。塗装工事は、低下した屋根材の放水機能を蘇らせるために必要な修理方法となります。

①【部分補修(部分的な修理)】・・・一部の屋根材の劣化箇所を、部分的に修理する方法
一部のひび割れ・欠けといった状態に対して、一時的な応急処置を行なう工事です。衝撃により屋根材の一部にひび割れや欠けが生じてしまった場合に用いる事が多く、屋根全体的な耐久性をのばす工事ではありません。

②【塗装工事】・・・既存の屋根材に塗料を塗る(塗り替える)方法
色あせ、カビ・苔の発生や一部なひび割れ・欠けといった症状で、屋根の傷みがひどくなる前に、定期的に塗り替えリフォームを行なうことで、耐久性を持たせることができる工事です。塗料によっては断熱といった機能を持つ塗料も存在するので、ライフプランに合わせた塗料を選ぶことができます。

③【カバー工法(重ね葺き工事)】・・・既存の屋根材を撤去せず、その上に新たな屋根材をかぶせる方法
屋根材の劣化が全体に進行している、または、強度不足で塗装できない場合に対応し、屋根材の下に設置されている「野地板」の傷みが少ない場合には適した工事になります。塗装工事よりイニシャルコストが高い反面、耐久性が高く比較的大規模な修繕を行なうことになり、長期的な費用の観点から見て、塗装工事よりカバー工法を選択する事もあります。既存の屋根材を撤去しないので廃材が出ず環境にやさしく、屋根材が二重になるので、断熱性、遮音性も高まります。廃材がでないため、葺き替え工事より費用を抑えつつも屋根の耐久性を上げるとともに、性能も新しくすることができる工事です。

④【葺き替え工事】・・・既存の傷んだ屋根材を取り外し、新しい瓦を乗せ替える方法
軽度なひび割れといった症状ではなく、雨漏りが発生している、屋根材の下に設置されている「野地板」の傷みが酷く腐食が進んでしまった屋根でもリフォームが可能な工事です。屋根材の撤去・処分があるため工事期間が長く、その分職人の人件費も掛かるため費用も他の修理と比較すると高くなりますが、軽量化された金属屋根に取り替えることで、家への荷重を低くし減震効果を望むこともできます。また、屋根材の下に敷いてある防水シートも交換するため、屋根全体を新しくに蘇らせることができます。ただし、工事中の降雨対策が必須となります。

2-2.劣化症状別!屋根修理の方法

ここからは、劣化症状別の修理方法についてご紹介いたします。
修理方法は、1ー1でご紹介しました劣化症状によって、修理方法がそれぞれ異なります。
また、同じ症状でも屋根材の種類によって修理方法が異なりますので、下表を参考にされてください。

●スレート瓦
苔藻の発生や変退色、塗膜剥離や1~2枚の割れ・欠けであれば、部分補修を施した後に塗装することも多くあります。
(屋根材が1枚が割れた修理の場合、屋根材1枚を差し替えてから、仕上げに塗装する修理や、塗装せず部分補修のみで終わる修理もあります。)
一方で、パミール・かわらU(商品名称)のような、塗装ができない種類や、すでに瓦が割れそうな程劣化している場合は、カバー工法や葺き替えを行ないます。
修理方法としては、特に症状のみで判断がしにくい屋根材となります。

劣化症状修理方法
苔・藻(屋根全体的な発生)塗装
変退色塗装
塗膜剥離塗装
ひび割れ部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事
欠け部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事
ズレ部分補修、カバー工法、葺き替え
抜け落ち部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事
反り部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事
屋根材内部からのめくれカバー工法、葺き替え工事

●和瓦
基本的には、塗装やカバー工法での修理はできない屋根材となります。(一部の特殊な塗料で、塗装での修理ができるケースはあります)

劣化症状修理方法
ひび割れ部分補修
欠け部分補修
ズレ部分補修
抜け落ち部分補修

●セメント瓦・モニエル瓦
基本的には、多くの劣化症状を塗装で修理できる屋根材となります。

劣化症状修理方法
苔・藻(屋根全体的な発生)塗装
変退色塗装
ひび割れ部分補修、部分補修+塗装、葺き替え工事
欠け部分補修、部分補修+塗装、葺き替え工事
ズレ部分補修、葺き替え工事
抜け落ち部分補修、部分補修+塗装、葺き替え工事

●金属屋根

劣化症状修理方法
サビ塗装
変退色塗装
めくれ部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事
穴あき部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事

●アスファルトシングル

劣化症状修理方法
骨材の剥離塗装
めくれ部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事
剥がれ部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事
破れ部分補修、部分補修+塗装、カバー工法、葺き替え工事

※注意
上表の通り、劣化症状に対して複数の修理方法を記載している項目がありますが、同じ劣化症状でも、症状の状態(範囲や進行度合い)によって修理方法が変わる場合もあります。
例えば、スレート瓦で「ひび割れ」の劣化症状がある場合・・・
ひび割れ箇所が「1~2箇所」であれば部分補修で修理できることもあれば、ひび割れ箇所が「屋根全体的に複数発生」であればカバー工法・葺き替えで修理する必要があります。

また、「ひび割れ+塗膜剥離+欠け」など複数の劣化症状が併発している場合もあり、複数の劣化症状から修理方法を判断する必要があります。よって修理方法は1種類の症状だけで判断せず、発生している全ての症状から判断する必要があります。

3.屋根の修理費用はどれくらいかかるの?

3-1.修理方法別の費用相場と、修理後の耐用年数

2-2でご紹介した通り、屋根の劣化症状によって修理方法が変わり、その修理方法によって価格・耐用年数も異なります。
また、修理費用は修理業者によっても異なりますので、ご自宅の屋根の具体的な修理費用を知りたい方は塗装業者や工務店へ見積りを依頼されることをお薦めします。

修理方法費用相場修理後の耐用年数
補修工事(部分補修)数万円~(範囲次第)一時的な応急処置
※屋根全体の耐用年数は工事前から変化なし
塗装工事60~100万円10年~
カバー工法(重ね葺き工事)80~160万円20年~
葺き替え工事約160万円~20年~

下記①~④のような条件によって、費用や耐用年数が異なることも知っておきましょう。
①塗装工事は、使用する塗料の種類によって、耐用年数が異なります。
②カバー工法・葺き替え工事は、使用する屋根材の種類によって、耐用年数が異なります。
③上記費用相場はそれぞれ、使用する塗料や屋根材の種類によって大きく変動します。
④屋根の大きさによっても費用は異なります。

※塗料の種類について詳しい内容は、下記の記事をご覧ください
※屋根材の種類について、主なメーカーや製品など詳しい内容は、下記の記事をご覧ください

【最新2020年版】建築塗料メーカーを徹底解説!

【決定版】屋根材の種類と、新築・リフォームにおすすめの商品まとめ

3-2.屋根修理への火災保険の適用可否

屋根修理には条件次第で、火災保険が適用できる場合があります。

自然災害(台風・竜巻・突風・落雷・豪雨・大雪など)による被害は、火災保険(風災保証)の対象となります。火災保険に加入している場合は、修理業者へ屋根の調査(被害状況)を依頼されると良いでしょう。
ただし、人為的な劣化や地震・経年劣化は保険対象外となりますのでご注意ください。
(一部の火災保険では、地震などによる火災で半焼または全焼した場合に、地震火災費用保険金として火災保険金額の5%程度が支払われるケースがありますが、地震保険の補償とは異なります。地震保険は、火災保険と必ずセットで契約する必要があります。すでに加入中の火災保険に、途中で地震保険を付加することも可能です。)

災害により損傷してしまった場合は、修理をする前に事前に火災保険に加入しているかを確認しましょう。
※火災保険を使って屋根のリフォームを行なうには条件があります。より詳しい内容は、下記の記事をご覧ください。

火災保険を使って無料で外壁塗装をするために絶対に知っておきたい4つのポイント

まとめ

屋根修理をする際には、劣化症状、修理方法、価格をポイントとして押さえておきましょう。
(2ー2)では「屋根修理」の方法が屋根の劣化症状によって異なること、(3ー1)では修理方法によって価格や修理後の耐用年数が異なることについてご説明いたしました。屋根修理を検討する際には、現在の屋根の劣化症状がどういう状態なのか、どの方法での修理が適切なのかについて、本記事の内容をご参考に業者と打合せをされてみてください。

「リフォームジャーナル」の運用を行なう
プロタイムズとは・・・
お客様の安心と満足のため、塗装業界全体の信頼
・品質の向上を実現する組織です。

プロタイムズは、全国最大規模の
優良塗装店ネットワークの組織です。

全国150店以上活躍中!

お客様のお悩み改善のため、全国のプロタイムズ加盟店よりご要望に沿った、
お見積もりをご提出させていただきます。

お客様のお悩み改善のため、全国のプロタイムズ加盟店よりご要望に沿った、

お見積もりをご提出させていただきます。

無料相談・見積り依頼はこちら

タイプ
必須
場所
必須
ご要望
必須
ご要望詳細
お名前(フルネーム)
必須
ふりがな
郵便番号

入力いただくと下記に自動で住所が入ります。

ご住所
必須

お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。

番地
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須

電話での無理な営業は行いませんのでご安心ください。

※2019年は全国で10,355棟のお見積りをご提出。
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

今すぐ見積りが欲しい方へ!
簡単無料見積り!

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


見積りに一切費用はかかりません。安心してお申込み下さい。

 

簡単無料見積り

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

おすすめコンテンツ

ページトップ