外壁のひび割れを発見したら行う3つのステップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日頃あまり意識して見ていないお家の外壁。ふと大小のひび割れが入っているのを見つけてしまったけど、これは放っておいて大丈夫なのかどうなのか?・・・と思われている方はいらっしゃいませんか?

そのご自宅のひび割れがどの程度のものなのか、自分で補修できるものなのか、業者に頼んで補修した方がいいのか、初めてであれば検討もつかないと思います。

本記事ではそんなひび割れを発見してしまったときにまずどうしたらいいのか、そしてひび割れの種類、原因、それに伴うリスクと補修方法を細かく説明していきます。
ご自宅のひび割れと見比べてどのような対策を打てばよいのかきっとこの記事を見れば解決するはずです!

ぜひ、参考にしてみて下さい。

1.外壁のひび割れを発見したらまずこれをしよう!

まず気になるのが、ひび割れを見つけてしまったら「とりあえず」どうしたらいいの?というところでしょう。すぐに業者を呼んで補修してもらった方がいいのか、それとも他に自分でできることがあるのか…ここではひび割れを発見したときに実施してほしい3つのステップをご紹介します。

ステップ①ひび割れの幅がどのくらいあるのか測る

ひび割れのリスクの高さは、ひびの幅によって変わります。
幅が0.3㎜未満であれば早急な対処は必要ないですが、それ以上の幅の場合には一度点検をすることをオススメいたします。
まずひび割れの幅のサイズを測り、緊急性があるのか判断しましょう。

ステップ②0.3㎜以上1㎜以下のひび割れの場合は応急処置も検討

ひび割れの大きさが0.3㎜以上だった場合は応急処置も検討しましょう。
※下記にDIYでできる応急処置方法を記載しますが、こちらはある程度の技量が必要な方法です。塗装に詳しくない方、不安のある方、また1㎜以上の大きなひび割れがあった方は自分で補修を行わずすぐに業者に依頼(この記事でいうとステップ③)をしましょう。

DIYでできる応急処置方法としては、微細なコンクリート粉を塗布し、適量な水分等をあたえてコンクリート粉を定着させるという方法ですが、塗布方法には主に2種類あります。

■チョーク式被覆補修

まずひび割れ部分に指で水を塗布します。その後チョーク型のコンクリート粉をひび割れ部分にすり込みます。水塗布→コンクリートすり込みの作業を10㎝ごとに繰返します。最後は指で押さえて仕上げます。

チョーク式は無駄なくコンクリート粉を使える一方、指圧がいくらか必要となるため作業時間もかかり体力も必要です。

■スプレー式被覆補修

まずスプレーでひび割れ部分に水を塗布し、その後セメントスプレーを塗布します。スポンジでまわりとならし、終了です。チョーク式に比べ時間もかからず簡単ですが、噴射することでコンクリート粉が周りに飛び無駄が出るという欠点があります。

※0.3㎜以上1㎜以下のひび割れであっても、上記のような応急処置を行うのが難しいと思われた場合は専門業者に対処法を相談しましょう。

ステップ③業者に診断してもらう

診断

応急処置はしたものの、それが果たして長持ちするかというとわかりません。使用した材料や補修を行った人の技術力により差が出てしまうのは仕方のないことでしょう。
よって0.3㎜以上のひび割れの補修を一旦自身で行った場合も決してそのままにせず、業者にみてもらい、更に補修を行うのか判断することをお勧めします。

ひび割れを見つけたらまず、上記の3ステップを行うことで現状の対策を行いましょう。

当メディアを運営するプロタイムズでも無料で点検を行っております。お気軽にご相談ください。

外壁・屋根の無料診断

 

2.ひび割れが引き起こす4つリスク

取り急ぎひび割れを発見したときにどう行動したら良いかをお伝えしましたが、外壁にひび割れが入ることによりどのようなリスクが発生するのでしょうか?

それは大きく以下の4つです。

①雨漏りに繋がる

ひび割れが起きるとそのひび割れから雨水が浸入してしまいます。そうするとはじめは室内への影響はありませんが、時間が経つと室内の雨漏りに繋がってしまう可能性があります。

②躯体の劣化、建物自体の耐性が落ちる


【室内壁をはいだ写真:雨漏りにより、断熱材が多くの水を吸ってしまい、木部の腐食が進行している様子】

ひび割れを放置すると劣化が進行し、サイディング、モルタルの下地(木部)が腐食し、最悪の場合外壁材を取り替える必要が出てきます。
さらに、ひび割れから浸入した雨水は外壁内部の構造体にも浸透し、シロアリ等が発生してしまう可能性があります。その結果、建物自体の地震や災害に対する耐性が落ちてしまいます。

③湿気によるカビの発生により人体に悪い影響を及ぼす

ひび割れから雨水が浸入するとカビが発生しやすい環境になり、人体に悪い影響を及ぼす可能性があります。

④見た目の美観を損なう

ひび割れのある家の見た目はどうでしょうか?少しみすぼらしいイメージになりますよね。
せっかく大事なマイホームであっても美観が損なわれる原因となってしまいます。

 

3.補修方法・費用・保証・保険について

ひび割れを見つたら行うこと、リスクがわかったところで、最も気になる補修方法と費用をご紹介します。

3-1.おすすめは業者へ依頼すること~補修までの流れと費用~

補修方法としてはズバリ、業者に依頼することをお勧めします。自分で補修することもできるのでこの後ご紹介しますが、そうするとやはり早期に再びひび割れが出てしまったり、見た目が綺麗に仕上がらなかったりと不具合が発生するケースが多くなってしまいます。

また専門業者であれば、3章でお伝えしたような現状のひび割れの状況や原因を踏まえた上での補修を行ってもらえるため、ご自身で行って失敗してもう一度行って…となるより安心です。

業者に依頼した場合の流れとしては下記のように進みます。

①現場調査
ひび割れの現状を見て、今がどのような状態で、適した補修方法を提示してもらいます。

②見積り
どのくらいの金額がかかるのか、見積りを出してもらいます。

③施工日の決定、施工開始!
見積りに納得し、補修すると決まったら業者と施工日を決めていきます。
補修する面積にもよりますが、目安としては1週間前後です。

ひび割れの幅や深さ、発生原因、下地の種類などによって様々な補修方法があり、それによって費用は異なります。また高所作業の場合(2階部分の補修など)にはプラス高所作業車や足場の費用がかかります。
ひび割れが広範囲に発生しており、全面補修が必要な場合は、外壁塗装代として最大80~150万円(一般的な2階建て住宅/塗り面積200㎡、使用する塗料のスペックによる)かかる場合もあります(一部の補修であれば数万円で済むこともあります)。

思っていたよりも高いな、と思われる方も多いかもしれませんが、一度補修してあげると耐用年数としては最低でも5~10年もつ材料が主流であるため、結局自身で補修してまた1年後にやり直す、などを繰り返すかもしれないと考えると非常に安心感が高いといえます。

3-2.自分で補修する場合

補修は業者に依頼するのがお勧めとお伝えしましたが、上記留意点はわかったがとりあえず自分でやってみたい、という方もいらっしゃるかと思います。
そのような方は、こちらの別記事の2-3にて外壁のひび割れを自身で補修する方法を記載しておりますのでご覧ください。

外壁のひび割れが心配な方へ!補修方法大解説(業者&DIY)

3-3.知らないと損する!保証・保険制度

現在のお家を新築または中古で購入されたとき、塗替えをしたとき、工務店や塗装会社から保証書は受け取りましたか?
○年保証がついています、という話を聞いたのを覚えていませんか?

まずは保証書を確認してみましょう。
条件によっては、業者が補修を請け負ってくれる可能性があります。

また、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理センターが運営している、法律に基づいて国土交通大臣から指定を受けた住宅専門の相談窓口もあります。
業者が誠実に対応してくれない場合はこちらに相談してみることをおすすめします。


HPはこちら:https://www.chord.or.jp/

また、ひび割れの原因が地震や台風などの自然災害によるものの場合、地震保険が使える可能性もあります。保険に加入されている方は、保険が適用できるのか確認してみましょう。

火災保険を使って無料で外壁塗装をするために絶対に知っておきたい4つのポイント

 

4.ひび割れの種類(外壁素材別、発生源別)

4-1.外壁素材別にひび割れを解説

「ひび割れ」と一言で言ってもすべて同じではありません。主に外壁の種類によってひび割れの種類も変わってくるのです。
ここでは外壁の種類別にどのようなひび割れが発生し、どのような対処法が適しているのか、代表的なものをお伝えします。ご自身の家がどの種類の外壁で、対処法は何が適しているのか照らし合わせてみてください。

ここでは日本の住宅外壁のほとんどを占めるサイディング、モルタル、タイル、コンクリートに関してひび割れの種類、伴うリスク、対処法を簡単に紹介します。自分の外壁の種類がこれだ!とわかった方、さらに詳しい情報を知りたい方は、それぞれの別記事もご覧ください。

①モルタル

ひび割れの種類:家全体の動きや乾燥収縮により外壁全体にひび割れが発生する可能性がある。

伴うリスク:ひび割れが入ってしまうとそこから水が浸入し、最終的に雨漏りに繋がる恐れがある。

対処法:塗装で埋める(フィラー※と呼ばれる下塗をすりこむように塗装する)(0.3㎜未満のひび割れの場合)。

※下地の凹凸を埋め、下地を調整する下塗り塗料の一種。主にクラックの補修や段差のある下地を平滑にならす為に使用される。

モルタルの劣化症状と詳しい対処法はこちら

モルタル外壁のひび割れ・剥がれの補修方法

②サイディング

ひび割れの種類:動きを吸収する箇所であるシーリング目地部分にひび割れが発生しやすい。

伴うリスク:シーリング目地部分のひび割れから水が浸入し、外壁全体の劣化、雨漏りに繋がる恐れがある。

対処法:シーリングを全て撤去し、新しいシーリングを打設する(シーリング打設は技術が必要となるので業者に依頼するのがおすすめです)。

サイディングの劣化症状や詳しい対処法はこちら

サイディング外壁のひび割れを見つけた時の補修方法

③タイル

ひび割れの種類:タイルのひび割れ、目地のひび割れが起きる可能性がある。

伴うリスク:ひび割れから水が浸入し、雨漏りに繋がる恐れがある。

対処法:タイル自体に大きなひび割れが発生している場合はタイルの貼り替えを行う。目地のひび割れの場合はエポキシ樹脂で割れ目を塞ぎ、壁面に馴染むようにモルタルで仕上げ、最後に補修箇所が壁面と同じ色になるよう塗装する。

タイルの劣化症状と詳しい対処法はこちら

外壁タイルの補修方法と欠損・欠落被害を避けるための知識

④コンクリート

ひび割れの種類:コンクリートの打設後の乾燥収縮で生じるひび割れ、外部からの建築物の重量や地震による荷重を受けることにとって生じるひび割れが主。

伴うリスク:建物全体の耐久性が落ちる、ひび割れから水が浸入し、躯体の劣化、雨漏りに繋がる。

対処法:適切な下地補修を行い、塗装する。

コンクリートの劣化症状と詳しい対処法はこちら

コンクリート打ちっぱなし住宅の外壁塗装とメンテナンス時期

4-2.【補足】ひび割れの発生源別に解説

3-1では外壁の種類ごとのひび割れの種類をお伝えしましたが、その中で更に発生源別にひび割れの種類が4つほどあります。
ご自宅のひび割れがどのような原因から発生したものなのかも知っておきたいですよね。
下記のように発生源別にひび割れの種類があるということを知った上で、業者に補修の依頼をすると、業者が原因を踏まえた上での補修方法を提案してくれることもあります。予備知識として知っておくことがお勧めです。

①ヘアクラック

幅0.3㎜以下の髪の毛のような微細なひび割れのことをヘアクラックといいます。この程度であれば今すぐに何か問題が発生するということはありませんが、気になるようであれば点検をしてもらいましょう。

②構造クラック

建物の構造的な欠陥や不同沈下などが原因で発生したひび割れを構造クラックといいます。0.3mm以上、深さが5mm以上のひび割れを指し、基礎の強度が低下し建物を支えられなくなる危険があります。

③乾燥クラック

モルタルなどの外壁材は乾燥していく際に水分の蒸発により収縮が生じます。その乾燥途中にできるクラックのことです。建物の壁など、面積の大きな面で起こりやすいものです。

④縁切りクラック

モルタルなどの外壁材を使用する際は、一度に一面を仕上げていくことになります。その際に何らかの理由で作業を中断したり、部分的にやり直しをしたりすると先に塗った部分と新しく塗った部分に時間差が生じます。この縁切れ部分が劣化してひび割れることを縁切れクラックといいます。

 

5.主にどんなところにひび割れは発生する?

ひとつひび割れを見つけてしまうと、他にもあるのではないかと心配になる方もいるのではないでしょうか。ここもチェックしておけば安心!という、ひび割れの発生しやすい箇所をお伝えしますので、確認しておくと安心です。

①窓枠まわり

窓枠まわりは窓を開けたり閉めたりすることによる動きも多く、ひび割れが発生しやすい箇所です。

②シーリング(目地部分)

サイディング外壁の壁の方はシーリングと呼ばれるつなぎ目の部分もひび割れが発生しやすい箇所の一つです。

③外壁本体

サイディング外壁に比べ、モルタル外壁は乾燥収縮により外壁本体にひび割れが入っている可能性が高いです。モルタル外壁のお家にお住まいの方は、ぐるっと外壁を一周見られた方が良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本記事のまとめを行いますと、

・外壁のひび割れを見つけたときまずどうしたらよいか→ひび割れの幅を確認!
・ひび割れが及ぼすリスク、補修方法と費用→補修は業者に頼むのが安全!費用は最大80~150万円が目安(広範囲にひび割れが発生している場合。一部補修であれば数万円で済むことも)。
・ひび割れの種類と原因→外壁の種類によりけり。
・ひび割れの起こりがちな要注意箇所→窓枠、シーリング目地部分は特に注意!

上記のポイントをお伝えしました。

ご自宅の外壁の種類やひび割れの種類、発生原因をもとに補修方法を決めていくことが大切ですので、まずはご自宅の外壁の種類を知り、業者と少しでも対等に話ができる知識をつけておくと誤った補修方法で失敗してしまうということはなくなるかと思います。

本記事が皆様に安心感を与える一つの材料となれば幸いです。

当メディアを運営するプロタイムズでも無料で点検を行っております。お気軽にご相談ください。

外壁・屋根の無料診断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お問い合わせ(外壁・屋根塗装)

タイプ 戸建てアパート・マンションその他
ご要望 無料見積り無料診断
お名前 (必須)
お電話番号(必須) 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所(必須) 町名まででも結構です。
メールアドレス (必須)
ご希望の返答方法 電話メール
診断希望日(診断希望の方)
ご質問やご要望 ご質問やご要望・連絡希望時間帯などございましたらご記入ください。

無料診断実施中!
今すぐ外壁健康診断を受診してお家の状況を把握しよう!

プロタイムズジャパンは、33,000件以上の診断実績と外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

プロタイムズジャパンの外壁診断は

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


そしてプロタイムズは日本全国約100店舗のネットワークを展開しており、ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)

この機会にぜひ、プロタイムズの外壁診断を受けてみませんか?


もっと詳しくみる

今すぐ見積りが欲しい方!
簡単無料見積り

今すぐ見積りが欲しい!とりあえず、費用がいくらくらいかかるのか知りたいという方へ。

  • 予算や目的から5つの提案の中から選べる

  • 専用CADソフトによる正確な塗装面積から価格を算出

  • 材料費、施工費それぞれ何にいくら費用がかかるのかが詳細にわかる

  • 大ボリュームの診断報告書でお家の状態がわかる

  • 見積り後のキャンセルOK!


塗装工事は金額が大きいものですから、見積り後にキャンセル頂いても構いません。
安心してお申込み下さい。

簡単無料見積り

この記事に関するキーワード

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ