台所をリフォームしたいと思った時に押さえておきたい知識

システムキッチン

「台所の床がブカブカするから危ない!」「古くて使いづらいシンクをシステムキッチンにしたい!」など、古くなった台所をリフォームしたいけど、何からしていいのか、費用はいくらかかるのか疑問に思っていませんか?

台所のリフォームは、生活スタイルでやるべき内容が変わってくる為、なんとなくやってしまうと、逆に使い勝手が悪くなってしまった!ということになりかねない場所なのです。

そのような事にならない為には、あなたの生活スタイルや、キッチンで実現したいことから、目的にあった適切なリフォームをすることが大切です。

台所は1日の中でも過ごすことが多い大事な場所です。ぜひ、この記事を読んでリフォームを成功させてください。


1. 台所リフォームの基礎知識

台所をリフォームする前に知っておきたいのが、間取りとレイアウトです。

それぞれ、メリットとデメリットがありますので、あなたの生活スタイルで何を重視したいのかという点から、あなたにあったものを選択しましょう。

最後に選び方のポイントもまとめていますので、そちらも参考にしてください。

1-1. 間取りのタイプ3種類の特徴

レイアウトのイメージメリットデメリット
クローズドタイプクローズドタイプ キッチンが、リビングやダイニングから独立しているタイプ・調理のにおいや煙がリビングやダイニングに広がることがない
・料理や片付けに専念できる
・料理や片付けをしている間、家族とコミュニケーションをとることができない
・場合によっては、配膳や片付けの動線が遠くなる
オープンタイプ オープンタイプリビングやダイニングとキッチンが一体化しているタイプ
※キッチンを壁付けにするか、対面式にするかで、その機能性に違いがあります。
・家族とコミュニケーションをとりながら料理や片付けができる
・配膳・片付けの動線が短く、効率が良い
・料理のニオイや煙がリビングやダイニングに広がってしまう
・リビングやダイニングからキッチンがよく見えるため、収納に工夫が必要
セミオープンタイプセミオープンリビングやダイニングと、キッチンをカウンターで仕切ることで、クローズドタイプとオープンタイプの利点をうまく兼ね備えたタイプ・料理や片付けをしながら家族とコミュニケーションがとれる開放感がありながらも、キッチンが丸見えになることはない・オープンスタイルほどの開放感はない
・料理のニオイや煙がリビングやダイニングに広がってしまう

1-2. レイアウトのタイプ6種類の特徴

システムキッチンのレイアウト方法も複数あります。レイアウトは導線や作業効率を意識して選択することが大切です。

特徴メリットデメリット
I型I型コンロ・シンク・調理スペースを一列に配置・狭いスペースにも配置できる
・色や種類が豊富
・低価格のものからある
・横の動きが多い為、キッチンが長くなりすぎると、作業効率が悪くなる
Ⅱ型Ⅱ型コンロ・シンク・調理スペースを二列に分け、並行に配置・足元にあるマットやゴミ箱などがリビングやダイニングからは見えない
・I型と比べて作業動線を短くできる
・二人でも作業がしやすい
・2列の幅が広くなりすぎると、作業効率が悪くなる
・I型に比べ高価格
L型L型コンロ・シンク・調理スペースをL字型に配置・I型よりも調理スペースが広くとれる
・少ない歩数で作業を完了できる
・部屋の隅を効率的に使用できる
・コーナー(角部分)がデッドスペースになりやすい
・リフォーム費用が高価
U型U型コンロ・シンク・調理スペースをコ型に配置・調理スペースが広く取れる
・収納スペースを充分に確保できる
・体の向きを変えるだけで様々な作業に対応できる
・リフォーム費用が高価
・目的なく選ぶと、キッチンスペースを持て余してしまう
・コーナー(角部分)がデッドスペースになりやすい
アイランド型アイランド型・四面どこからでも作業ができる
・広く開放感がある
・リフォーム費用が高価
・四面どこからでも作業ができるようにするために広いスペースが必要
対面型セミオープン・家族との会話・コミュニケーションが取りやすい
・配膳前の料理を一時的に置くことができる
・料理の臭いがリビング全体に広がる
・来客時に見えてしまうため、常に綺麗に保つ必要がある

1-3. 選び方のポイント

間取り、レイアウトを選ぶ時のポイントはズバリ導線と収納です。

間取りの選び方

クローズドタイプ

 

クローズドタイプは調理場を閉めきる事ができるために、料理の匂いや煙を他の部屋に広げたくない方やじっくりと料理に集中したい方に向いています。
また、リビングが外から見えにくいので来客に見せたくないという方にお勧めです。

 

オープンタイプ

リビング・ダイニングとの間に仕切りがなく、一体なので開放感があり、家族とのコミュニケーションがしやすいです。
家族とコミュニケーションを取りながら料理をしたいという方にお勧めです。導線が短いので効率よく配膳や片付けをしたという方にもお勧めです。

 

セミオープンタイプ

家族とのコミュニケーションも取りつつ、キッチンも隠したいという方向けです。
子供の姿を見ながら調理ができるので、小さなお子様がいる家庭にお勧めです。

レイアウトの選び方

I型

シンク・冷蔵庫・加熱調理機器が一直線に並びます。狭いスペースにも配置でき、色や種類が豊富で、低価格のものからあります。

一般的な形ですので、特にこだわりがない方向きです。

Ⅱ型

I型と比べて作業動線を短くでき、片面に調理、片面に収納というように、狭い場所でも作業スペースを確保できます。

収納を確保したい方、2人で作業する方にお勧めです。

L型

I型よりも調理スペースが広くとれ、少ない歩数で作業を完了できます。L型なので部屋の隅を効率的に使用できます。

作業効率が良いレイアウトですので、効率重視の方にお勧めです。

U型

作業面積・収納が広く、効率も良いです。設置スペースと他のレイアウトよりも予算がかかっても良いという方はこちらがおすすめです。

 

生活スタイルによる選び方

料理担当者生活スタイルお勧めのレイアウト・間取り
1名(妻または夫のどちらかがメイン)凝った料理をしたい。クローズ型
簡単な料理がメイン。外食が多い。オープン型
誰でも子供が小さい。コミュニケーション重視。セミオープン型(対面型)
ホームパーティーを楽しみたい。アイランド型

生活のスタイルもキッチンを選ぶ基準になります。料理する人が決まっている場合、また凝った料理をする場合は集中できるクローズ型がお勧めです。
対して、外食が多く料理をする時でも簡単な料理が多い家庭は、効率的なオープン型が良いでしょう。

誰でもキッチンを使用する家庭で、子供が小さいために見えるようにしておきたい方や家族とコミュニケーションを取りながら料理をしたいという方はセミオープン型(対面型)がお勧めです。
来客が多く、ホームパーティーなどをよく行う家庭は皆とコミュニケーションが取りやすいアイランド型が良いでしょう。

理想のワークトライアングル

導線設計の考え方で「シンクの中心」「加熱調理機器の中心」「冷蔵庫の中心」を結んでできる三角形をワークトライアングルといいます。

この3辺を合計した長さは360cm~600cmが適当と言われています。

また、この各辺が長すぎると、無駄な動きが増えて、短すぎるとスペースが不足して使いづらくなります。

それぞれの理想の数値は

シンクから加熱調理器まで120~180cm

シンクから冷蔵庫まで120~210cm

加熱調理器から冷蔵庫まで120~270cm

と言われています。

ワークトライアングル

画像出典:http://www.nasluck.co.jp/

実は高さも大事

毎日使うキッチンは、使う人の高さに合わせる事も重要です。
なぜなら、高さが合っていないキッチンで作業を行うと腰に負担がかかるため、疲労や腰痛の原因となる可能性があります。

キッチンの高さの基準として【 身長÷2+5cm 】がよく使われます。

身長が160cmの人なら、160cm÷2+5cm=85cm になります。

165cmの場合は、165cm÷2+5cm=87.5cmとなりますが、メーカーによっては87.5cmの高さのキッチンが無い場合もあります。

そうなると、85cmか90cmのどちらを選べばいいか迷いますが、

この場合は高い方を選んだほうが良いでしょう。

マットやスリッパなどの高さも考慮しなければならないからです。
さらに低いものを高くすることは難しいですが、万が一、高いと感じた場合は足場を高くするなどすれば対応できるからです。

2. 台所のリフォームの費用相場

電卓

一口に台所のリフォームといっても、システムキッチン、フローリング、レンジフード、壁紙など様々な設備がありますので、
リフォームにかかる費用はどの部分をリフォームするかで大きく変わります。

特に高価なシステムキッチンは全体の費用に大きく影響します。

どの設備にどのくらいの費用がかかるのかを知ることで、全体の費用がイメージできるようになります。

2-1. システムキッチンの費用相場

システムキッチンの価格帯は40万円から、高価なものでは200万円以上と価格に幅があります。
どうしてそんなに価格に違い出るのかと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、それぞれのキッチンのグレード毎の特徴を解説いたします。

高機能なハイグレードモデル:80万円~

ハイグレード品の特徴の例として、素材に傷や汚れのつきにくい人工大理石やホーロー、高級ステンレスが使用されます。
収納棚の扉は自然の風合いが楽しめる天然木や耐熱性、耐摩耗性に優れたエナメルUV塗装が施されるものもあります。
引き出しはスライド式でコンロは高価なIHヒーターとなります。

傷や熱に強い高品質なパーツを使ったキッチンが欲しい方。自分好みのキッチンをオーダーしたい方にお勧めです。

メーカー:クチーナ、キッチンハウス、タニコーなど。

一般的なスタンダードモデル:40~80万円

多彩な機能とシンプルデザインを兼ね備えたスタンダードモデル。
素材は主にステンレスが使用され、コンロはガスコンロ、収納棚の扉は開き戸が主流。

バランスのとれた機能と価格をお求めの方にお勧めです。

メーカー:LIXIL、クリナップ、パナソニック、TOTO、タカラスタンダードなど。

お手頃価格のシンプルモデル:40万円以下

安価な素材やシンプルな機能で価格を抑えてあるシステムキッチンです。
ニトリのシステムキッチンは価格が20万円程度(工事費別)のモデルもあり、非常に低価格で提供しています。

シンプルで安価なものを希望される方にお勧めです。

メーカー:ニトリなど。

施工費用

システムキッチンの取り付けにはシステムキッチン本体の価格とは別に施工費用が30万~40万円ほどかかります。

施工費内訳

解体工事費養生や、既存キッチン・関連部分の解体・撤去に関わる費用
設備工事・電気工事費新設キッチンに合わせた給水・給湯・配管、電気配線の調整に関わる費用
キッチン取り付け費システムキッチンの組立て・設置費
内装工事費床、壁、天井に関する工事費
現場管理費全体工期の1/3程度
諸経費施工費の8~10%相当

2-2.  フローリングの費用相場

台所は水を使うこともあり、フローリングの劣化が早い場所です。ですから、水に強く、汚れに強いフローリングにすることが大事です。

フローリングの交換費用は素材によって変わります。

水回りにお勧めのクッションフロア

クッションフロア

画像出典:http://item.rakuten.co.jp/home-essence/c/0000000176/

クッションフロアとは塩化ビニールを主原料とする床材です。石目調・木目調・タイル調など、非常にデザインが豊富です。

防水性、防汚性、耐薬品性、遮音性があり、他の床材よりも安価なので台所の床材にお勧めです。

費用は2,500~4,000円/㎡(平米)です。

複合(合板)フローリング

複合フローリング

画像出典:http://www.iikide.com/3layer/fsnr/

複合フローリングとは合板(ベニヤを奇数枚貼り合わせたもの)に、天然の木の板を貼り合わせたものです。

無垢のフローリングよりも安価で、傷にも強いです。

普及品のフローリング材でおよそ3,000円~8,000円/㎡(平米)です。

無垢材フローリング

muku

画像出典:http://www.muku-flooring.com/3redpineshousai/redpineshousai.html

無垢材フローリングとは、天然の木を使ったフローリングです。天然ながらのあたたかみのある素材感が特徴です。

ただし、水や油が飛んだ場合にシミになったり、傷が付きやすいので、台所に使用する場合には、クリア塗装でコーティングをした方が良いでしょう。

無垢材のフローリングはおよそ7,000~15,000円/㎡(平米)です。

2-3. レンジフードの費用相場

レンジフードは横幅の規格があり、60cm、75cm、90cmの3つのサイズがあります。横幅が広いもの程高価になります。

グレードが高いものには、油汚れを自動できれいにする自動洗浄機能や、コンロとの連動機能などが付いています。

種類外観特徴価格
ペニンシュラ型 W12AHWZML横壁に設置するタイプ。ペニンシュラ型のキッチンに利用される。 15万円~20万円
壁付け型 Panasonic FY-75DED1-S壁面に取り付けるので、天井にスペースが空き、開放感がある。
においの広がりが少ない。
 10万円~20万円
アイランド型 BETF-901圧迫感を与えないスリムなデザイン。
油汚れがつきにくく、お手入れが簡単。
 27万円~40万円
浅型タイプ MITSUBISHI V-316KP5天井高が低い、設置場所が限られている場合にも設置できる。 4万円~10万円

画像出典:アイランド型:http://www.ariafina.jp/product/detail_arietta.php?id=593
価格参考:TOTOカタログ

交換の際は幅を変更することは難しいため、通常は現状と同じサイズのものに変更します。

また、消防法で使用する加熱器具以上のものを設置する事が定められていますので、コンロの幅より狭いレンジフードは設置できませんのでご注意ください。

2-4. 壁紙の張替えの費用相場

キッチンの印象を大きく変えることができるのが壁紙のリフォームです。

費用はメートル単価で算出する業者と平米単価で表記する業者がいます。
型紙は幅が90cmの為、メートルで計算する場合は10mで貼れる面積は9㎡になります。

間違えやすいので業者に単価の表記を確認しましょう。。

メートル単価で計算平米単価で計算
壁紙の単位基準1m×0.9m ※1m×1m
1000円で貼れる面積0.9㎡1㎡
1m(0.9㎡)あたりの金額900円/m1,000円/m
10m(9㎡)あたりの金額9,000円10,000円

※壁紙はロール状になっており、幅が約90cmのため。

DIYで行いたいという方はこちらの記事をご覧ください。

【保存版】キッチンの壁紙の選び方から貼る方法まで全まとめ

3.台所リフォームの流れと押さえておきたいポイント

3-1. イメージを具体的にする

台所は普段の暮らし方によって、どのように導線や間取りを見直すかを決めていく必要があります。
下記の点をリフォームする前にまとめておきましょう。

・今不都合に思っていること(導線・使い勝手・高さ・収納など)

・食事の時間帯

・食生活(外食の頻度、どんな料理をよく作るか)

・キッチンからの視界に入れたいもの(食卓・リビング・外の景色など)

・食事のスタイル(テーブルとイス・床座など)

・熱源の種類(ガス・電気)

・食器、調理器具の量

・ゴミ(分別方法、置き場)

このような生活スタイルをまとめておき、業者と共有しておくことで、より具体的な提案をもらえるでしょう。

3-2. 現在の台所の寸法を測る

キッチンの場合、最初に決めておきたいのはサイズです。
まずは現在のキッチンの幅を計りましょう。

kitchen

画像出典:http://hiroshima-mizumawari.com/

3-3. どんな台所にしたいか要望をまとめる

今不都合に思っていることと照らし合わせながら、どんな台所にしたいのか要望をまとめましょう。

例えば、

・たっぷり収納がほしい
・シンクは広い方がいい
・コンロはセンサー付きがいい
・シンクは傷がつきにくいものがいい
・フードは掃除をしやすいものがいい
・オシャレな色にしたい。

など、思いつくことをまとめておきましょう。

3-4. ショールームで実物を見てみる

ショールーム

画像出典:http://news.panasonic.com/jp/topics/2015/43572.html

ある程度要望が固まったら、ショールームで実物を見てみましょう。

実物を見ることでイメージが具体的になり、カタログではわからない仕上がりがわかります。

ショールームにはⅠ型、Ⅱ型、L型などの様々なレイアウトのキッチンがありますので、実際に料理する場面を想定して導線などを確認しましょう。

合わせて、シンクの作業スペースの広さ、水の音、収納なども確認しておきたいところです。

ショールームのメリット

イメージが膨らみ参考になる:34%

仕上がりや素材の良さが分かる:30%

カタログにない発見がある:11%

メリット・デメリットがわかる:10%

技術力がわかる:5%

その他:10%

出典:一般社団法人 住生活リフォーム推進協会アンケートより。

3-5. 業者に相談する

地元で頑張っている業者

ショールームで現物の確認を行ってイメージが具体的になったら業者に相談しましょう。

業者の情報を探す手段としてはなどがあります。

業者を探す方法

・リフォーム関連の情報誌
・インターネット
・チラシ
・新築時のハウスメーカー

まずは、これらの方法で情報収集をしっかり行います。

そこで、優良なリフォームの業者を探すために気をつけたいポイントがあります。

・リフォームの実績がある(営業年数・施工実績数)
・その業者の得意な分野がどこか
・形態ごとの特徴を知る
・建設業許可の有無
・近い場所にあるか
・アフターサービス、保証制度があるか
・相見積もりを取って比較する
・口コミの情報を見る

■リフォームの実績がある(営業年数・施工実績数)

リフォーム業者を選ぶときの判断基準のポイントとしては実績があります。長年営業を続けている業者は信頼できるポイントの1つです。施工実績が多いかどうかも確認してください。

 

■その業者の得意な分野がどこか

リフォーム業者にも得意な分野があります。例えば、デザイン性の高いリフォームが得意な業者、大がかりな工事が得意な業者、小さな工事が得意な業者などです。
これらはホームページなどで施工実績を見れば判断ができるので、自分にあったリフォームが得意そうな業者を選びましょう。

 

■形態ごとの特徴を知る

リフォーム業者には以下のような形態があります。

ハウスメーカー

新築の住宅の販売の他にリフォームも行います。リフォームを行うのは系列のリフォーム業者か、下請けの業者です。

大手企業が多く安心感がありますが予算は高めです。

工務店

設計から施工までを行う工務店でもリフォームは可能です。中小の工務店では地域密着でやっているところが多いので、その地域の情報も持っており、ちょっとしたリフォームの相談に気軽にのってくれるでしょう。リフォームの内容によっては自社で受注せず、得意な業者を紹介してくれるかもしれません。

建築設計事務所

設計やデザインに長けており、こだわった設計にしたいなら設計事務所に頼むのが良いでしょう。

 

専門工事業者

外壁塗装、外構、内装、ガス、電気工事など専門の工事を主としている業者です。特定の場所のみを頼む場合は低コストでやってもらえるでしょう。

ホームセンター

近年では、ホームセンターでもリフォームを行うようになりました。施工は基本的に下請け業者が行います。

 

■建設業許可の有無

建設業許可制は「不適正な建設業者から発注者を守る」ためのに定められているものです。

建設業許可がない業者は500万以上の工事は行えません。リフォームは500万円以下の工事が多いために、建設業許可を取得していない業者も多いです。
ですから、建設業許可を取得の有無だけで業者の質は判断できませんが、建設業許可を取得するにはその業者の技術力・専任技術者に一定の資格や実務経験が必要です。
そういった意味では信頼できるかどうか判断材料のひとつになります。

 

■近い場所にあるか

何かあったときにすぐ来て対応してもらえる、相談にすぐ行けるという点では、できるだけ近隣の業者が良いでしょう。

 

■アフターサービス、保証制度があるか

リフォーム後に点検などのアフターサービスや不具合があった場合に保証をしてくれる業者を選びましょう。
リフォーム瑕疵保険に入っている業者なら、瑕疵があった場合に補修費用が補填されますので、さらに安心です。
下記のサイトから業者を検索できます。

住宅瑕疵担保責任保険法人登録業者検索サイト

http://search-kashihoken.jp/

 

■相見積りを取って比較する

複数の業者から見積りを取ることで、その地域の業者の相場がわかります。高すぎる業者、安すぎる業者のどちらにも注意が必要です。

相見積りを取る時に注意していただきたいのが、見積りはどの業者にもできるだけ同じ条件で出してもらうことです。
そうでなければ、相見積りの意味がありません。

見積りが安い業者が単に施工の範囲が狭いだけかもしれませんし、「その作業は追加で別料金がかかります」と言われて費用を請求される可能性もあります。

見積りの内容では、項目が一括の見積りでなく、詳細は内訳が記載してあるかどうかも確認しましょう。

見積りの項目が一括で内容が記載されていない見積り書では、作業内容が明確でない為に、のちのちトラブルになる可能性があります。

何の工事にどれだけ費用がかかるのか、材料はいくらかかるのか、人件費はいくらかかるのか、それぞれが詳細に記載してあり、わかりやすい見積り書を出す業者のほうが信頼できるでしょう。

 

■口コミの情報を見る

口コミサイトで実際にリフォームを行った人の感想を見てみるのも参考になるでしょう。

なお、口コミサイトを使った業者選びのヒントはこの記事を参考にされてください。

リフォーム業者選びに口コミサイトを最大限活用する方法!

 

4. 台所のリフォーム費用を抑える方法

リフォームを行う時にできれば安く済ませたいですよね。ここでは台所のリフォームを安く抑える為のポイントをお伝えいたします。

4-1. できるところはDIYでおこなう

安く抑えるためには、できるところをは自分でやってしまうのが良いでしょう。

DIYが得意な方は素人でも行いやすい壁紙の貼り替えや100均グッズを使ったリフォーム、カラーボックスを使ったキッチンカウンターの制作などをDIYで行ってみてはいかがでしょうか。

キッチンのDIYの方法については下記の記事で詳細に解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

賃貸でもできる!古臭いキッチンをDIYでリフォームする方法

キッチンカウンターをDIYで作るときの全手順と参考事例集

【保存版】100均グッズでキッチンをオシャレ&快適にするDIYアイデア集まとめ

4-2. 既存のレイアウトで行う

台所のリフォームでは排気や排管の移動を行う必要がある場合、コストが追加でかかってきます。

例えば、既存の間取りでレンジフードが外壁側にあるものから、レンジフードが外壁側に面さない対面型にする場合は排気ダクトを設置する必要があります。

また、排管も同様に既存の水回りの位置から移動させる場合には排管工事が必要になり、追加でコストがかかってしまいます。

ですので、追加の工事費用を抑えたい場合は既存のレイアウトでリフォームする方が良いでしょう。

4-3. 旧タイプの設備を使う

業者によっては旧タイプのアウトレット品を取り扱っているところもあります。また、メーカーでも廃盤品や展示品を安く購入できる場合もあります。

また、アウトレットの建材を扱ったサイトもあります。

ぽけっとリフォーム

建材アウトレット

このようなサイトで安く仕入れることもできます。

※注意
施主側で用意した設備については保証外の業者もいますので、アフターメンテナンスが可能かは事前に確認してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?台所のリフォームをする時に知っておくと役立つことを紹介してきました。
台所には主に3つの間取り、6つのレイアウトがあります。選び方のポイントは導線、生活スタイル、高さに気をつけることです。
業者に依頼する前にはイメージを具体的にしておき、ショールームで実物を確認することも重要です。
費用を安く抑えるには相見積もりで比較する、DIYで行う、、レイアウトを既存のままで行う、旧タイプの設備を使用するなどのコツがあります。

これらのポイントを意識して台所のリフォームを成功に導いてもらえると幸いです。

「リフォームジャーナル」の運用を行なう
プロタイムズとは・・・
お客様の安心と満足のため、塗装業界全体の信頼
・品質の向上を実現する組織です。

プロタイムズは、全国最大規模の
優良塗装店ネットワークの組織です。

全国150店以上活躍中!

お客様のお悩み改善のため、全国のプロタイムズ加盟店よりご要望に沿った、
お見積もりをご提出させていただきます。

お客様のお悩み改善のため、全国のプロタイムズ加盟店よりご要望に沿った、

お見積もりをご提出させていただきます。

お問い合わせ

ご要望
必須
お名前(フルネーム)
必須
郵便番号(住所が自動で入ります)
必須
住所(番地までご記入ください)
必須
メールアドレス
必須
電話番号(ご希望の方のみ)

※2019年は全国で10,355棟のお見積りをご提出。
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

おすすめコンテンツ