外壁塗装は本当に必要?メリット・デメリットを比較して判断しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「外壁塗装にはどんなメリットがあるの? 絶対にしなければいけないの?」

マイホームが古くなってきて、ご近所さんに外壁塗装を勧められたり塗装業者のチラシが目につくことが増えてきた方の中には、このような疑問を抱く方も多いはずです。

たしかに、外壁塗装は高い買い物ですので、業者に依頼するかどうかは慎重に決めたいと思うのが当然の心理でしょう。「外壁塗装にはどんなメリットがあるのか」「外壁塗装は本当に必要なのか」などを知り、心から納得した上で本格的に検討することをおすすめします。

そこで本記事では、外壁塗装は本当にすべきなのか判断するための材料として、外壁塗装のメリットやデメリットを徹底解説いたします。本記事で紹介する情報を参考に、外壁塗装をするかどうかじっくり検討いただければ幸いです。

1.外壁塗装をする5つのメリット

ここからは、外壁塗装をすることで得られる5つのメリットについて詳しく解説していきます。

1-1.住まいの外観を一新させることができる

外壁塗装を行なうメリットのうち、もっとも分かりやすいのが「住まいの外観を一新させること」でしょう。

新築から10年以上が経過した住まいは、経年劣化によって色あせや汚れ、コケやカビなどの劣化が目立ってきます。そうなると当然外観は古びてしまい、新築当時の美しさは損なわれていきます。

そんな場合でも、劣化が目立ってきた住まいに外壁塗装を施すことで、新築時のような美しい外観に生まれ変わらせることができます。外観が古くなる前に定期的に塗装工事を行なうことで、いつまでも綺麗な住まいにすることができるのです。

また、今までとは違う色を選んだり、2色以上を塗り分けるなど、全体のデザインを大幅に変えることができるのも外壁塗装のメリットのひとつです。外壁の配色を変えれば住まいの印象もガラリと変わるため、まるで全く新しい家が誕生したような気分になることもあります。インターネットなどで他の家の画像を探し、どんな配色にしようか想像を巡らせることも外壁塗装の楽しみのひとつです。

ここでは、全国のプロタイムズ加盟店が塗装した施工実績をいくつか参考としてご紹介します。

 

【東京都:プロタイムズ馬込店】
●ビフォー
ビフォー

●アフター
アフター
(画像出典:プロタイムズ馬込店)

 

【佐賀県:プロタイムズ佐賀西店】
●ビフォー
ビフォー

●アフター
アフター
(画像出典:プロタイムズ佐賀西店)

 

【大阪府:プロタイムズ堺北店】
●ビフォー
ビフォー

●アフター
アフター
(画像出典:プロタイムズ堺北店)

1-2.外壁の劣化を遅らせることができる

劣化

外壁塗装には、「住まいの劣化を遅らせる」というメリットもあります。

外壁に発生するひび割れや剥がれなどの劣化症状を放置すると、そこから建物内部に雨水が浸入することによって、住まいが雨漏りなどの深刻なダメージを受けてしまう可能性があります。外壁塗装を行なうことで、ひび割れや剥がれ、雨漏りといった劣化症状の進行を遅らせることができます。

その理由は、外壁塗装の工程にあります。

業者に外壁塗装を頼むと、通常は最初に外壁のひび割れや剥がれなどの劣化症状を補修することから始めます。そうして下地の状態を整えたあと、実際に塗料を塗っていくのが通常の流れです。

つまり、「外壁の劣化症状の補修」と「塗装」はセットで行なわれるのです。もし住まいにひび割れや剥がれなどの劣化症状が発生していたら、外壁塗装を検討されてみるといいでしょう。

1-3.住まいを雨風や紫外線から守り、寿命を延ばすことができる

外壁塗装を行なう最大のメリットは、住まいを「保護」することです。

外壁や屋根は雨風や紫外線に一年中晒されると、どんどん劣化が進行して傷んでしまいます。そのため、サイディングなどの外壁材では新築時に表面に塗装を施して保護しています。そうすることで、塗膜が鎧の役割を果たして厳しい自然環境から住まいを守ってくれるのです。

ただし、新築時に使われた塗料の耐久年数は7~10年ほどで、それ以降は塗膜が劣化してしまい住まいを守る役割を十分に果たせなくなります。そうなると住まいが雨風や紫外線によるダメージを大きく受けることになり、傷むのも早くなってしまいます。

そのため、住まいを厳しい自然環境から守り続けるには定期的に外壁塗装を行なう必要があるのです。

1-4.遮熱・防水など様々な機能を外壁に付加できる

塗装には住まいを保護し見た目を美しくする以外にも、外壁や屋根に様々な機能を付加できるというメリットがあります。

とはいえ、ひとくちに塗料と言っても実に様々な種類が存在しており、何を選ぶかによって付加できる機能が変わってきます。塗料に付加されている機能のうち代表的なものをいくつかご紹介しますので、ご参考にされてください。

●遮熱機能
遮熱機能
太陽熱(赤外線)を効果的に反射し、塗装表面の温度上昇を軽減する機能です。室内温度の上昇を抑えることができるため、夏になると部屋に熱がこもってしまうなどのお悩みを抱えている方には特におすすめできます。

 

●防水機能
防水機能
雨水は住まいの天敵。雨水が外壁のひび割れから内部に浸入すると、雨漏りなどの深刻な劣化症状を引き起こしてしまう恐れがあります。

前述した通り、塗装には雨水から住まいを守るメリットがあります。つまり基本的には、どの塗料も雨水を通さない性質を持っています。

しかし、外壁がひび割れてしまうと塗膜も一緒に割れてしまうため、それ以上雨水の浸入を食い止めることができなくなります。

「防水機能」とは、伸縮性の高い塗膜によって雨水の浸入を防ぐ機能です。たとえ外壁がひび割れても塗膜が伸びて隙間をカバーしてくれるので、雨水の浸入を効果的に防ぐことができます。

●防汚機能
防汚機能
防汚機能とは、外壁の汚れを軽減する機能を指します。雨水によって自動的に汚れが流れ落ちる「セルフクリーニング機能」や太陽光によって汚れが分解される「光触媒機能」など、様々なアプローチで汚れを防ぐ塗料が開発されています。大通りに面している住まいや水辺に近い住まいなど、汚れやすい立地に住まいがある方には特におすすめできます。

●防カビ・防藻機能
防カビ・防藻機能
水辺に近かったり、日当たりが悪い外壁にはカビや藻が発生しやすくなります。防カビ・防藻機能をもつ塗料であれば、塗装するだけでカビの発生を防ぐことができます。ただ、塗料によって防ぐことができるカビ・藻の種類が違うため、特にカビ・藻の発生が激しい場合などは担当者に詳細を問い合わせてみましょう。

●防錆機能
防錆機能
ガルバリウム鋼板など、金属製の外壁を塗装する場合には必須の機能です。錆の発生を予防し、外壁を長持ちさせることができます。

1-5.住まいの資産価値を守ることができる

外壁塗装を定期的に行なうことには、住まいの資産価値を守るというメリットもあります。

外壁塗装が定期的にされている住まいは、見た目の美しさや耐久性を保てているため、塗装を行なっていない住まいに比べて資産価値が高くなります。将来的に住まいを売却することを検討されている方だけでなく、今の家にずっと住み続けていたい方にとっても、将来ご家族に住まいを相続することを考えれば資産価値を守ることは非常に重要です。住まいと家族の将来を考えるなら、定期的な外壁塗装で資産価値を守り続けることをおすすめします。

 

2.外壁塗装にデメリットはあるの?

ここまでの章で外壁塗装をするメリットや必要性について解説してきましたが、逆に外壁塗装をすることで生じるデメリットは何かあるのでしょうか。

実は、外壁塗装をすること自体にデメリットは特に存在しません。外壁塗装は、住まいを長く守り続けるためには必ず行なわなければなければいけない工事だからです。

ただ、外壁塗装の費用相場は、80~150万円(一般的な2階建て住宅/塗り面積200㎡)ほどと決して安い買い物ではありません。さらに、どんなに良い塗料を使ってもいつかは劣化してしまいまた塗り替えを行なう必要があることも事実です。

外壁塗装を定期的に行なう場合は、10年に一度80~150万円ほどの出費が必要であることを念頭に置いた上で、長期的な視点を持って計画を立てることが重要です。

※外壁塗装では、まとまったお金がない場合にはリフォームローンを組むこともできます。詳細については、こちらの記事をご参照ください。

外壁塗装でローンを使いたい時に知っておくべき知識

 

3. そもそも外壁塗装は絶対に必要なの?

ここまでの内容で、外壁塗装を行なうメリットやデメリットがいくつかあることについてはご理解いただけたかと思います。では、そもそも外壁塗装は絶対に行なわなければいけない工事なのでしょうか。

結論から言えば、外壁塗装は絶対に必要な工事です。

定期的な塗装を行わなければ見た目が汚れていってしまうだけでなく、住まいの劣化が早まってしまい、長く住むことができなくなってしまう可能性があるからです。現時点では劣化することがない外壁材は販売されていませんので、やはり十数年に一度は塗装工事を行なう必要があります。

ただ、外壁塗装は必ず必要な工事だからといって、まだ劣化が始まってもいない住まいで行なう必要はあまりありません。「いまは綺麗でも、数年後には劣化症状が目立ってきますよ」などと言って、今すぐ契約するように急かしてくる業者には注意しましょう。

一方で、劣化の状態があまりにも激しすぎる場合は塗装によるメンテナンスだけでは不十分になる場合もあります。そのような場合は外壁材そのものを張り替えたり、既存の外壁の上に新しい外壁材を重ね張りするなどのメンテナンスが必要になります。住まいの劣化症状に応じて、最適なメンテナンス方法を選ぶことが重要です。

とはいえ建物や外壁塗装の知識がない状態では、どんなメンテナンス方法がいいのか的確に判断することは難しいはず。

塗装工事などのメンテナンスを検討する際には、一度塗装業者に相談して、プロの視点で住まいを詳しく診断してもらうことをおすすめします。

 

▼本サイトを運営しているプロタイムズ・ジャパンでも、外壁塗装のプロによる“住まいの無料診断”を実施しています。詳しくは、こちらをチェックしてみてください。

外壁・屋根の塗装・リフォーム前にはまず診断から!

 

4.【補足】外壁塗装を検討する際の注意点

これまでの章で、外壁塗装を行なうメリットや必要性について解説してきました。ただ、ここで紹介したメリットは全て「外壁塗装が適正に行なわれた場合」にのみ享受できるものであることは頭に入れておいてください。

塗装工事が適正に行なわれなければ、メリットを十分に受け取れないばかりか、せっかく塗装したのに早期に劣化が発生してしまう可能性もあります。外壁塗装を成功させてメリットを享受するためには、適正な工事をしてくれる業者に依頼する必要があるのです。

そこで本章では、補足情報として、実際に外壁塗装を検討する際に注意しておくべきポイントをご紹介します。

4-1.複数の塗装業者を比較・検討し、最も信頼できるところに依頼する

優良業者を探すためには、いくつかの業者から見積もりをとって比較・検討することが重要です。

またその際には、「一番金額が安かった」「家から近い」といった理由だけで決めてしまうことがないように注意しましょう。信頼できる業者かどうかをしっかり吟味しなければ、不具合が発生したり十分なサービスを受けられないなどといった問題が起こる可能性があります。塗装工事で失敗しないために、様々な視点から業者を比較検討して、もっとも信頼できる一社に絞り込みましょう。

信頼できる業者かどうか判断するためのポイントは、4-2から詳しく解説します。

4-2.確かな技術がある優良業者に依頼する

外壁塗装を成功させるために最も重要なのは、確かな技術と知識を持つ職人がいる業者に依頼すること。たとえ高額な塗料を使ったとしても、職人の技術・知識が不足していれば塗料の性能を十分に発揮することができず、早期の劣化や不具合の発生に繋がってしまいます。

確かな技術・知識を持つ職人がいる業者なのかどうかは、下記のポイントなどで判断することができます。

●「一級塗装技能士」などの資格を持っている職人がいるか

塗装技能士(一級・二級)は塗装に関する唯一の国家資格であり、施工技術だけでなく塗装に関する確かな知識も求められる「一流の職人の証」です。一級塗装技能士でなければ信頼できないというわけではありませんが、職人の腕を見極めるひとつの指標にはなるでしょう。

●保証制度がしっかりしている業者かどうか

万が一不具合などが発生した場合に、十分な保証が受けられる業者かどうかもチェックしましょう。実は外壁塗装では、工事保証をつけることが法律で義務付けられているわけではありません。それでも工事保証をつけている業者は、裏を返せば「自社の職人の技術力は高く、不具合を起こさない自信がある」ということになります。

信頼できる職人かどうか見極める方法については、こちらの記事でも詳しく解説されています。ぜひご参考にされてください。

塗装のプロが教える!腕の良い塗装職人の見極め方

 

4-3.適正な外壁塗装費用を計算してくれる会社に依頼する

外壁塗装の費用相場は約80万~150万円だと言われていますが、実際の費用は住まいの大きさや劣化症状、使用する塗料の種類などによって変動します。

ここでまず注意しておきたいのは、正確な塗装面積に基づいて計算をしなければ、適正な金額を出すことはできないということです。

例えば坪数が違う住宅だったとしても、建物の構造によっては実際に塗装する面積が変わらない場合もあります(下図)。さらに、窓やドアなどの塗装しない部分の面積を全て差し引かなければ、正確な塗装面積を出すことはできません。

そのため、目視で簡単に点検しただけで見積もりを作成してしまう業者や、チラシ・ホームページなどで「◯◯万円パック」などとアピールしている会社、坪数に応じて値段を決めている業者などは要注意です。実際の適正価格よりも高い金額を提示されたり、利益を確保するために手抜き工事をされてしまう可能性もあります。

逆に、新築時の図面をもとに専用ソフトなどで窓やドアなどを差し引いた正確な塗装面積を算出してくれる業者は、適正価格を出してくれるため信頼できるでしょう。

業者が提示してきた金額が適正なのか判断する方法については、こちらの記事で解説されています。ご参考にされてください。

【外壁のプロが伝授】外壁塗装の見積もりが適正か自分で判断する方法

また、塗料の種類や劣化症状の度合いによっても外壁塗装費用は変動します。

塗料の種類・劣化症状ごとの費用相場はそれぞれリフォームジャーナル内でも紹介していますので、こちらを参考に業者の見積もりが適切かどうかチェックしましょう。

【プロが教える】住まいの塗料の値段と選び方を徹底解説!

 

外壁塗装の劣化が全部わかる|症状例から補修方法、費用まで

4-4.その他、信頼できる業者かどうか見極めるためのポイント

これまで紹介したポイント以外にも、下記のポイントを満たしている業者かどうかチェックしてみるとより安心いただけます。下記の点で不安に思うものがあれば、見積もりをもらう際などに営業担当者に質問してみることをおすすめします。

●住まいの診断が丁寧に行なわれているか(屋根の上や屋根裏まで時間をかけてチェックしているか)

●見積もり書が詳細かつ分かりやすい内容になっているか(塗料名や缶数、施工仕様まで明記されているか)

●契約書の内容は公正か

●建設業許可を取っている業者かどうか

●定期点検などのアフターフォローが充実しているか

なお、塗装業者の選び方についてはこちらの記事でも詳しく解説されています。ぜひご参考にされてください。

【塗装業者の見極め方】8つのステップで信頼できる業者を選ぼう!

 

まとめ

本記事では、外壁塗装を行なうメリットやデメリット、外壁塗装の必要性などについて紹介してきました。

外壁塗装を行なうメリットとして、本記事では

●住まいの外観を一新させることができる

●外壁の劣化を遅らせることができる

●住まいを雨風や紫外線から守り、寿命を延ばすことができる

●遮熱・防水など様々な機能を外壁に付加できる

●住まいの資産価値を守ることができる

などの点を紹介してきました。

これらのメリットがあることからもわかるように、外壁塗装は住まいを長く守り続けるためには必要不可欠な工事です。

ただ、外壁塗装は決して安い買い物ではなく、信頼できる業者を選ばなければメリットを十分に享受することもできません。

本記事を読んで外壁塗装にどんなメリットがあるか十分に納得したら、次のステップとして、今回紹介した別の記事などを参考に業者選びを慎重に進めていくことをおすすめします。

 

お問い合わせ

タイプ
必須
場所
必須
ご要望
必須
ご要望詳細
お名前(フルネーム)
必須
ふりがな
郵便番号

入力いただくと下記に自動で住所が入ります。

ご住所
必須

お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。

番地
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
(営業電話は行いません)

※2018年は、全国で11,000棟以上のお見積りをご提出。
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

おすすめコンテンツ

ページトップ