コロニアルの屋根塗装をおこなう前に知っておきたい基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昔に比べて、屋根が色あせていたり、コケが生えて見栄えがよくなかったりしていないでしょうか?

建てたばかりの頃は綺麗だったマイホームの屋根も、日々の紫外線や雨によって、徐々に劣化が進行してしまいます。
せっかくのマイホームを、綺麗に蘇らせたいと思われている方も多いのではないでしょうか。

しかし、屋根の塗り替えを検討する時には、見た目よりも重要なことがあります。
それは屋根から雨漏りがしていないかを確認することです。場合によっては、塗装ではなく、屋根の葺き替えに発展してしまうケースも。

この記事では、「コロニアル」と呼ばれる屋根材の塗装についてご紹介します。ぜひ塗り替えを検討している際に参考にされてみてください。

1.コロニアル屋根とは!?

そもそも、「コロニアル屋根」とは何でしょうか。同じ見た目の屋根でも人によっては「スレート瓦」と言ったり、「コロニアル」と言ったり、さらには「カラーベスト」と言ったり・・・どれが何なのか違いがわからない方もいらっしゃると思います。

コロニアルとは、スレート瓦の一種でクボタ松下電工外装株式会社から販売されている屋根材の商品名です。スレート瓦の中でも最も普及したため、スレート瓦を代表する名称としてコロニアルが使われるようになりました。
コロニアルは日本瓦と比べ、軽量で安価なこと、また色彩が豊富で種類も多いことから、数ある屋根材の中でも一番普及しています。

◆コロニアルの特徴

特徴 内容成分の85%がセメント、15%が石綿(2004年まではアスベスト使用)で構成されている。
厚さが4.5mmと薄く、軽量である。
メリット ・安価である
・色や形状が豊富であり、現在の建築住宅に非常に多く使用されている。
デメリット ・寒さに弱く、寒冷地では使用不可
耐用年数 20~25年
塗り替え目安年数 5~10年

2.このサインがあればコロニアルの屋根塗装を検討しよう!

屋根は高い位置にあるため、なかなか変化に気づきにくい場所です。ですが、同じ時期に建てたご近所お家と見比べて、「あれ?」と思うことがあれば、屋根塗装を検討するようにしましょう。屋根塗装が手遅れにならないためにも、検討するサインをお伝えします。

2-1.苔やカビの発生

コロニアルは、主成分がセメントのため、塗装をすることによって防水性を持たせています。しかし経年劣化により塗膜が劣化し防水性が低下すると、雨水や湿気によって苔が発生します。

苔やカビが生えても 早急に塗装をする必要はありませんが、放置をすると屋根そのものの耐久性が悪化してしまいます。

image022

2-2.コロニアルの反り・ひび割れ

苔やカビが発生し、放置をしていると、コロニアルの防水性はさらに低下していきます。そうすると苔の発生では収まらず、瓦の「反り」や「割れ」が発生します。では、なぜ防水性が低下すると、「反り」「割れ」が発生するのでしょうか。例えば、雨や雪が降ったあとに、コロニアルが水を含んだまま凍ったり、夕立後の晴れ間に強い日差しで急激に乾燥したりすると、湿気と乾燥を繰り返し、その結果として瓦の反りにつながります。

コロニアルの反りをそのまま放置をしてしまうと、コロニアルの端がまつ毛のように反り上がってしまいます。そうすると台風などの横殴りの雨が降った際に、反り上がった小口から内部に雨水が浸入し雨漏りの原因となります。コロニアルが反っている、またはひび割れしている部分を見つけたら、塗替えを検討するようにしましょう。

image024

2-3.瓦の滑落

コロニアルのひび割れを放置したままにすると、最終的にはひび割れしていた部分が滑落してしまいます。

コロニアルが滑落すると、滑落した部分の大きさによっては、瓦の下の防水材や防水材を止めている釘が丸見えになってしまいます。この状態のままで何も処置をせず放置をしてしまいますと、雨が降った際に雨水が釘穴をつたって、野地板に雨水が浸入してしまいます。そして最終的に雨漏りの原因となってしまうのです。野地板が腐ってしまうと、屋根の葺き替えをおこなわなければなりませんので、早急な対処が必要となります。

image012

2-4.棟板金の浮き、釘抜け

コロニアルや金属屋根の場合には、屋根のてっぺんに棟板金と呼ばれるものがあります。釘抜けとは、この棟板金が気温の影響によって膨張や収縮を繰り返すことで、棟板金を止めている釘を一緒に押し出し、最終的に止めている釘が抜け落ちてしまうことです。これを放置しておくと、棟押さえが外れてしまい、いつの間にか下地材がむき出しになっていた・・・というケースもありますので、棟板金が浮いていたり、釘が抜けていたりする場合には、早急にメンテナンスをするようにしましょう。

image014

 

このように、コロニアルの屋根塗装を検討するには、いくつかのサインがあります。

しかし、なかなか変化に気づきにくい屋根の上。まずは、ご近所の家の屋根に比べ「色あせ」が気になった時には、コロニアルの防水性が切れている可能性がありますので、専門業者に建物の診断をおこなってもらい、状況を見てもらうとよいでしょう。

3.コロニアル屋根の塗装工程

コロニアルの屋根を塗装する場合には、以下の手順でおこないます。

◆コロニアル屋根の塗装工程

順番 工程 工事内容
1 高圧洗浄 高圧の水で、苔やカビ・旧塗膜などを剥がし綺麗に洗い流します。
高圧洗浄
画像出典:プロタイムズ久留米店
2 ケレン 棟板金のサビや汚れを落とすために、サンドペーパー等を使用して、汚れを落とします。
3 下地処理 ひび割れた部分など、不具合が出ているところを全て補修します。
(写真は欠損していた部分と新しい瓦を交換したもの)
スレート交換
画像出典:プロタイムズ大分中央店
4 下塗り 棟板金部分には錆止めの塗料を塗布し、コロニアル部分には、コロニアルに適した下塗り剤を塗布します。
屋根下塗り
画像出典:プロタイムズ大分中央店
5 中塗り・上塗り 下塗り剤が乾いてから、中塗り・上塗りの工程をおこないます。
6 縁切り 上塗りが乾いてから、皮すきを用いて、コロニアルの小口を塞いでいる塗料を切り離します。
(※縁切りの工程を省くために、下塗り後に「タスペーサー」を差し込む場合もあります)
タスペーサー②
画像出典:プロタイムズ久留米店

3-1.高圧洗浄~下地処理

屋根に限らず外壁塗装でも、高圧洗浄から下地処理までの手順に一番力を入れる職人さんも少なくありません。塗装の不具合が出るかでないかは、苔や旧塗膜の汚れをきちんと落としきれているか、下地処理が適正におこなわれているかによって決まると言っても過言ではないからです。

ホコリや苔・旧塗膜は、塗装の妨げになるので、高圧洗浄で入念に洗い流し、高圧洗浄後には、しっかりと屋根を乾燥させ、その後の工程の下地処理や塗装に支障が無い状態にします。

高圧洗浄②

画像出典:プロタイムズ大分中央店

その後、棟板金はサンドペーパーなどを使用し、綺麗にケレン(サビや旧塗膜を削り落とす)作業をおこないます。ケレン作業は、サンドペーパーなどで削ることで塗装面に付着している汚れを綺麗に落とし、また、表面に細かい傷を付けることで塗料の密着性を高める目的でおこなわれています。

そして、コロニアルのひび割れ部分を補修し、不具合が出ているところは全て補修をおこないます。
また棟板金の釘も新しいものに打ち替えます。ここでスクリュー式の釘を使用すると、抜けにくくなります。

スレート補修

釘打ち替え

画像出典:プロタイムズ久留米店

3-2.下塗り

コロニアルの下塗りは、カチオン系シーラーやエポキシ系シーラーなどを1~2回塗装します。
下地の状態によっては、下塗り剤の吸い込みがとまるまでおこなう必要がありますので、最高4回程度塗る場合もあります。

シーラーには、
・塗料の吸い込みを抑え、吸い込みを均一化して塗装のムラを防止する
・塗装面と仕上げ塗料の密着性を高める
などの役割があります。

ケレン・錆止め錆止め剤塗布

屋根下塗り②
下塗り完了
画像出典:プロタイムズ大分中央店

3-3.中塗り・上塗り

下塗り剤が完全に乾いたら、次は中塗り・上塗りの作業です。
ウレタンやシリコン・フッ素・無機などの、コロニアル屋根に適した上塗り塗料を、2~3回ローラーや刷毛を用いて、丁寧に塗布します。

下塗り・中塗り・上塗りの工程では「インターバル」を守る必要があります。
インターバルとは、「塗り重ね乾燥時間」のことで、このインターバルの時間が適切でないと、塗膜剥離などの不具合が発生し、塗膜性能が発揮できなくなる場合があります。
塗料によってインターバルの時間は違いますし、季節・気温によっても塗料の乾きが変わってきますので一概には言えませんが、1日で下塗り~上塗りまで終わらせてしまう業者には注意をしましょう。

屋根上塗り

屋根上塗り②

画像出典:プロタイムズ大分中央店

3-4.縁切り

上塗り剤が完全に乾いてから、コロニアルの小口をふさいでいる塗膜を、カッターナイフやスクレーパーで切る「縁切り」の作業をおこないます。縁切りは、「毛細管現象」による漏水を防ぐために、必要な作業となります。縁切りをおこなわないと、屋根材との隙間に湿気が溜まってしまい、屋根材が腐食するスピードが速くなってしまいます。

しかし縁切り作業は、せっかく綺麗に仕上げた上塗り塗装の後に、足あとをつけて汚してしまうので、職人さんによってはあまり好まれていません。

そのため最近では、縁切り作業をおこなう必要がないように、下塗り作業の後に「タスペーサー」を挿入する業者も増えました。
コロニアル塗装をおこなう場合には、タスペーサーを挿入するのか、しないのであれば縁切り作業をおこなうのか、必ず確認するようにしましょう。

タスペーサー

画像出典:プロタイムズ大分中央店

縁切りについては「屋根塗装で「縁切り」が絶対に必要な理由」で詳しく紹介していますので、そちらも参考にされてみてください。

4.コロニアルの屋根塗装をする際の2つの注意点

コロニアルの屋根塗装をおこなう際には、以下の点に気をつけるようにしましょう。

4-1.縁切りがきちんとおこなわれているか確認!

「3.コロニアル屋根の塗装工程」の縁切りでもお伝えしましたように、縁切りの作業は非常に重要なポイントとなります。縁切りがおこなわれていない場合には、雨水が逆流し、雨漏りにつながるなどの不良施工となります。そのため塗装をする際は、上塗り後に縁切りをおこなうのか、もしくは、タスペーサーを挿入するのか必ず確認をするようにしましょう。

縁切り02

 

タスペーサータスペーサー

4-2. DIYで屋根塗装は危険!必ず足場設置を!

塗装費用を安く抑えるために、DIYでの塗り替えを検討される方も多いと思います。
しかし、屋根の上の塗装は多くの危険が伴います。

DIYで塗装をする際には、足場の設置が必要です。しかし5mを超える足場を設置するには、資格が必要となりますので必ず専門業者に依頼をするようにしましょう。

屋根塗装のDIYについては「屋根塗装のDIYで注意するべき6つのこと」で詳しく紹介していますので、こちらの記事も参考にされてみてください。

5.コロニアル屋根の塗装費用相場は25~40万円!

屋根塗装にかかる費用の相場は、25~40万円と言われています。これは一般的な二階建て住宅(屋根塗面積50~80㎡)の場合です。しかしこの金額もあくまで目安であり、塗料のグレードによって異なってきます。

屋根は外壁より紫外線を浴びやすい場所となりますので、外壁の塗料よりも耐久性のある塗料を選定することが望ましいです。また、各お家の屋根状況によって選ぶ塗料も異なりますし、遮熱性能を持った塗料にしたいなどのご要望に合わせた塗料を選ぶこともできますので、詳しい金額は専門業者に見積もりを依頼するようにしましょう。

屋根塗装にかかる費用については「屋根塗装の費用相場と見積書のチェック方法」にて紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。多く普及しているコロニアル屋根ですので、ご自宅の屋根がコロニアルという方も多いのではないでしょうか。
コロニアルの場合には必ず必要な工程の「縁切り」。業者によってはおこなわない場合もありますので、事前に必ず確認をするようにしましょう。
確認をすることで後々の不良施工を未然に防ぐことができます。

ぜひ、塗装をおこなう前にこの記事を参考にして、満足のいく塗装をおこなっていただけたらと思います。

また、以下の記事にて屋根塗装の時期や、屋根用途料について詳しくご紹介しておりますので、こちらもぜひご覧下さい。
スレート屋根を塗装すべき2つの理由と補修目安
屋根塗装の時期っていつ?屋根塗装を考える劣化のサイン
屋根塗装は耐用年数×コストで考える!~一番賢い屋根塗装~
プロが教える!屋根用塗料の効果と特徴の全て

お問い合わせ

ただいま関西地区は台風の影響により、ご希望の日程に対応出来かねる場合がございます。ご迷惑、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

タイプ※
場所※ 外壁屋根その他
ご要望※ 診断塗装補修リフォームその他
ご要望詳細
お名前(フルネーム)※
お電話番号※ 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所※ お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。
番地※
メールアドレス※
ご希望の返答方法 電話メール

※2018年09月の診断・見積り提出数1,200棟以上
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ