屋根塗装の費用を抑えるポイント【1円でも安く!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
1円でも安く

屋根塗装工事は決して安い買い物ではありません。消費税率も上がり、高い買い物になればなるほど、家計への負担は増すばかり。1円でも抑えられるものなら抑えたいですよね

しかし、業者が提示してくる激安という甘いワナに惑わされて泣きをみる消費者もあとを絶ちません。そうならないためにも、リスクを回避しつつ、1円でも安く費用を抑えるポイントを解説します。

1.屋根塗装の費用相場

まずはじめに、そもそも屋根塗装にはいくらくらい費用がかかるのか、相場について見ていきましょう。
屋根塗装にかかる費用の相場は、一般的な2階建住宅の場合(塗り面積50~80㎡)で、25万円~40万円と言われています。ただし、これはあくまでも目安で、屋根材や劣化状況、選ぶ塗料の種類などによって異なります。

1-1. 屋根塗装にかかる費用目安

塗料代の相場

塗料は種類によって価格帯が異なります。注意しておきたいのは、耐用年数が高い塗料は塗り替え回数が少なくて済むということ。
安さだけを注視して塗料を選ぶと、長いスパンで考えたときに、結果として割高になってしまう可能性も考慮しておくといいでしょう。

塗料 耐久年数 費用 ※1缶あたり
アクリル 約3年未満 5,000~10,000円
ウレタン 約3~5年 5,000~15,000円
シリコン 約5~7年 15,000~40,000円
フッ素 約7~10年 40,000~80,000円
無機 約10~15年 50,000~120,000円
光触媒 約10~15年 50,000~100,000円

※一般的な2階建て住宅の場合、屋根塗装で使用する缶数は2缶程度です。
※あくまで目安です。塗料メーカーや製品によって価格は異なります。

1-2.詳細項目の費用目安

人件費

ここで言う人件費とは、塗装職人にかかる経費を指します。人件費は費用全体の30~40%前後が目安と言われています。
そのため、例えば人件費が全体の半分以上を占めているなど極端に高い場合には、疑いの目をもった方が良いかもしれません。また、安すぎる場合も、経験の浅い職人やアルバイトなどを登用して人件費を下げている可能性があるので注意が必要です。

工事単価の相場

工事項目 相場価格
足場 600~800円/㎡
飛散防止ネット 100~200円/㎡
高圧洗浄 100~300円/㎡
養生 250~400円/㎡
 付帯塗装工事 軒天  800~1,200円/㎡
雨樋  800~1,200円/m
破風板  650~1200円/㎡
縁切り  500円/㎡
諸経費 現場管理費 1式 30,000~50,000円
廃材処理費等 1式 10,000~30,000円

2.屋根塗装の費用を抑えるポイント

屋根塗装の価格帯を把握できたところで、いよいよ費用を抑えるポイントについてお話しします。

2-1. 相見積りをとる

費用を抑える方法の筆頭は、相見積りをとることです。
複数の業者に見積りを出してもらいましょう。

ただ、何社にも診断に来てもらって見積りを出してもらって…となると、見積りをもらう側の時間的・心的負担が大きくなります。
そこで活用したいのが、見積比較サイトです。

見積比較サイトとは

インターネット上で、指定する地域の複数業者に一括で見積りを依頼することができるサービスサイト。塗装検討初期の概算比較段階であれば、一度に複数社の金額を比較できるので便利。
ただし、あくまで概算金額なので実際の工事金額とは異なる場合もあるので注意も必要。

 

ここでは、よく利用されている見積比較サイトをご紹介します。

○ 外壁塗装の窓口 ※サイト名をクリックすると別ウィンドウで開きます

「カンタン10秒相場チェック」など、入力が簡単で匿名申込みも可能。サポートダイヤルや利用者の声も公開されている。

 

○ 外壁.com ※サイト名をクリックすると別ウィンドウで開きます

最短1分の見積り以外に、チャットでの相談もできるのが特徴。

 

外壁塗装ナビ ※サイト名をクリックすると別ウィンドウで開きます

一括見積りサービス以外にも、サイト上で塗装に関する知識や塗料の紹介などの情報発信ページが豊富。

 

2-2.屋根と外壁を同時に塗装するとお得

屋根塗装は、外壁塗装と同じタイミングで工事をするとお得です。
いちばんの理由は「足場代」。工事の際には家の周囲に足場を建てますが、これにはきちんと「足場代」という費用がかかります。
外壁塗装をする際の足場代が、平均的な大きさの家の場合で約15万円前後。外壁塗装で足場を建てたときに、屋根もいっしょに塗装してしまうと足場代がそのまま節約になるのです。

ただ、この場合「外壁塗装をするときに、屋根はまだ塗装しなくても大丈夫そうだったら?」と思いますよね。
屋根も外壁も、新築から約10年前後で最初の塗り替え時期を迎えることが多いので、外壁塗装を検討するときは業者に屋根も診てもらい、同時に屋根塗装もしたほうがいいか検討することをおすすめします。

3.気をつけて!費用重視の落とし穴!

「安かろう悪かろう」という言葉があるように、安いものには安いなりの理由があります。
塗装工事の場合、安さの理由が企業努力の結果であればいいのですが、もしかすると工事品質を下げている可能性もあるので、単純に安さだけを重視すると落とし穴にはまる危険があります。

3-1.激安業者は○○費を削っているかも

原価(塗料代やその他施工費) + 人件費 + 会社の利益

 

これは、塗装工事にかかる費用の構成です。
ほとんどの塗装工事は、この構成で費用が計算されています。見積金額を安くしている業者は、この中の何かの費用を削っていることになります。

【パターンA】材料費(塗料代)を削っている

塗装の費用構成のうち、多く占めるのが材料費(塗料代)です。この塗料代を削るために、本来必要である缶数より少なく見積もるケースがあります。
この場合、施工現場で塗料を薄めたり、薄く塗ったりして施主の目をごまかし、あとから不良施工が発覚→トラブルになることが多くあります。

 

【パターンB】人件費を削っている

人件費というのは、具体的には塗装職人の人件費を指します。人件費は費用全体の30~40%前後が目安と言われていますが、安すぎる場合、経験の浅い職人やアルバイトなどを登用して人件費を下げている可能性があるので注意が必要です。

 

【パターンC】足場代を削っている

足場代には、足場の材料を運ぶ運搬費と、足場を組む施工費が含まれています。足場を組むには、足場の組立て等作業主任者(国家資格)を配置する必要があるため、専門の業者に依頼する施工業者も少なくありません。それだけの工程・人件費がかかるはずの作業費を削るということは、簡易的な足場で済ませるなど、施工現場での事故発生の危険をはらむ上に、十分な足場を確保できないことで施工不良になる可能性もあります。
「足場代を無料にします」と言われたら、なぜ無料にできるのか、必ず根拠を確認しましょう。

 

会社の利益を削ったり、塗料メーカーとの交渉で塗料の仕入れ金額を抑えるなど、努力を以て原価を抑えている施工業者もいますが、安さの理由の向こうの落とし穴には気をつけましょう。

3-2.最低限のトラブル回避術

見積書の金額だけで業者を選ぶと、こんなトラブルが起こる可能性があります。

secret_illsut

最低限のトラブルを回避するために、次のことには必ず気をつけてください。

見積書に工事項目の明細が書かれている

先ほども述べたとおり、見積金額が激安な場合、塗装費用の構成のうち、何かを削っているはずです。それが、工事品質を左右するものかどうか見極めるためにも、見積書には工事項目ごとの明細を記載してもらいましょう。「屋根塗装工事一式」などと書いている見積書は論外です。

実際の施工物件を見に行ってみる

その業者が施工している現場や、これまでに手がけた施工物件を見てみることで、現場での施工の様子や時間が経ってからの塗装を確認でき、その業者の工事品質がわかるはずです。
行ける範囲に実際の現場や物件があれば、ぜひ見学させてもらいましょう。

保証やアフターフォローの体制があるか確認する

あってはならないことですが、万が一工事後に施工不良が発覚した場合に備えて、保証やアフターフォローの体制があるか確認しましょう。激安金額でいい加減な工事をし、その後連絡が取れなくなったり、取れたとしても一切補修や再施工に応じてくれない悪質な業者もいるので、必ず確認しましょう。

まとめ

費用を1円でも安く抑えたい、それは消費者であれば誰しも同じことです。安さを追求するのは決して悪いことではありませんが、それなりのリスクがあることも理解しなくてはなりません。
住宅はあなたが一生をかけて手にした宝物です。決して後悔することのないように、リスクを上手に回避しながら、ぜひお得な塗装工事をしてください。

お問い合わせ

ただいま関西地区は台風の影響により、ご希望の日程に対応出来かねる場合がございます。ご迷惑、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

タイプ※
場所※ 外壁屋根その他
ご要望※ 診断塗装補修リフォームその他
ご要望詳細
お名前(フルネーム)※
お電話番号※ 希望の返答方法が電話の場合のみお電話いたします。
郵便番号 入力いただくと下記に自動で住所が入ります。
ご住所※ お近くの加盟店をご紹介するために使用させていただきます。
番地※
メールアドレス※
ご希望の返答方法 電話メール

※2018年09月の診断・見積り提出数1,200棟以上
※一部対応できない地域がございます。また、ご相談内容によっては診断・お見積りをお受け出来かねる場合もございます。

全員無料プレゼント
E-BOOK「住宅塗装 初心者ガイド」

一大イベントともいえる、お家の塗り替え。
失敗したくないからこそ、誰もが数多くの不安を抱えてしまうものです。

  • 塗装を検討しているけど、どの業者に頼んだらいいかわからない

  • 初めての経験で塗装業者に見積りを頼むのが不安

  • どのタイミングで塗装をすればいいのかわからない

  • 思いのほかお金がかかりすぎてしまわないか心配

  • まずどこから手をつけたらいいかわからない

  • 正しい見積もり金額がわからない


そんなあなたのために、今すぐ使える「住宅塗装 初心者ガイド」を用意しました。
焦らずひとつひとつ進めていけば大丈夫。
本書を読み終えた頃には、不安はきっと解消されているはずです。

無料PDFダウンロードページへ

「おうちの健康診断」無料実施中!

プロタイムズジャパンは、40,000件以上の診断実績。外装劣化診断士という診断のプロが住まいの状況を的確に診断いたします。

おうちの健康診断のメリット

  • 診断報告書を作成してお渡しするので必要な補修がわかる

  • 診断時にビデオで撮影するので劣化箇所が映像でわかる

  • 外装劣化診断士という診断のプロが調査する


ほぼ全国で対応が可能です(※一部、対応できない地域あり)
診断に一切費用はかかりませんのでご安心ください。

もっと詳しくみる

おすすめコンテンツ

Twitter・RSSでも購読できます

ページトップ